季語・歳時記

【秋の季語】秋の蛇

【秋の季語=仲秋(9月)】秋の蛇

秋に見られる「」のこと。

」は春先に冬眠を終えて、春に繁殖期を迎える。

一年でもっとも見られるのは夏であるため、夏の季語とされるが、まだ気温も高い秋にも見ることがある。気温が下がっていくと、少しずつ冬眠の準備に入っていくが、とくにこの時期の蛇のことを「穴惑」ということがある。


【秋の蛇(上五)】
秋の蛇人のごとくに我を見る 山口青邨
秋の蛇銀婚の夫婦おどろかす 山口青邨
秋の蛇一寸逃れ人逃る 津田清子
秋の蛇療園の森遠長し 石田波郷
秋の蛇去れり一行詩のごとく 上田五千石
秋の蛇美しければしばし蹤く 井沢正江
秋の蛇川渡る音だしにけり  皆川盤水
秋の蛇ゐると騒がし女人講  皆川盤水
秋の蛇舌あかあかと押し進む 和田悟朗
秋の蛇蘇我入鹿の野心もて 小林貴子

秋の蛇(中七)】

秋の蛇(下五)】
生々と打殺されて秋の蛇 村上鬼城
牛乳搾る香に迷い出て秋の蛇 中島斌雄
多佳子恋ふ修羅修羅修羅と秋の蛇  八田木枯
真二つに折れて息する秋の蛇 宇多喜代子
母の忌の杉戸を引けば秋の蛇 柿本多映
舌の先美しければ秋の蛇 鷹羽狩行
青空を濁さぬやうに秋の蛇  山尾玉藻
鉤屑くぐりゆくなり秋の蛇 中田剛
秋の蛇追って戻らぬ男かな 森田智子


→ 「穴惑」の例句

→ 「蛇穴に入る」の例句


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋分
  2. 【冬の季語】梟
  3. 【冬の季語】凍蝶
  4. 【冬の季語】蓮枯る
  5. 【春の季語】春時雨
  6. 【冬の季語】冬の蝶
  7. 【冬の季語】寒晴
  8. 【新年の季語】田遊

おすすめ記事

  1. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  2. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  3. 「けふの難読俳句」【第10回】「信天翁」
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女
  5. 【春の季語】春節
  6. つぶやきの身に還りくる夜寒かな 須賀一惠【季語=夜寒(秋)】
  7. 【冬の季語】枯野
  8. 日蝕の鴉落ちこむ新樹かな 石田雨圃子【季語=新樹(夏)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(5)/対中いずみさん
  10. 【新年の季語】初旅

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  2. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  4. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  5. 天高し鞄に辞書のかたくある 越智友亮【季語=天高し(秋)】
  6. 【冬の季語】夕霧忌
  7. 詠みし句のそれぞれ蝶と化しにけり 久保田万太郎【季語=蝶(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第102回】小泉信一
  9. 待春やうどんに絡む卵の黄 杉山久子【季語=待春(春)】
  10. 【春の季語】立春
PAGE TOP