季語・歳時記

【秋の季語】秋気

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋気

【解説】

9月も半ばを過ぎると、残暑も息を潜め、いよいよ秋らしくなってきます。

このころの、ひんやりとした澄んだ秋の空気が「秋気」。

唐の詩人柳宗元の詩「 秋気南澗二集ヒ、独リ遊ブ亭午ノ 時」よるとか。

「秋澄む」という季語と重なりあって、下五で「秋気澄む」と使われることも。


【秋気(上五)】
秋気やがて妖気とならむ夜の闇 林翔
秋気澄む町は昔の名を残し 川崎展宏
秋気澄む伊能忠敬的散歩 佐々木六戈

【秋気(中七)】
地鎮祭秋気秋爽あらたまる 河野南畦
振向かれしことを秋気の背に感じぬ 中村草田男
木下かげ秋気の更に改まる 高浜年尾
黒岩さんと呼べば秋気のひとしきり 歌代美遥

【秋気(下五)】
十一面一仏ごとの秋気かな 文挾夫佐恵
水郷に漕ぐ波に近き秋気かな 志田素琴
熊笹に午後の日のある秋気かな 辻桃子
青鹿毛のいま走りだす秋気かな 正木ゆう子
源流の一滴を掌に秋気澄む 沢田弥生
産土神を村の高みに秋気澄む 川勝ミヨ


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬麗
  2. 【冬の季語】ラグビー
  3. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  4. 【春の季語】朧
  5. 【春の季語】春の野
  6. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  7. 【秋の季語】草の花
  8. 【秋の季語】虫籠/むしご

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】鮟鱇
  2. ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城【季語=金魚(夏)】
  3. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【5月31日締切】
  4. 【秋の季語】秋桜
  5. 本の山くづれて遠き海に鮫 小澤實【季語=鮫(冬)】
  6. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  8. 「体育+俳句」【第2回】西山ゆりこ+ダンス
  9. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  10. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】

Pickup記事

  1. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】
  2. 真っ白な息して君は今日も耳栓が抜けないと言う 福田若之【季語=真っ白な息(冬)】
  3. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  4. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】
  5. 【冬の季語】人参
  6. ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
  7. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  8. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  9. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  10. 湯の中にパスタのひらく花曇 森賀まり【季語=花曇(春)】
PAGE TOP