季語・歳時記

【春の季語】蜷

【春の季語=三春(3月)】蜷

全国に生息する巻き貝。細長い。

生物学的には海に生息する「海蜷」と川に生息する「川蜷」に区別されるが、春の季語として一般に知られているのは、後者である。「蜷」は「川蜷」の古称であり、「海蜷」は別種。

蛍の幼虫が好んで食べることから、長野県では「蛍貝」とも呼ばれている。

春になると水田の底に「道」のようなものをつくりながら進むため、「蜷の道」という表現も俳句ではよく用いられる。


【蜷(上五)】
蜷遊ぶ水金色の春となり 細見綾子
蜷のみち淡くなりてより来し我ぞ 飯島晴子

【蜷(中七)】
砂川の蜷に静かな日ざしかな 村上鬼城

【蜷(下五)】
水底に欠茶碗あり蜷の道 小川軽舟
よく見ればすこし下りの蜷の道  岡田由季


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】雨水
  2. 【冬の季語】暮早し
  3. 【春の季語】惜春
  4. 【冬の季語】狐
  5. 【秋の季語】菊/菊の花 白菊 黄菊、大菊、小菊、初菊、厚物咲、懸…
  6. 【春の季語】初花
  7. 【冬の季語】愛日
  8. 【春の季語】蝶

おすすめ記事

  1. 川を見るバナナの皮は手より落ち 高濱虚子【季語=バナナ(夏)】
  2. 【冬の季語】裸木
  3. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  4. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【4月23日配信分】
  6. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第4回】
  8. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  9. 【夏の季語】夜の秋
  10. 【冬の季語】探梅行

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第51回】 軽井沢と堀口星眠
  2. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  3. 【春の季語】初桜
  4. 絵杉戸を転び止まりの手鞠かな 山崎楽堂【季語=手鞠(新年)】
  5. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  6. 瀧壺を離れし水に歩を合はす 藤木倶子【季語=滝(夏)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  8. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#11】異国情緒
  9. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
PAGE TOP