冬の季語

【冬の季語】小寒

【冬の季語=晩冬(1月)】小寒

二十四節気で「冬至」と「大寒」の中間。

太陽暦の1月5日、6日ごろから、1月19日、20日ごろまでで、これから更に寒さが厳しくなるころなので「寒の入り」ともいわれる。「小寒」から「節分」までの三十日間のことを「寒の内」という。

」が明けると「立春」になる。


【小寒(上五)】
小寒となりしは名のみあたたかや 星野立子
小寒やまぶしき月が枯木越し 相馬遷子
小寒や石段下りて小笹原 波多野爽波
小寒やクラリネットの音高し 宮本佳世乃

【小寒(中七)】
置き分けて小寒の菜を洗ひをり 石川桂郎

【小寒(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】湯婆(たんぽ)
  2. 【春の季語】二月尽
  3. 【冬の季語】冬木の芽
  4. 【春の季語】雨水
  5. 【秋の季語】秋めく
  6. 【冬の季語】おでん
  7. 【春の季語】初蝶
  8. 【春の季語】春寒

おすすめ記事

  1. 綿虫や母あるかぎり死は難し 成田千空【季語=綿虫(冬)】
  2. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  3. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  4. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第5回】2013年有馬記念・オルフェーヴル
  5. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  6. 片影にこぼれし塩の点々たり 大野林火【季語=片影】
  7. 蜩や久しぶりなる井の頭      柏崎夢香【季語=蜩(秋)】
  8. 【冬の季語】春を待つ
  9. 【冬の季語】節分
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月26日配信分】

Pickup記事

  1. 滝落したり落したり落したり 清崎敏郎【季語=滝(夏)】
  2. しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子【季語=寒さ(冬)】
  3. 【秋の季語】運動会
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年8月分】
  6. 梅の径用ありげなる人も行く 今井つる女【季語=梅 (春)】
  7. またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第112回】伊達浩之
  9. 【冬の季語】古暦
  10. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
PAGE TOP