冬の季語

【冬の季語】小春

【冬の季語=初冬〜仲冬(11月〜12月)】小春

「小春」は旧暦10月の別称。現在でいうと、ほぼ11月から12月上旬の時期にあたります。

一般的に「小春日」「小春日和」は、「晩秋から初冬の時期に、春のように暖かく穏やかに晴れる日」に対して使われる言葉ですが、俳句では冬の季語。「小六月」と呼ばれることもあります。

この時期には、シベリア高気圧の勢力が強まり、北西の季節風、すなわち「」が吹いて日ごとに冷え込んでいくのですが、たまに冬型がゆるんで暖かくなる日があります。これが小春日和です。

こんな日には「日向ぼこ」も気持ちよき。


【小春(上五)】
ああ小春我等涎し涙して 渡辺白泉

【小春(中七)】
月の鏡小春に見るや目正月 芭蕉
団栗は小春に落つる端山かな 言水
デズニーに遊び小春の一と日かな 高浜年尾
湯屋あるらし小春の空の煙るかな 奥名房子
ひとり発つ小春に母を置きて発つ 大谷弘至

【小春(下五)】
古家のゆがみを直す小春かな 蕪村
立ち出でて鶏の雛見る小春かな 加舎白雄
海の音一日遠き小春かな 暁台
先生と話して居れば小春かな 寺田寅彦
白雲のうしろはるけき小春かな 飯田龍太
孫悟空居さうな雲の国小春 高田風人子
猫の目に海の色ある小春かな 及川 貞
遠まわりして生きてきて小春かな 永六輔
綿菓子の糸の先まで小春巻く 高井敏江
鷹去りていよいよ鴨の小春かな 坊城俊樹
縄跳びの入口探す小春かな  河野けいこ
日を乗せて潮満ちくる小春かな 牛田修嗣
泥水のバケツに澄める小春かな 藤本夕衣


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】草の花
  2. 【冬の季語】雪兎
  3. 【春の季語】流氷
  4. 【夏の季語】涼しさ
  5. 【冬の季語】冬の谷
  6. 【春の季語】春塵
  7. 【夏の季語】夏休(夏休み)
  8. 【秋の季語】花野/大花野

おすすめ記事

  1. 【春の季語】風光る
  2. 【春の季語】早春
  3. 誰もみなコーヒーが好き花曇 星野立子【季語=花曇(春)】
  4. うららかさどこか突抜け年の暮 細見綾子【季語=年の暮(冬)】
  5. 【冬の季語】水鳥
  6. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  7. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  8. 【冬の季語】冬の日
  9. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
  10. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】銀漢
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年4月分】
  3. 霜夜子は泣く父母よりはるかなものを呼び 加藤楸邨【季語=霜夜(冬)】
  4. 妻のみ恋し紅き蟹などを歎かめや 中村草田男【季語=蟹(夏)】
  5. ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希【季語=サングラス(夏)】
  6. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  7. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第2回】小滝肇
  9. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】
  10. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
PAGE TOP