季語・歳時記

【秋の季語】秋気

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋気

【解説】

9月も半ばを過ぎると、残暑も息を潜め、いよいよ秋らしくなってきます。

このころの、ひんやりとした澄んだ秋の空気が「秋気」。

唐の詩人柳宗元の詩「 秋気南澗二集ヒ、独リ遊ブ亭午ノ 時」よるとか。

「秋澄む」という季語と重なりあって、下五で「秋気澄む」と使われることも。


【秋気(上五)】
秋気やがて妖気とならむ夜の闇 林翔
秋気澄む町は昔の名を残し 川崎展宏
秋気澄む伊能忠敬的散歩 佐々木六戈

【秋気(中七)】
地鎮祭秋気秋爽あらたまる 河野南畦
振向かれしことを秋気の背に感じぬ 中村草田男
木下かげ秋気の更に改まる 高浜年尾
黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥

【秋気(下五)】
十一面一仏ごとの秋気かな 文挾夫佐恵
水郷に漕ぐ波に近き秋気かな 志田素琴
熊笹に午後の日のある秋気かな 辻桃子
青鹿毛のいま走りだす秋気かな 正木ゆう子
源流の一滴を掌に秋気澄む 沢田弥生
産土神を村の高みに秋気澄む 川勝ミヨ


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】熊穴に入る
  2. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  3. 【新年の季語】二日
  4. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  5. 【秋の季語】九月
  6. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  7. 【冬の季語】凍蝶
  8. 【春の季語】余寒

おすすめ記事

  1. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)】
  2. 【春の季語】春惜む(春惜しむ)
  3. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  4. 永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希【季語=冬銀河(冬)】
  5. 【春の季語】葱の花
  6. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  7. 【夏の季語】梅雨の月
  8. 鶯や米原の町濡れやすく 加藤喜代子【季語=鶯(春)】
  9. 両の眼の玉は飴玉盛夏過ぐ 三橋敏雄【季語=盛夏(夏)】
  10. 【春の季語】屋根替

Pickup記事

  1. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  2. 【冬の季語】春待つ
  3. 肩につく影こそばゆし浜日傘 仙田洋子【季語=浜日傘(夏)】
  4. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  5. 【新年の季語】七種(七草)
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第127回】鳥居真里子
  7. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  8. べつたら市糀のつきし釣貰ふ 小林勇二【季語=べつたら市(秋)】
  9. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  10. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
PAGE TOP