冬の季語

【冬の季語】実南天

【冬の季語=初冬(11月)】実南天

【ミニ解説】

冬の季語「南天の実」の、五音に合わせた言い方。


【実南天(上五)】
実南天二段に垂れて真赤かな 富安風生
実南天活けたる床に古書二冊 光好三四詩
実南天ときに農奴のにおいかな 中村和弘
実南天眉間につけて虚空を忌む 夏石番矢

【実南天(中七)】

【実南天(下五)】
喪の家に墨磨る手見え実南天 桂信子
しぐれたるあとの日が射し実南天 鷲谷七菜子
日当ればみんなしあはせ実南天  星野麥丘人
子に伝えおくこと多く実南天 藤井八重子
億年のなかの今生実南天 森澄雄
ていねいに朝日がとどく実南天 黛執
家族写真一人増やして実南天 宮里晄
存命の父母を軽んず実南天 正木ゆう子
恋風という語恐ろし実南天 千倉由穂


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】春一番
  2. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  3. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜し…
  4. 【春の季語】石鹸玉
  5. 【冬の季語】年忘れ
  6. 【冬の季語】掘炬燵
  7. 【冬の季語】追儺
  8. 【秋の季語】赤い羽根

おすすめ記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【14】/野村茶鳥(屋根裏バル鱗kokera店主)
  2. 【夏の季語】花火
  3. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  4. 【書評】『シリーズ自句自解Ⅱベスト100 大牧広』(ふらんす堂、2017年)
  5. 遅れ着く小さな駅や天の川 髙田正子【季語=天の川(秋)】
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第37回】龍安寺と高野素十
  7. 木の葉髪あはれゲーリークーパーも 京極杞陽【季語=木の葉髪(冬)】
  8. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  9. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  10. おほぞらを剝ぎ落したる夕立かな 櫛部天思【季語=夕立(夏)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年3月分】
  2. 紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子【季語=紅梅(春)】
  3. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  4. 【夏の季語】夏の果/夏果つ 夏終る 夏行く 行夏 夏逝く 夏惜しむ
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年2月分】
  6. 【春の季語】春の雪
  7. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  8. 【春の季語】余寒
  9. 【新年の季語】宝船
  10. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之
PAGE TOP