冬の季語

【冬の季語】寒木

【冬の季語=三冬(11〜1月)】寒木

冬になって枝ばかりになった木のこと。

冬木」「枯木」「裸木」という言葉よりも、漢語的なかたさが感じられる。


【寒木(上五)】
寒木を挽く音ルオーの絵にある音 加倉井秋を
寒木が枝打ち鳴らす犬の恋 西東三鬼
寒木に大音声(だいおんじやう)の子が泣ける 桂信子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【毛の俳句】
  2. 【夏の季語】アロハシャツ(アロハ)
  3. 【春の季語】椿寿忌
  4. 【春の季語】雛祭
  5. 【冬の季語】雪達磨
  6. 【冬の季語】探梅行
  7. 【冬の季語】愛日
  8. 【新年の季語】雑煮

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】八月
  2. 敬老の日のどの席に座らうか 吉田松籟【季語=敬老の日(秋)】
  3. 百合のある方と狐のゐる方と 小山玄紀
  4. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  5. 魚卵たべ九月些か悔いありぬ 八田木枯【季語=九月(秋)】
  6. いちまいの水田になりて暮れのこり 長谷川素逝【季語=水田(夏)】
  7. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  8. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第29回】横浜と大野林火
  10. 恋の神えやみの神や鎮花祭 松瀬青々【季語=鎮花祭(春)】

Pickup記事

  1. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  2. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  3. パンクスに両親のゐる春炬燵 五十嵐筝曲【季語=春炬燵(春)】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年11月分】
  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
  6. 蓑虫の揺れる父性のやうな風  小泉瀬衣子【季語=蓑虫(秋)】
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年12月分】
  8. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】
  9. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
  10. 大空に自由謳歌す大花火 浅井聖子【季語=大花火(夏)】
PAGE TOP