冬の季語

【冬の季語】水洟

【冬の季語=三冬(11月〜1月)】水洟

風邪」の一症状として、鼻から粘液が多量に分泌されること。

現在は一般的に「鼻水」と呼ばれているが、この語が用いられるようになったのは、主に20世紀に入ってからであり、以前は「水っぱな」→「水洟」と呼んでいた。「洟」の漢字は、一字で「はなみず」を表す。

動詞的に「洟をかむ」が季語として用いられることもある。

はなひり」は「くしゃみ」のことである。


【水洟(上五)】
水洟や仏具をみがくたなごころ 室生犀星
水洟を貧乏神に見られけり 松本たかし
水洟の師の一喝をおそれけり 大橋櫻坡子
水洟をすゝるとき顔ゆがみたる 高浜年尾
水洟の日暮れの海に突き当たる 林田紀音夫
水洟や鈍の恋など捨てむまで 小林康治
水洟やどこにゐようと日は西に 八田木枯
水洟の定家しはぶく老の戀 筑紫磐井
水洟や孔雀の間より鳳凰ヘ 佐々木六戈
水洟や占ひの本すこし不快 加藤かな文
水洟を垂らし未来をかがやかす 堀切克洋

【水洟(中七)】
彼老いぬ水洟とめどなかりけり 高浜年尾
この家の子か水洟の立派なる 宇多喜代子
老のよろこび水洟の句を得たり 松村蒼石

【水洟(下五)】
鼻長きキリスト吾は水洟かむ 山口誓子
老人のかたちになつて水洟かむ 八田木枯

【その他の季語と】
水洟やどこも真赤な実南天 波多野爽波 
水洟をかめばサンタの声がする 仙田洋子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】蓮根掘
  2. 【秋の季語】紫式部の実/式部の実 実紫 子式部
  3. 【冬の季語】冬の日
  4. 【冬の季語】冬に入る
  5. 【秋の季語】末枯
  6. 【冬の季語】梟
  7. 【冬の季語】凍る
  8. 【春の季語】朧月

おすすめ記事

  1. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】
  2. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月11日スタート】
  5. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  6. 【書評】鷲巣正徳 句集『ダヴィンチの翼』(私家版、2019年)
  7. 行く涼し谷の向うの人も行く   原石鼎【季語=涼し(夏)】
  8. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
  9. 秋風や眼中のもの皆俳句 高浜虚子【季語=秋風(秋)】
  10. 滴りてふたりとは始まりの数 辻美奈子【季語=滴り(夏)】

Pickup記事

  1. 替へてゐる畳の上の冬木影 浅野白山【季語=冬木(冬)】
  2. 【新年の季語】初厨
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【12】/飛鳥蘭(「銀漢」同人)
  4. 【秋の季語】秋分の日
  5. 【新年の季語】初詣
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月13日配信分】
  7. 【冬の季語】冬立つ
  8. 洗顔のあとに夜明やほととぎす 森賀まり【季語=ほととぎす(夏)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」パテ・ド・カンパーニュ
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第43回】浅川芳直
PAGE TOP