冬の季語

【冬の季語】日記買う

【冬の季語=仲冬(12月)】日記買う

【ミニ解説】

来年の日記を買うこと。

まだ予定の書き込まれていない、まっしろな日記は、うきうきするもの。

歴史的仮名遣いだと「日記買ふ」となる。

1900年ごろ、日記ブームのきっかけをつくった博文館の日記には、各頁に和歌や俳句が刷り込まれています。

実朝の歌ちらと見ゆ日記買ふ 山口青邨

「実朝の歌」に惹かれて買った日記を、年が明けて使い始めるという具体性が目を引く句。それを「初日記」といって、新年の季語としています。

一方で、

かたくなに日記を買はぬ女なり 竹下しづの女

こういう人もきっといる。というか、日記買わない俳句は、けっこうある。

なお、年明けて最初に日記を書くことには「初日記」という新年の季語がある。


【日記買う(上五)】
日記買ふ耳美しき老婦人 飯田龍太
日記買ひ車内明るき側に立つ 岡本眸
日記買ひその後赤き花を買ふ 山田弘子
日記買ふ運河に海の星うまれ 鷹羽狩行
日記買ふ星の貧しき街なれば 櫂未知子
日記買い自由の女神ぽく抱く 神野紗希
日記買ふよく働いて肥満して 西川火尖

【日記買う(中七)】
かたくなに日記を買はぬ女なり 竹下しづの女
ふと羨し日記買ひ去る少年よ 松本たかし
買はずとも日記贈られ励まさる 阿波野青畝
父として日記は買はず絵本買ふ 森田峠
鍵のある日記長女に買ふべきか 上野泰
立読みの女が日記買ひにけり 長谷川和子

【日記買う(下五)】
実朝の歌ちらと見ゆ日記買ふ 山口青邨
百歳の月日記さん日記買ふ 山口青邨
先生の獄の句を見し日記買ふ 上田五千石
書けばきつと遺書めく日記買はずをり 能村登四郎
母にのこる月日とならむ日記買ふ 古賀まり子
すでにして己れあざむく日記買ふ 岡本眸
口紅の赤と十年日記買う 森田智子
オムライス的な義妹が日記買ふ 土井探花


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】雪掻
  2. 【冬の季語】鬼やらい
  3. 【冬の季語】雪達磨
  4. 【新年の季語】三が日
  5. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫
  6. 【冬の季語】日向ぼっこ
  7. 【冬の季語】忘年会
  8. 【春の季語】囀

おすすめ記事

  1. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第8回】
  2. 【冬の季語】漱石忌
  3. 横ざまに高き空より菊の虻 歌原蒼苔【季語=菊(秋)】
  4. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  5. 犬の仔のすぐにおとなや草の花 広渡敬雄【季語=草の花(秋)】
  6. 【秋の季語】吾亦紅
  7. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  8. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  9. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  10. 冷房とまる高階純愛の男女残し 金子兜太【季語=冷房(夏)】

Pickup記事

  1. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  2. 受賞者の一人マスクを外さざる 鶴岡加苗【季語=マスク(冬)】
  3. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  4. 【祝1周年】ハイクノミカタ season1 【2020.10-2021.9】
  5. 【夏の季語】夏服/白服 麻服 サマードレス サンドレス 簡単服 あつぱつぱ 半ズボン ショートパンツ
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年6月分】
  7. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年11月分】
  9. 【夏の季語】泰山木の花
  10. 【春の季語】涅槃図
PAGE TOP