季語・歳時記

【秋の季語】梨

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】梨

【解説】秋の代表的な、しゃりしゃりとした果物の一つ。

「梨の花」は、春の季語。


【梨(上五)】
梨の肉にしみこむ月を噛みにけり 松根東洋城
梨をむくおとのさびしく霜降れり 日野草城
梨食ふと目鼻片づけこの乙女 加藤楸邨
梨剥くと皮垂れ届く妻の肘 田川飛旅子
梨もいで青空ふやす顔の上 高橋悦男
梨剝けば遥かを遊ぶ波の音 小檜山繁子
梨を剝くたびに砂漠の地平線 岩淵喜代子
梨を剥く一日すずしく生きむため 小倉涌史

【梨(中七)】
梨園の番犬梨を丸齧り 平畑静塔
大いなる梨困惑のかたちなす 和田悟朗
赤沼に嫁ぎて梨を売りゐたり 佐藤鬼房
想定外妻に梨剥く晩年など 的野雄
二十世紀ちふ梨や父とうに亡き 前田りう
さりさりと梨むくゆびに朝匂ふ 清水 昶
ざりざりと梨のどこかを渡りゆく 宮本佳世乃
薄く薄く梨の皮剥くあきらめよ 神野紗希

【梨(下五)】
小刀や鉛筆を削り梨を剥く 正岡子規
孔子一行衣服で赭い梨を拭き 飯島晴子
ずっしりと水の重さの梨をむく 永六輔
雲ひしめく夜の山脈梨剥けば 齊藤美規
指の股つめたく流れ梨の水 松王かをり
五つずつ配れば四つ余る梨 箱森裕美
友の子に友の匂ひや梨しやりり 野口る理
体温はたましいの熱梨を食う 越智友亮


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋気
  2. 【春の季語】鳥の妻恋
  3. 【夏の季語】涼し
  4. 【冬の季語】春待つ
  5. 【冬の季語】待春
  6. 【秋の季語】八月
  7. 【新年の季語】成人の日
  8. 【春の季語】日永

おすすめ記事

  1. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】
  2. 【冬の季語】竜の玉(龍の玉)
  3. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  4. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  5. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第14回】辻村麻乃
  7. 手を入れてみたき帚木紅葉かな 大石悦子【季語=紅葉(秋)】
  8. 幾千代も散るは美し明日は三越 攝津幸彦
  9. 冬ざれや父の時計を巻き戻し 井越芳子【季語=冬ざれ(冬)】
  10. 草も木も人も吹かれてゐて涼し 日下野由季【季語=涼し(夏)】

Pickup記事

  1. ひざにゐて猫涅槃図に間に合はず 有馬朗人【季語=涅槃図(春)】
  2. 妻となる人五月の波に近づきぬ 田島健一【季語=五月(夏)】
  3. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  4. 夜の子の明日の水着を着てあるく 森賀まり【季語=水着(夏)】
  5. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  6. 旅いつも雲に抜かれて大花野 岩田奎【季語=大花野(秋)】
  7. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  8. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  9. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  10. 長き夜の四人が実にいい手つき 佐山哲郎【季語=長き夜 (秋)】
PAGE TOP