冬の季語

【冬の季語】春近し

【冬の季語=晩冬(1月)】春近し

【ミニ解説】

暦の上では春は「立春」(2月4日ごろ)。

春の到来を待ち望むこころもちを表すのが「春待つ」「春を待つ」「待春」という季語。

春近し」というと、自分の外側の世界のなかに、春の兆しを見出した感が強い。

春隣」はほぼ同義。「春遠からじ」とも。


【春近し(上五)】
春近し丸めし雑誌に肩たゝかれ 川口重美
春近し海見る窓に中ジョッキ 岩田由美
春近しモデルルームに寝てみれば 小野あらた
春近し小山のやうに盛るパスタ 小関菜都子

【春近し(中七)】
冬深むとも春近しとも木々の色 橋本榮治
かごめかごめだんだん春の近くなる 横井遥

【春近し(下五)】
仲見世や櫛簪に春近し 長谷川かな女
海照りの眼にあふれゐて春近し 角川源義
玄関に縄跳びの縄春近し 皆川盤水
颯爽と歩いてみれば春近し 千原叡子

【春近く(上五)】
春近く榾つみかゆる菜畑哉  亀洞


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】去年今年
  2. 【冬の季語】着ぶくれ
  3. 【冬の季語】おでん
  4. 【冬の季語】冬の川
  5. 【冬の季語】忘年会
  6. 【秋の季語】秋刀魚
  7. 【秋の季語】狗尾草/ゑのこ草 ゑのころ 猫じやらし
  8. 【冬の季語】ラグビー

おすすめ記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#3
  2. 嚔して酒のあらかたこぼれたる 岸本葉子【季語=嚔(冬)】
  3. 【春の季語】春泥
  4. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  5. 開墾のはじめは豚とひとつ鍋 依田勉三
  6. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年3月分】
  8. 虎の尾を一本持つて恋人来 小林貴子【季語=虎尾草(夏)】
  9. 【春の季語】四月馬鹿
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第16回】仲野麻紀

Pickup記事

  1. 【春の季語】二月尽
  2. 【春の季語】四月
  3. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】
  4. GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ 関悦史
  5. 帰農記にうかと木の芽の黄を忘ず 細谷源二【季語=木の芽(春)】
  6. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  7. 【秋の季語】流星/流れ星 夜這星 星流る 星飛ぶ 星糞
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  9. 【秋の季語】秋分
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
PAGE TOP