夏の季語

【夏の季語】涼しい

【夏の季語=三夏(5月〜7月)】涼しい

温度や湿度が程よくて気持ちがいいこと。

文語に近づけた言い回しは「涼し」(連体形は「涼しき」)。


【涼しい(上五)】

【涼しい(中七)】
大阪にこんな涼しい風もあり 後藤比奈夫
産み終えて涼しい切株の気持ち 神野紗希

【涼しい(下五)】
老の手にまはるろくろが涼しいぞ 後藤夜半
ふくらはぎネパールよりも涼しい布 小川楓子

【ほかの季語と】
水團扇ペカ/\鳴りて涼しいぞ 鈴木花蓑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】小春
  2. 【冬の季語】小六月
  3. 【冬の季語】兎
  4. 【秋の季語】秋めく
  5. 【秋の季語】十三夜
  6. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  7. 【毛の俳句】
  8. 【秋の季語】秋風

おすすめ記事

  1. 卯月野にうすき枕を並べけり 飯島晴子【季語=卯月(夏)】
  2. 指入れてそろりと海の霧を巻く 野崎憲子【季語=海霧(夏)】
  3. 九月の教室蟬がじーんと別れにくる 穴井太【季語=九月(秋)】
  4. 略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎【季語=暖房(冬)】
  5. 【新年の季語】七種粥(七草粥)
  6. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  7. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】
  8. 軋みつつ花束となるチューリップ 津川絵理子【季語=チューリップ(春)】
  9. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  10. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)

Pickup記事

  1. 再縁といへど目出度し桜鯛 麻葉【季語=桜鯛(春)】
  2. 人の世に雪降る音の加はりし 伊藤玉枝【季語=雪(冬)】
  3. 夏が淋しいジャングルジムを揺らす 五十嵐秀彦【季語=夏(夏)】
  4. ひかり野へきみなら蝶に乗れるだろう 折笠美秋【季語=蝶(春)】
  5. 【春の季語】恋の猫
  6. 【アンケート】東日本大震災から10年目を迎えて
  7. 鶯や製茶会社のホツチキス 渡邊白泉【季語=鶯(春)】
  8. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」鰆のエスカルゴバター焼き
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
PAGE TOP