冬の季語

【冬の季語】春近し

【冬の季語=晩冬(1月)】春近し

【ミニ解説】

暦の上では春は「立春」(2月4日ごろ)。

春の到来を待ち望むこころもちを表すのが「春待つ」「春を待つ」「待春」という季語。

春近し」というと、自分の外側の世界のなかに、春の兆しを見出した感が強い。

春隣」はほぼ同義。「春遠からじ」とも。


【春近し(上五)】
春近し丸めし雑誌に肩たゝかれ 川口重美
春近し海見る窓に中ジョッキ 岩田由美
春近しモデルルームに寝てみれば 小野あらた
春近し小山のやうに盛るパスタ 小関菜都子

【春近し(中七)】
冬深むとも春近しとも木々の色 橋本榮治
かごめかごめだんだん春の近くなる 横井遥

【春近し(下五)】
仲見世や櫛簪に春近し 長谷川かな女
海照りの眼にあふれゐて春近し 角川源義
玄関に縄跳びの縄春近し 皆川盤水
颯爽と歩いてみれば春近し 千原叡子

【春近く(上五)】
春近く榾つみかゆる菜畑哉  亀洞


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬麗
  2. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  3. 【春の季語】春一番
  4. 【冬の季語】風邪
  5. 【冬の季語】冬至
  6. 【春の季語】初蝶
  7. 【春の季語】冴返る
  8. 【夏の季語】梅雨に入る

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月19日配信分】
  2. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  3. 【第5回】ワイキキや黴臭きものなにもなし/千野千佳
  4. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第33回】葛城山と阿波野青畝
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第122回】樫本由貴
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月18日配信分】
  8. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  9. 馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
  10. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】運動会
  2. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】
  3. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】
  4. 【春の季語】沈丁花
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第17回】太田うさぎ
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第53回】しなだしん
  8. うつくしき羽子板市や買はで過ぐ 高浜虚子【季語=羽子板市(冬)】
  9. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
PAGE TOP