季語・歳時記

【新年の季語】雑煮

新年の季語(1月)】雑煮

正月」に食される、餅を主な具とした汁物の料理。

醤油味、味噌味、地域や家庭によってちがいがある。

年が明けて初めて台所に入ったり調理することを「初厨」「俎始」「包丁始」などとも言う。


【雑煮(上五)】
雑煮餅のまわりの空気が変である 金原まさ子
雑煮椀牛の乳房を揉みし手に 鈴木牛後
お雑煮のお餅ぬーんと伸ばし食ふ 西村麒麟

【雑煮(中七)】
雲ひとつ千切り雑煮に浮かべけり 青柳飛
それぞれに雑煮語れば庭に鳩 江渡華子
なんかえらい雑煮んなつちつたがゆるせ 佐藤文香

【雑煮(下五)】
ゆるぎなき柱の下の雑煮かな 高浜虚子
生きてこそ生きてゐてこそ雑煮食ふ 村越化石
またもとの二人となりて雑煮喰ぶ 磯田みどり
焦げ目ある餅の香の立つ雑煮かな 稲畑汀子
馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子
大阪でひとつ歳とる雑煮かな 長谷川櫂
人類に空爆のある雑煮かな 関悦史
おもしろきこと何もなき雑煮かな 諏佐英莉
テレビに半裸の男ゐて雑煮 山下つばさ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】扇風機
  2. 【夏の季語】蜘蛛
  3. 【冬の季語】寒卵(寒玉子)
  4. 【冬の季語】雪掻
  5. 【秋の季語】秋の蝶
  6. 【春の季語】春の夢
  7. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  8. 【春の季語】早春

おすすめ記事

  1. バー温し年豆妻が撒きをらむ 河野閑子【季語=年豆(冬)】
  2. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  3. 【夏の季語】滝
  4. 【冬の季語】火事
  5. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  7. 【第4回】巴里居候雑記/名取里美
  8. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  9. 浜風のほどよき強さ白子干す 橋川かず子【季語=白子干す(春)】
  10. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】

Pickup記事

  1. もし呼んでよいなら桐の花を呼ぶ 高梨章【季語=桐の花(夏)】
  2. 農薬の粉溶け残る大西日 井上さち【季語=大西日(夏)】
  3. 【冬の季語】雪野
  4. 【秋の季語】蛇穴に入る
  5. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  6. かけろふやくだけて物を思ふ猫 論派【季語=陽炎(春)】
  7. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  8. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  9. シゴハイ【第2回】青柳飛(会議通訳)
  10. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
PAGE TOP