冬の季語

【冬の季語】実南天

【冬の季語=初冬(11月)】実南天

【ミニ解説】

冬の季語「南天の実」の、五音に合わせた言い方。


【実南天(上五)】
実南天二段に垂れて真赤かな 富安風生
実南天活けたる床に古書二冊 光好三四詩
実南天ときに農奴のにおいかな 中村和弘
実南天眉間につけて虚空を忌む 夏石番矢

【実南天(中七)】

【実南天(下五)】
喪の家に墨磨る手見え実南天 桂信子
しぐれたるあとの日が射し実南天 鷲谷七菜子
日当ればみんなしあはせ実南天  星野麥丘人
子に伝えおくこと多く実南天 藤井八重子
億年のなかの今生実南天 森澄雄
ていねいに朝日がとどく実南天 黛執
家族写真一人増やして実南天 宮里晄
存命の父母を軽んず実南天 正木ゆう子
恋風という語恐ろし実南天 千倉由穂


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】末枯
  2. 【秋の季語】野菊
  3. 【春の季語】猫の子
  4. 【春の季語】初桜
  5. 【春の季語】流氷
  6. 【冬の季語】小春日
  7. 【秋の季語】曼珠沙華
  8. 【秋の季語】虫籠/むしご

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】虹
  2. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  3. 【春の季語】野遊
  4. 【冬の季語】冬木
  5. 破門状書いて破れば時雨かな 詠み人知らず【季語=時雨(冬)】
  6. 【春の季語】春の夢
  7. 秋の日の音楽室に水の層 安西篤【季語=秋の日(秋)】
  8. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
  9. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  10. 十薬の蕊高くわが荒野なり 飯島晴子【季語=十薬(夏)】

Pickup記事

  1. 澁柿を食べさせられし口許に 山内山彦【季語=柿(秋)】
  2. 【春の季語】春節
  3. 【冬の季語】寒椿
  4. 【夏の季語】蛇
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  6. つきの光に花梨が青く垂れてゐる。ずるいなあ先に時が満ちてて 岡井隆
  7. 巡査つと来てラムネ瓶さかしまに 高濱虚子【季語=ラムネ(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
  9. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  10. 【冬の季語】冬滝
PAGE TOP