冬の季語

【冬の季語】霜柱

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】霜柱

地中の水分が毛細管現象(毛管現象)によって地表にしみ出して柱状に凍結したもの。

霜柱ができるためには、地中の温度が0度以上、地上の温度が0度以下である必要がある。

「霜くずれ」ともいう。


【霜柱(上五)】
霜柱倒れつつあり幽かなり 松本たかし
霜柱ぐわらぐわらくづし獣追ふ 前田普羅
霜ばしらしらさぎ空に群るるなり 久保田万太郎
霜柱俳句は切字響きけり 石田波郷
霜柱慥かドナウの川岸に 京極杞陽
霜柱悍馬一息に死にゆけり 高山通子
霜柱そだちし石のほとりかな 川端茅舎
霜柱どの一本も目覚めをり 加藤楸邨
霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子
霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年
霜柱こぞれり秩父一揆の地 伊藤伊那男

【霜柱(中七)】
きまじめに霜柱踏む廻り道 磯部薫子

【霜柱(下五)】
歌や詩のよき材木ぞ霜ばしら 貞室
亡き友は男ばかりや霜柱 秋元不死男
ゆくゆくは凭れてみたし霜柱 柿本多映
石ひとつすとんと沈め霜柱 石田勝彦
一柱の真直ぐに添うて霜柱 宇多喜代子
御神籤にゆるゆる行けと霜柱 飯野節子
茜さす百万本の霜柱 櫛原希伊子
骨なのに逢ひに行くなり霜柱 阿部千代子
ガリレオの地球は青し霜柱 松尾隆信
父親を跨いでゆけば霜柱 中西亮太


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  2. 【春の季語】春の塵
  3. 【冬の季語】炬燵
  4. 【秋の季語】秋蝶
  5. 【冬の季語】小六月
  6. 【夏の季語】【秋の季語?】ピーマン
  7. 【春の季語】春雪
  8. 【冬の季語】節分会

おすすめ記事

  1. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  3. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  4. 【冬の季語】大年
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  6. 【冬の季語】南天の実
  7. 【夏の季語】汗
  8. サマーセーター前後不明を着こなしぬ 宇多喜代子【季語=サマーセーター(夏)】
  9. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】
  10. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】春の雪
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】
  3. 【春の季語】春めく
  4. 来て見れば来てよかりしよ梅椿 星野立子【季語=梅・椿(春)】
  5. ビル、がく、ずれて、ゆくな、ん、てきれ、いき、れ  なかはられいこ
  6. 蜃気楼博士ばかりが現れし 阪西敦子【季語=蜃気楼(春)】
  7. 起座し得て爽涼の風背を渡る 肥田埜勝美【季語=爽涼(秋)】
  8. 馬孕む冬からまつの息赤く 粥川青猿【季語=冬からまつ(冬)】
  9. 【第6回】ポルトガル――北の村祭と人々2/藤原暢子
  10. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
PAGE TOP