冬の季語

【冬の季語】春待つ

【冬の季語=晩冬(1月)】春待つ

【ミニ解説】

暦の上では春は「立春」(2月4日ごろ)。

春の到来を待ち望むこころもちを表すのが「春待つ」という季語。

春を待つ」と日常語に近づけたかたちで使われることもある。

関連する季語に「春近し」「春隣」「待春」など。


【春待つ(上五)】
春待つといふ言葉さへおほどかに  高浜虚子
春待つや空美しき国に来て 佐藤紅緑
春待つや愚図なをとこを待つごとく 津高里永子
春待つや地球のやうにみごもりて 仙田洋子
春待つやクレヨンの黄を擦り減らし 西生ゆかり

【春待つ(中七)】
うち集ふことは春待つことに似て 後藤夜半
友待つは春待つに似て改札に 山田弘子
どの顔も春待つ顔や通過駅 小川軽舟
人のみにあらず春待つ水辺かな 稲畑廣太郎

【春待つ(下五)】
写真も蘆花はひたもに春待つ眼 中村草田男
なつかしき羅宇屋の汽笛春待てば 加倉井秋を


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】浮寝鳥
  2. 【新年の季語】田遊
  3. 【春の季語】春の月
  4. 【冬の季語】煤逃
  5. 【新年の季語】どんど焼
  6. 【春の季語】針供養
  7. 【秋の季語】小鳥来る
  8. 【冬の季語】忘年会

おすすめ記事

  1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  2. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#01】「木綿のハンカチーフ」を大学授業で扱った時のこと
  3. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第3回】2010年神戸新聞杯
  4. 初旅の富士より伊吹たのもしき 西村和子【季語=初旅(新年)】
  5. 寒夕焼に焼き亡ぼさん癌の身は 成田千空【季語=寒夕焼(冬)】
  6. 【新年の季語】正月
  7. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】 
  8. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  9. 禁断の木の実もつるす聖樹かな モーレンカンプふゆこ【季語=聖樹(冬)】
  10. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】

Pickup記事

  1. 藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ 京極杞陽【季語=藷 (秋)】
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  3. 秋櫻子の足あと【第7回】谷岡健彦
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第59回】 宇都宮と平畑静塔
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第4回】菊田一平
  7. 「けふの難読俳句」【第5回】「蹇」
  8. 細長き泉に着きぬ父と子と 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  9. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  10. 【夏の季語】海の日
PAGE TOP