季語・歳時記

【春の季語】海市

【春の季語=晩春(4月)】海市

「かいし」と読む。いわゆる「蜃気楼」のこと。科学的にいえば、光の屈折により、遠くの景色が伸びたり反転したりして、実際とは違う景色に見える現象であるが、文学的には想像力をかきたてる、ぼんやりとした春らしい季語である。富山湾は名所として有名で、〈ふるさとにかいしたちしとたびごころ〉という句がある沢木欣一は、富山市生まれの俳人。


【海市(上五)】
海市より便り一片ひるかもめ 橋本榮冶
海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美
海市まで手持ちの時間つかひきる 大河原倫子
海市まで雲を連れゆく汽笛かな  矢野玲奈

【海市(中七)】
ふるさとにかいしたちしとたびごころ 沢木欣一
遺棄されし海市に骨の笛が鳴る 角川春樹
故郷すでに海市の中や母老いし 柴田佐知子

【海市(下五)】
李承晩ラインのあたり海市立つ 茨木和生


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】立冬
  2. 【冬の季語】冬薔薇
  3. 【秋の季語】立秋
  4. 【春の季語】春寒し
  5. 【春の季語】朝桜
  6. 【春の季語】彼岸
  7. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  8. 【秋の季語】鴨渡る

おすすめ記事

  1. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  2. 【第22回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  4. また一人看取の汗を拭いて来し 三島広志【季語=汗(夏)】
  5. 【新年の季語】成人の日
  6. 【春の季語】初蝶
  7. 境内のぬかるみ神の発ちしあと 八染藍子【季語=神の旅(冬)】
  8. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
  9. 迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー 中嶋憲武
  10. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第3回】

Pickup記事

  1. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  2. 月かげにみな美しき庭のもの 稲畑汀子【季語=月影(秋)】
  3. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  4. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第51回】大野田井蛙
  6. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  7. かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】
  8. 【書評】渡辺花穂 第一句集『夏衣』(北辰社、2020年)
  9. かくも濃き桜吹雪に覚えなし 飯島晴子【季語=桜吹雪(春)】
  10. 妹の手をとり水の香の方へ 小山玄紀
PAGE TOP