季語・歳時記

【春の季語】旧正

【春の季語=初春(2月)】旧正

旧正月」の省略な言い回し。旧暦としての太陰暦の正月(年初)のこと。元日からの数日間のことを指す。「春節」とも。


【旧正(上五)】
旧正の草の庵の女客 高浜虚子
旧正や日がさして来て山身近 久保田万太郎
旧正や旅をうながす南の星 大野林火
旧正の雪を加ふる山ばかり 大峯あきら
旧正や皺うつくしき草木染め 鷹羽狩行
旧正の日にめつむれる松の鶏 山尾玉藻

【旧正(中七)】
道そぞろ旧正の紀に遊びつつ 阿波野青畝
猪焼いて旧正の島けぶらする 小熊一人
海猫のほか旧正の湾になし 徳永山冬子

【旧正(下五)】


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】【秋の季語】原爆忌/広島忌 長崎忌
  2. 【秋の季語】ハロウィン/ハロウィーン
  3. 【夏の季語】夏の月
  4. 【冬の季語】湯たんぽ(湯婆)
  5. 【冬の季語】梅探る
  6. 【冬の季語】蓮根掘る
  7. 【夏の季語】滝
  8. 【冬の季語】師走

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】白息
  2. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【20】/片山辰巳
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第67回】 伊賀上野と橋本鶏二
  4. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  5. 【夏の季語】紫陽花
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第87回】笹木くろえ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  8. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  9. 【連載】新しい短歌をさがして【5】服部崇
  10. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】

Pickup記事

  1. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  3. 山茶花の弁流れ来る坂路かな 横光利一【季語=山茶花(冬)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【19】/鈴木淳子(「銀漢」同人)
  5. 【夏の季語】小満
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  7. 松過ぎの一日二日水の如 川崎展宏【季語=松過ぎ(新年)】
  8. 九十の恋かや白き曼珠沙華 文挾夫佐恵【季語=曼珠沙華(秋)】
  9. 鳥の恋漣の生れ続けたる 中田尚子【季語=鳥の恋(春)】
  10. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
PAGE TOP