夏の季語

【夏の季語】涼しい

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】涼しい

温度や湿度が程よくて気持ちがいいこと。

文語に近づけた言い回しは「涼し」(連体形は「涼しき」)。


【涼しい(上五)】

【涼しい(中七)】
大阪にこんな涼しい風もあり 後藤比奈夫
産み終えて涼しい切株の気持ち 神野紗希

【涼しい(下五)】
老の手にまはるろくろが涼しいぞ 後藤夜半
ふくらはぎネパールよりも涼しい布 小川楓子

【ほかの季語と】
水團扇ペカ/\鳴りて涼しいぞ 鈴木花蓑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】霧
  2. 【秋の季語】天高し
  3. 【冬の季語】冬来たる(冬来る)
  4. 【冬の季語】干蒲団(干布団)
  5. 【冬の季語】冬の川
  6. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  7. 【冬の季語】今朝の冬
  8. 【新年の季語】どんど焼

おすすめ記事

  1. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】
  2. 霜柱ひとはぎくしやくしたるもの 山田真砂年【季語=霜柱(冬)】
  3. 舌荒れてをり猟銃に油差す 小澤實【季語=猟銃(冬)】
  4. 気を強く春の円座に坐つてゐる 飯島晴子【季語=春(春)】
  5. 【冬の季語】聖夜
  6. 【夏の季語】泰山木の花
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第25回】山崎祐子
  8. 戸隠の山より風邪の神の来る 今井杏太郎【季語=風邪(冬)】
  9. 胡桃割る胡桃の中に使はぬ部屋 鷹羽狩行【季語=胡桃(秋)】
  10. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】

Pickup記事

  1. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年9月分】
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外ー5】 北九州市・八幡と山口誓子
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第1回】
  5. 【冬の季語】咳く
  6. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【13】/久留島元(関西現代俳句協会青年部長)
  7. 【#39】炎暑の猫たち
  8. ときじくのいかづち鳴つて冷やかに 岸本尚毅【季語=冷やか(秋)】
  9. こぼれたる波止の鮊子掃き捨てる 桑田青虎【季語=鮊子(春)】
  10. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
PAGE TOP