冬の季語

【冬の季語】春待つ

【冬の季語=晩冬(1月)】春待つ

【ミニ解説】

暦の上では春は「立春」(2月4日ごろ)。

春の到来を待ち望むこころもちを表すのが「春待つ」という季語。

春を待つ」と日常語に近づけたかたちで使われることもある。

関連する季語に「春近し」「春隣」「待春」など。


【春待つ(上五)】
春待つといふ言葉さへおほどかに  高浜虚子
春待つや空美しき国に来て 佐藤紅緑
春待つや愚図なをとこを待つごとく 津高里永子
春待つや地球のやうにみごもりて 仙田洋子
春待つやクレヨンの黄を擦り減らし 西生ゆかり

【春待つ(中七)】
うち集ふことは春待つことに似て 後藤夜半
友待つは春待つに似て改札に 山田弘子
どの顔も春待つ顔や通過駅 小川軽舟
人のみにあらず春待つ水辺かな 稲畑廣太郎

【春待つ(下五)】
写真も蘆花はひたもに春待つ眼 中村草田男
なつかしき羅宇屋の汽笛春待てば 加倉井秋を


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】秋暑し
  2. 【冬の季語】ストーブ
  3. 【冬の季語】冬の日
  4. 【秋の季語】残暑
  5. 【新年の季語】松の内
  6. 【冬の季語】室咲
  7. 【春の季語】三月
  8. 【夏の季語】昼顔/浜昼顔

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
  2. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  3. くれなゐの花には季なし枕もと 石川淳【無季】
  4. ポメラニアンすごい不倫の話きく 長嶋有
  5. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  6. 【第21回】新しい短歌をさがして/服部崇
  7. 妻の遺品ならざるはなし春星も 右城暮石【季語=春星(春)】
  8. 馬鈴薯の顔で馬鈴薯掘り通す 永田耕衣【季語=馬鈴薯(秋)】
  9. バレンタインデー心に鍵の穴ひとつ 上田日差子【季語=バレンタインデー(春)】
  10. 【春の季語】朧夜

Pickup記事

  1. みじろがず白いマスクの中にいる 梶大輔【季語=マスク(冬)】
  2. 【新連載】久留島元のオバケハイク【第1回】「龍灯」
  3. 節分や海の町には海の鬼 矢島渚男【季語=節分(冬)】
  4. ゑんまさまきつといい子になりまする 西野文代【季語=閻魔詣(夏)】
  5. 橋立も歩けば長し松落葉 高林蘇城【季語=松落葉(夏)】
  6. 【春の季語】鳥曇
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第107回】石川洋一
  8. えりんぎはえりんぎ松茸は松茸 後藤比奈夫【季語=松茸(秋)】
  9. 青い薔薇わたくし恋のペシミスト 高澤晶子【季語=薔薇(夏)】
  10. 産みたての卵や一つ大新緑 橋本夢道【季語=新緑(夏)】
PAGE TOP