季語・歳時記

【春の季語】春節

【春の季語=初春(2月)】春節

中国・中華圏における旧暦の正月すなわち「旧正月」のこと。春の到来を盛大に祝う。

春節は中国において「正月初一」を示す言葉であり、古代においては「元旦」と称されていた。元とは始まるの意味であり、旦とは日の出を示す象形であることから、元旦は最初に日が昇る一日、すなわち正月を示す言葉となった。

また春節は年、月、日の始まりであることから「三元」とも、それぞれの最初の朝であることから「三朝」とも称されることがある。


【春節(上五)】
春節の日の黄梅を見逃さず 後藤比奈夫
春節や空を鳩翔け地には獅子 岩崎照子
春節の赤から赤を泳ぎゆく 川崎美知子
春節の旧仏領のカフェテラス 土利安山牛

【春節(中七)】
人垣に春節の龍起ち上がる 小路紫峡

【春節(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】松飾
  2. 【夏の季語】海の家
  3. 【新年の季語】人の日
  4. 【新年の季語】去年今年
  5. 【新年の季語】松飾る
  6. 【冬の季語】年惜む
  7. 【冬の季語】蓮根
  8. 【春の季語】流氷

おすすめ記事

  1. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」苺のシャンティイ風
  3. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年2月分】
  5. 水吸うて新聞あをし花八ツ手 森賀まり【季語=花八ツ手(冬)】
  6. 蝶落ちて大音響の結氷期 富沢赤黄男【季語=結氷期(冬)】
  7. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  8. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第83回】対馬康子
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】

Pickup記事

  1. 山頂に流星触れたのだろうか 清家由香里【季語=流星(秋)】
  2. ポテサラの美味い雀荘大晦日 北大路翼【季語=大晦日(冬)】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  5. 【秋の季語】松茸
  6. 【春の季語】初蝶
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
  8. よし切りや水車はゆるく廻りをり 高浜虚子【季語=葭切(夏)】
  9. おもかげや姨ひとりなく月の友 松尾芭蕉【季語=月(秋)】
  10. 忽然と昭和をはりぬ夕霧忌 森竹須美子【季語=夕霧忌(冬)】
PAGE TOP