季語・歳時記

【新年の季語】松の内

新年の季語(1月)】松の内

【ミニ解説】

松七日」のこと。

正月」は、新しい年が始まった数日間のことを指しますが、そのなかでもとりわけ、1月1日から1月3日までを「三が日」、一般的には1月7日までを「松の内」または「松七日」と呼び分けます。「松の内」は、「門松」の立ててある期間でもあります。「注連の内」とも。

松七日が過ぎると「松過」となります。


【松の内(上五)】
松の内相見ゆこと美しく 後藤夜半
松の内訃音二つにとどめ得つ 皆吉爽雨
松の内妻と遊んでしまひけり 川口松太郎
松の内すでに足袋裏よごれけり 吉屋信子

【松の内(中七)】

【松の内(下五)】
ほろび行くものの姿や松の内 高浜虚子
本栖湖のさゞなみ見たり松の内 渡邊水巴
はらからの訪ひつ訪はれつ松の内 星野立子
足袋底のうすき汚れや松の内 三橋鷹女
うとまれて炭屋炭ひく松の内 菖蒲あや
しづかなる雨一夜あり松の内 能村登四郎


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬の蝶
  2. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  3. 【秋の季語】萩/萩の花 白萩 紅萩 小萩 山萩 野萩 こぼれ萩 …
  4. 【春の季語】朧
  5. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  6. 【秋の季語】二百十日/厄日 二百二十日
  7. 【秋の季語】終戦記念日/終戦日 終戦の日 敗戦日 敗戦忌 八月十…
  8. 【冬の季語】十二月

おすすめ記事

  1. 厨房に貝があるくよ雛祭 秋元不死男【季語=雛祭(春)】
  2. 世にまじり立たなんとして朝寝かな 松本たかし【季語=朝寝(春)】
  3. 【書評】茨木和生 第14句集『潤』(邑書林、2018年)
  4. 【秋の季語】椎茸
  5. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第54回】 宗谷海峡と山口誓子
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第69回】山岸由佳
  8. 天使魚の愛うらおもてそして裏 中原道夫【季語=天使魚(夏)】
  9. 水鳥の夕日に染まるとき鳴けり 林原耒井【季語=水鳥(冬)】
  10. 【夏の季語】田植

Pickup記事

  1. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
  2. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#13
  3. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  4. 【秋の季語】蓑虫/鬼の子 蓑虫鳴く
  5. 【春の季語】シクラメン
  6. ふところに乳房ある憂さ梅雨ながき 桂信子【季語=梅雨(夏)】
  7. 【春の季語】彼岸
  8. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  9. 人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】
  10. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
PAGE TOP