ハイクノミカタ

冬銀河旅鞄より流れ出す 坂本宮尾【季語=冬銀河(冬)】


冬銀河旅鞄より流れ出す

坂本宮尾


〈冬銀河〉は冴え冴えとした冬の夜空にかかる天の川。「銀河」は、七夕の伝説にゆかりがあることや、秋に一番明るく見えることから秋の季語とされているため、〈冬〉とつけて季節を定めている。寒い大気の中で仰ぐ星の帯は、秋とは違った独特の美しさを持つ。

「銀河」は前述のようにそれ自体が秋の季語ではあるが、一年中見ることのできる星の帯。面白いことに「春銀河」や「夏銀河」という季語は、筆者の知る限りではネットで見つけた一件を除いて、歳時記には無く、俳句の実作としても数は少ない。それに比べて、なぜ〈冬銀河〉は季語として確かな存在感を持つのだろう。

それはおそらく、万物が生命力に溢れる春や夏と違い、草木は枯れ、動物の活動が静まる冬であるからこそ、変わらずに現れるその輝かしい姿が、人を惹きつけるからなのではないだろうか。

〈冬銀河〉の魅力を手にとるように見せてくれるのが掲句。

冬銀河旅鞄より流れ出す

それは、想像力という名の魔法が効いているから。それもとびきり極上の。そんな掲句の紡ぎ出す世界はまるで童話のようにファンタスティック。そしてそれは、読者の想像力も揺り起こしてくれる。

はーっ
かじかむ手を息で温めて

旅人が鞄を開くと、冬の夜空いっぱいに銀河が流れ出しました

キラキラシャラシャラシュリルリルルルル

想像力が創造する冬の夜の素敵な旅はまだまだ続く。

「木馬の螺子」  (角川書店、2005年)

月野ぽぽな


【お知らせ】
月野ぽぽなさんの夫でありピアニストの木川貴幸Taka Kigawaさんのピアノリサイタルが、在ニューヨーク日本国総領事館主催で開催されます! リンク先(Facebook)からライブストリームを「無料」で視聴できますので、ぜひご覧ください。

【日時】12月19日(土)午前7時(日本時間)開演
 (日本時間ではの時間帯になりますので、ご注意ください!
  下記のフライヤーの日時は、ニューヨーク時間になります

【プログラム】
  ドビュッシー:版画
  ショパン:プレリュード 嬰ハ短調 作品45
  ショパン:バラード第1番ト短調 作品23
  ショパン:ポロネーズ第6番変イ長調 作品53(英雄)
  武満徹:雨の樹素描 II
  ベートーベン:ソナタ第14番 嬰ハ短調 作品27-2「幻想曲風ソナタ』(月光)

【会場】こちら(↓)の画像をクリックすると、Facebookの「会場」にリンクします! みなさまのお越しをお待ちしております!


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 新宿発は逃避行めき冬薔薇 新海あぐり【季語=冬薔薇(冬)】
  2. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】
  3. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋…
  4. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  5. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】…
  6. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  7. 二ン月や鼻より口に音抜けて 桑原三郎【季語=二ン月(春)】
  8. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】

おすすめ記事

  1. 九月来る鏡の中の無音の樹 津川絵理子【季語=九月(秋)】
  2. きりん老ゆ日本のうろこ雲食べて 松尾隆信【季語=うろこ雲(秋)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  4. 【秋の季語】後の月
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【12】服部崇
  6. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  7. 【春の季語】春雨
  8. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  9. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第2回】1993年・七夕賞
  10. 春泥を帰りて猫の深眠り 藤嶋務【季語=春泥(春)】

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  2. 【新年の季語】松七日
  3. 俳句おじさん雑談系ポッドキャスト「ほぼ週刊青木堀切」【#2】
  4. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 
  5. ぽつぺんを吹くたび変はる海の色 藺草慶子【季語=ぽつぺん(新年)】
  6. 【書評】小島健 第4句集『山河健在』(角川書店、2020年)
  7. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  8. 【冬の季語】歳晩
  9. 【冬の季語】冬蝶
  10. 縄跳をもつて大縄跳へ入る 小鳥遊五月【季語=縄跳(冬)】
PAGE TOP