季語・歳時記

【秋の季語】秋蝶

【秋の季語=三秋(8月~10月)】秋蝶

秋の蝶」を俳句的につづめて言ったかたち。

単に「」と呼べば春の季語。夏なら「夏の蝶」、冬ならば「冬の蝶」となる。


【秋蝶(上五)】
秋蝶の繽粉として旅情かな 富安風生
秋蝶の驚きやすき翼かな 原石鼎
秋蝶に猶美しく老いにけり 橋本多佳子
秋蝶や並ぶくらさの椎や樫 草間時彦
秋蝶の曳くまひるまの闇のいろ たむらちせい
秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広
秋蝶の一頭砂場に降りたちぬ 麻里伊
秋蝶の羽をひらけば日の温度 日隈恵里
秋蝶は鰐の泪を吸ふといふ 矢野玲奈
秋蝶の翅に耳たぶほどの冷え 木本隆行
秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人

【秋蝶(中七)】
やまのべのみささぎの秋蝶に逢ひ 高野素十
海渡り来し秋蝶の羽根づかひ 高毛礼白樺
乾ききった大学秋蝶は地に下りぬ 佐伯昭市
身を恃み秋蝶海にまぎれゆく 角川源義
雨一過後の秋蝶がかく高く 安住敦
昇る意のなき秋蝶も野にひかる 藤田湘子
ヒロシマに秋蝶を二度見たり別る 伊丹三樹彦

【秋蝶(下五)】
声高く隆子と呼ばむ秋蝶来 阿波野青畝
長身をもてあますとき秋蝶来 藤井あかり

【その他の季語と】
真っ白な番つがいの蝶よ秋草に 木村丹乙
秋蝶といふ秋蝶が萩好む 安住敦
秋風よ秋蝶よ石狩町の子よ 高田風人子
ネクタイをはずせ九月の蝶がいる 坪内稔典


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  2. 【冬の季語】梟
  3. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  4. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  5. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  6. 【秋の季語】山椒の実
  7. 【冬の季語】セーター
  8. 【冬の季語】炬燵

おすすめ記事

  1. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  2. 【書評】柏柳明子 第2句集『柔き棘』(紅書房、2020年)
  3. かゝる世もありと暮しぬ春炬燵 松尾いはほ【季語=春炬燵(春)】
  4. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  5. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  6. 姦通よ夏木のそよぐ夕まぐれ 宇多喜代子【季語=夏木(夏)】
  7. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  8. 【秋の季語】秋薔薇
  9. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  10. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん)【後編】

Pickup記事

  1. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  2. 二十世紀なり列国に御慶申す也 尾崎紅葉【季語=御慶(新年)】
  3. 【春の季語】薄氷
  4. 【冬の季語】冬眠
  5. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  6. 南海多感に物象定か獺祭忌 中村草田男【季語=獺祭忌(秋)】
  7. 【冬の季語】春隣
  8. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  9. くしゃみしてポラリス逃す銀河売り 市川桜子【季語=くしゃみ(冬)】
  10. 赤き茸礼讃しては蹴る女 八木三日女【季語=茸(秋)】
PAGE TOP