冬の季語

【冬の季語】霜柱

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】霜柱

地中の水分が毛細管現象(毛管現象)によって地表にしみ出して柱状に凍結したもの。

霜柱ができるためには、地中の温度が0度以上、地上の温度が0度以下である必要がある。

「霜くずれ」ともいう。


【霜柱(上五)】
霜柱倒れつつあり幽かなり 松本たかし
霜柱ぐわらぐわらくづし獣追ふ 前田普羅
霜ばしらしらさぎ空に群るるなり 久保田万太郎
霜柱俳句は切字響きけり 石田波郷
霜柱慥かドナウの川岸に 京極杞陽
霜柱悍馬一息に死にゆけり 高山通子
霜柱そだちし石のほとりかな 川端茅舎
霜柱どの一本も目覚めをり 加藤楸邨
霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子
霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年
霜柱こぞれり秩父一揆の地 伊藤伊那男

【霜柱(中七)】
きまじめに霜柱踏む廻り道 磯部薫子

【霜柱(下五)】
歌や詩のよき材木ぞ霜ばしら 貞室
亡き友は男ばかりや霜柱 秋元不死男
ゆくゆくは凭れてみたし霜柱 柿本多映
石ひとつすとんと沈め霜柱 石田勝彦
一柱の真直ぐに添うて霜柱 宇多喜代子
御神籤にゆるゆる行けと霜柱 飯野節子
茜さす百万本の霜柱 櫛原希伊子
骨なのに逢ひに行くなり霜柱 阿部千代子
ガリレオの地球は青し霜柱 松尾隆信
父親を跨いでゆけば霜柱 中西亮太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬うらら
  2. 【春の季語】薄氷
  3. 【冬の季語】兎
  4. 【春の季語】二月尽
  5. 【冬の季語】冬の滝
  6. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  7. 【夏の季語】たかんな
  8. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  2. 秋鰺の青流すほど水をかけ 長谷川秋子【季語=秋鰺 (秋)】
  3. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  4. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  6. 【冬の季語】冬銀河
  7. 宝くじ熊が二階に来る確率 岡野泰輔【季語=熊(冬)】
  8. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  9. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  10. 【冬の季語】冬の日

Pickup記事

  1. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】
  2. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  3. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  4. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  5. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史
  6. 【新年の季語】七日
  7. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  8. 見てゐたる春のともしびゆらぎけり 池内たけし【季語=春灯(春)】
  9. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  10. 【春の季語】浜下り
PAGE TOP