季語・歳時記

【秋の季語】秋蝶

【秋の季語=三秋(8月~10月)】秋蝶

秋の蝶」を俳句的につづめて言ったかたち。

単に「」と呼べば春の季語。夏なら「夏の蝶」、冬ならば「冬の蝶」となる。


【秋蝶(上五)】
秋蝶の繽粉として旅情かな 富安風生
秋蝶の驚きやすき翼かな 原石鼎
秋蝶に猶美しく老いにけり 橋本多佳子
秋蝶や並ぶくらさの椎や樫 草間時彦
秋蝶の曳くまひるまの闇のいろ たむらちせい
秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広
秋蝶の一頭砂場に降りたちぬ 麻里伊
秋蝶の羽をひらけば日の温度 日隈恵里
秋蝶は鰐の泪を吸ふといふ 矢野玲奈
秋蝶の翅に耳たぶほどの冷え 木本隆行
秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人

【秋蝶(中七)】
やまのべのみささぎの秋蝶に逢ひ 高野素十
海渡り来し秋蝶の羽根づかひ 高毛礼白樺
乾ききった大学秋蝶は地に下りぬ 佐伯昭市
身を恃み秋蝶海にまぎれゆく 角川源義
雨一過後の秋蝶がかく高く 安住敦
昇る意のなき秋蝶も野にひかる 藤田湘子
ヒロシマに秋蝶を二度見たり別る 伊丹三樹彦

【秋蝶(下五)】
声高く隆子と呼ばむ秋蝶来 阿波野青畝
長身をもてあますとき秋蝶来 藤井あかり

【その他の季語と】
真っ白な番つがいの蝶よ秋草に 木村丹乙
秋蝶といふ秋蝶が萩好む 安住敦
秋風よ秋蝶よ石狩町の子よ 高田風人子
ネクタイをはずせ九月の蝶がいる 坪内稔典


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】鶏頭/鶏頭花
  2. 【冬の季語】白息
  3. 【夏の季語】泰山木の花
  4. 【新年の季語】松飾る
  5. 【春の季語】椿寿忌
  6. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  7. 【秋の季語】松茸
  8. 【夏の季語】金魚

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第70回】唐沢静男
  2. 【#39】炎暑の猫たち
  3. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  4. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  5. 【#33】台北市の迪化街
  6. 青嵐神社があったので拝む 池田澄子【季語=青嵐(夏)】
  7. 数へ日の残り日二日のみとなる 右城暮石【季語=数へ日(冬)】
  8. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  9. 酒醸す色とは白や米その他 中井余花朗
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し
  2. 【春の季語】春の雨
  3. 【夏の季語】梅雨入
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  5. 逢いたいと書いてはならぬ月と書く 池田澄子【季語=月(秋)】
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  7. 【冬の季語】蒲団干す(布団干す)
  8. 骨拾ふ喉の渇きや沖縄忌 中村阪子【季語=沖縄忌(夏)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第14回】お茶の水と川崎展宏
  10. 【春の季語】立春
PAGE TOP