季語・歳時記

【秋の季語】虫籠/むしご

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】虫籠/むしご

【解説】秋といえば虫の鳴き声ですが、それを愛でるための飼育容器がこれ。今はプラスチックのカゴ(下記参照)が安価で主流ですが、かつては竹ひごを使った虫かごも多く見られました。夜店などに出ていた「虫売」には、必ずこの竹製の虫かごが置かれていたものです。

【関連季語】虫、虫売、松虫、鈴虫、蟋蟀など。

【虫籠】
虫籠を月さす方へ吊りかへて    古賀まり子
虫籠に虫ゐる軽さゐぬ軽さ     西村和子
虫籠の中の荒野を一騎来る     今井聖
虫籠になすび夜食になすびかな   岸本尚毅
虫籠は死んだら次の虫が来る    北大路翼

【その他】
獣骨を磨きて虫の籠とせる     日原傳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】椿
  2. 【春の季語】雁帰る
  3. 【春の季語】早春
  4. 【春の季語】猫柳
  5. 【冬の季語】雪掻く
  6. 【冬の季語】マスク
  7. 【春の季語】風光る
  8. 【新年の季語】繭玉

おすすめ記事

  1. 魚は氷に上るや恋の扉開く 青柳飛【季語=魚氷に上る(春)】
  2. スタールビー海溝を曳く琴騒の 八木三日女
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【2】服部崇
  4. 【冬の季語】浮寝鳥
  5. 春林をわれ落涙のごとく出る 阿部青鞋【季語=春林(春)】
  6. 【春の季語】花
  7. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  8. 小燕のさヾめき誰も聞き流し 中村汀女【季語=小燕(夏)】
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  10. 【冬の季語】冬薔薇

Pickup記事

  1. ロボットの手を拭いてやる秋灯下 杉山久子【季語=秋灯下(秋)】
  2. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  3. 【秋の季語】秋めく
  4. 【春の季語】鳥曇
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」わが家のクスクス
  6. 彼が下げ夕張メロン上京す 太田うさぎ【季語=メロン(夏)】
  7. 【冬の季語】豆撒く
  8. 手繰るてふ言葉も旨し走り蕎麦 益岡茱萸【季語=走り蕎麦(秋)】
  9. 【春の季語】初音
  10. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
PAGE TOP