冬の季語

【冬の季語】冬銀河

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】冬銀河

【ミニ解説】

冬の夜空にかかる「天の川」のこと。

天の川」「銀河」「銀漢」「星河」は、秋の季語となる。


【冬銀河(上五)】
冬銀河にんげんは殖えつづけおり 池田澄子
冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾
冬銀河一糸ほつるることもなし 小川軽舟
冬銀河砂曼荼羅を地に描く 山崎祐子
冬銀河言葉で殺し合ふことを 櫂未知子
冬銀河かくもしづかに子の宿る 仙田洋子

【冬銀河(中七)】

【冬銀河(下五)】
永遠と宇宙を信じ冬銀河 高屋窓秋
頬杖の何を見てゐる冬銀河 加藤秋邨
かの山を西に落すや冬銀河 山口青邨
再びは生まれ来ぬ世か冬銀河 細見綾子
たたいて馬を睡りへ誘ふ冬銀河 友岡子郷
無量光院蓮華定院冬銀河 黒田杏子
人の世のそののちのこと冬銀河 伊藤敬子
君寄らば音叉めく身よ冬銀河 藺草慶子
人体に骨ゆきわたる冬銀河 鳥居真里子
寝袋に体温満ちぬ冬銀河 小川軽舟
こゑなさぬ願ひを切に冬銀河 上田日差子
永遠とポップコーンと冬銀河 神野紗希
引き出しに飴玉・付箋・冬銀河 千倉由穂


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】蓮
  2. 【秋の季語】立秋
  3. 【冬の季語】冬眠
  4. 【冬の季語】冬蝶
  5. 【冬の季語】襟巻
  6. 【夏の季語】砂日傘/ビーチパラソル 浜日傘
  7. 【春の季語】落椿
  8. 【春の季語】蝶生る

おすすめ記事

  1. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  2. 【夏の季語】滝
  3. 冴えかへるもののひとつに夜の鼻 加藤楸邨【季語=冴返る(春)】
  4. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第31回】鈴木忍
  6. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第13回】神戸と西東三鬼
  7. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  8. 目つぶりて春を耳嚙む処女同志 高篤三【季語=春(春)】
  9. プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷【季語=夏来る(夏)】
  10. やがてわが真中を通る雪解川 正木ゆう子【季語=雪解川(春)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第12回】高千穂と種田山頭火
  2. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  3. 【秋の季語】曼珠沙華
  4. 択ぶなら銀河濃きころ羊村忌  倉橋羊村【季語=銀河(秋)】
  5. 【冬の季語】冬蟹
  6. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  7. 【冬の季語】縄跳
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第36回】内村恭子
  9. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  10. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】
PAGE TOP