季語・歳時記

【春の季語】春の夢

【春の季語=晩春(4月)】春の夢

春は気温があがり、うららかな一日に眠気を誘われる。

「目借時」や「春眠」という季語もあり、そこから「春の夢」が詠まれるようになった。〈春の夢さめて病ひののこりけり  細川加賀〉のように、どことなく愁を帯びた句も多い。

「春の夜の夢」や「朧夜の夢」などのように、ほかの季語と合わせて用いられることも多い。


【春の夢(上五)】
春の夢夜つづき煌たり疲れたり 中村草田男
春の夢濃紫を残しけり 高橋睦郎
春の夢魚からもらふ首飾り 井上たま子

【春の夢(中七)】

【春の夢(下五)】
切腹は白き色なり春の夢 長谷川秋子
玉手箱忘れて来たり春の夢 棚山波朗
はじめから赤い花なら春の夢 鳴戸奈菜
地卵に目鼻を入れし春の夢 嶋田麻紀
お歯黒となりて口開く春の夢 鳥居真里子
覚めて身のしなやかならず春の夢 片山由美子

【その他】
葱抜くや春の不思議な夢の後 飯田龍太
春暁や夢のつづきに子をあやし 上田日差子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  2. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場…
  3. 【夏の季語】夏の夢
  4. 【秋の季語】檸檬
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  6. 【春の季語】旧正
  7. 【春の季語】蛇穴を出る
  8. 【春の季語】雛飾(雛飾り)

おすすめ記事

  1. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第67回】鷲巣正徳
  3. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  4. ジェラートを売る青年の空腹よ 安里琉太【季語=ジェラート(夏)】
  5. 【冬の季語】冬川
  6. いつまでも狐の檻に襟を立て 小泉洋一【季語=狐(冬)】
  7. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  8. 左義長のまた一ところ始まりぬ 三木【季語=左義長(新年)】
  9. 【秋の季語】秋桜
  10. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】

Pickup記事

  1. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】
  3. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
  4. 【馬の俳句】
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」野菜の冷製テリーヌ
  6. 【冬の季語】冬蝶
  7. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  8. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
  10. 生れたる蝉にみどりの橡世界 田畑美穂女【季語=蝉(夏)】
PAGE TOP