季語・歳時記

【夏の季語】昼顔/浜昼顔

【解説】開花時期は5~8月。日当たりのよい野原や道ばたで、他の草木にからまって淡い花を咲かせます。海岸の砂地に見られるのは、浜昼顔。

【関連季語】朝顔(秋)、夕顔など。

KENPEI – KENPEI’s photo(wikipediaより

【昼顔】
鼻のない男にみえるひるがほが     三橋鷹女
昼顔や身を寄すほどの影ならず     橋閒石
昼顔の見えるひるすぎぽるとがる    加藤郁乎
ひるがほのはなひるがほのはなにふれ  佐々木六戈
昼顔は誰も来ないでほしくて咲く    飯島晴子
昼顔のあれは途方に暮るる色      飯島晴子
昼顔のひるなまぬるき鍵の穴      柿本多映
トラックの風にやぶれて昼顔は     夏井いつき
わたくしは昼顔こんなにもひらく    櫂未知子

【浜昼顔】
はまひるがほ空が帽子におりて来て   川崎展宏
退屈を浜昼顔と分ち合ふ        後藤比奈夫
晩景は浜昼顔もて埋めなむ       柿本多映
ハイヒール浜昼顔に脱ぎ捨てて     西村和子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】酢漿の花
  2. 【冬の季語】小春
  3. 【夏の季語】夏の月
  4. 【冬の季語】日脚伸ぶ
  5. 【夏の季語】百合
  6. 【新年の季語】注連の内
  7. 【冬の季語】嚏(嚔)
  8. 【夏の季語】蟻地獄/あとずさり 擂鉢虫

おすすめ記事

  1. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  2. おとつさんこんなに花がちつてるよ 正岡子規【季語=花散る(春)】
  3. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  4. 初場所の力士顚倒し顚倒し 三橋敏雄【季語=初場所(新年)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  6. 食欲の戻りてきたる子規忌かな 田中裕明【季語=子規忌(秋)】
  7. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  8. きりんの子かゞやく草を喰む五月 杉山久子【季語=五月(夏)】
  9. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  10. パン屋の娘頬に粉つけ街薄暑 高田風人子【季語=薄暑(夏)】

Pickup記事

  1. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】 
  2. 【第23回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 「けふの難読俳句」【第7回】「半月」
  4. 櫻の樹だつたのか土龍散步する 片上長閑
  5. 【秋の季語】梨
  6. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  7. 【#17】黒色の響き
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第74回】木暮陶句郎
  9. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  10. 【秋の季語】朝顔
PAGE TOP