冬の季語

【冬の季語】日記買う

【冬の季語=仲冬(12月)】日記買う

【ミニ解説】

来年の日記を買うこと。

まだ予定の書き込まれていない、まっしろな日記は、うきうきするもの。

歴史的仮名遣いだと「日記買ふ」となる。

1900年ごろ、日記ブームのきっかけをつくった博文館の日記には、各頁に和歌や俳句が刷り込まれています。

実朝の歌ちらと見ゆ日記買ふ 山口青邨

「実朝の歌」に惹かれて買った日記を、年が明けて使い始めるという具体性が目を引く句。それを「初日記」といって、新年の季語としています。

一方で、

かたくなに日記を買はぬ女なり 竹下しづの女

こういう人もきっといる。というか、日記買わない俳句は、けっこうある。

なお、年明けて最初に日記を書くことには「初日記」という新年の季語がある。


【日記買う(上五)】
日記買ふ耳美しき老婦人 飯田龍太
日記買ひ車内明るき側に立つ 岡本眸
日記買ひその後赤き花を買ふ 山田弘子
日記買ふ運河に海の星うまれ 鷹羽狩行
日記買ふ星の貧しき街なれば 櫂未知子
日記買い自由の女神ぽく抱く 神野紗希
日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖

【日記買う(中七)】
かたくなに日記を買はぬ女なり 竹下しづの女
ふと羨し日記買ひ去る少年よ 松本たかし
買はずとも日記贈られ励まさる 阿波野青畝
父として日記は買はず絵本買ふ 森田峠
鍵のある日記長女に買ふべきか 上野泰
立読みの女が日記買ひにけり 長谷川和子

【日記買う(下五)】
実朝の歌ちらと見ゆ日記買ふ 山口青邨
百歳の月日記さん日記買ふ 山口青邨
先生の獄の句を見し日記買ふ 上田五千石
書けばきつと遺書めく日記買はずをり 能村登四郎
母にのこる月日とならむ日記買ふ 古賀まり子
すでにして己れあざむく日記買ふ 岡本眸
口紅の赤と十年日記買う 森田智子
オムライス的な義妹が日記買ふ 土井探花


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬帽子
  2. 【冬の季語】毛糸
  3. 【夏の季語】涼しさ
  4. 【冬の季語】蓮根
  5. 【冬の季語】寒椿
  6. 【夏の季語】海の日
  7. 【新年の季語】繭玉
  8. 【冬の季語】時雨

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】夏至
  2. 【春の季語】雛飾る
  3. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  4. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第2回】
  5. 牛日や駅弁を買いディスク買い 木村美智子【季語=牛日(新年)】
  6. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第12回】
  7. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  8. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
  9. 晴れ曇りおほよそ曇りつつじ燃ゆ 篠田悌二郎【季語=躑躅(春)】
  10. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  2. オルゴールめく牧舎にも聖夜の灯 鷹羽狩行【季語=聖夜(冬)】
  3. 【冬の季語】ラグビー
  4. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  5. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  6. 引越の最後に子猫仕舞ひけり 未来羽【季語=子猫(春)】
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第2回】石田波郷と写真と俳句
  8. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第5回】
  9. 逢はぬ間に逢へなくなりぬ桐の花 中西夕紀【季語=桐の花(夏)】
  10. 【冬の季語】十一月
PAGE TOP