夏の季語

【夏の季語】金魚

観賞用の魚の定番。

昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだが、「金魚屋」といえば、いまは「祭」の屋台の「金魚すくい」か、あるいはアクアリウムショップで売られるのが一般的になった。

「出目金」や「蘭鋳」や「オランダ獅子頭」などの種類があり、一般的には「金魚玉」「金魚鉢」にて飼う。


【金魚(上五)】
金魚飼ふこどもあがりの夫婦かな 森川暁水
金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし
金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之
金魚は魚だった歓びだけ残す  時実新子
「金魚、金魚」「竿屋」「目立もまゐります」 筑紫磐井 
金魚揺れべつの金魚の現れし    阪西敦子

【金魚(中七)】
いつ死ぬる金魚と知らず美しき    高浜虚子
頸すでに老いて金魚をのぞきこむ  桂信子
見つめをり金魚の言葉分かるまで  伊藤卓也
いつまでも死なぬ金魚と思ひしが  西村麒麟

【金魚(下五)】
もらひ来る茶碗の中の金魚かな 内藤鳴雪
薄氷の裏を舐めては金魚沈む 西東三鬼
路地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦
ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城
水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子
包まるるティッシュに透けて金魚の死 斉藤志歩



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】冬籠
  2. 【夏の季語】蚊/藪蚊 縞蚊 蚊柱
  3. 【秋の季語】蛇穴に入る
  4. 【新年の季語】人日
  5. 【秋の季語】秋高し
  6. 【冬の季語】雪掻
  7. 【冬の季語】マスク
  8. 【冬の季語】冬立つ

おすすめ記事

  1. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  3. どちらかと言へば麦茶の有難く  稲畑汀子【季語=麦茶(夏)】
  4. 【新年の季語】読初
  5. もろ手入れ西瓜提灯ともしけり 大橋櫻坡子【季語=西瓜提灯】
  6. 【秋の季語】立秋
  7. 蓮ほどの枯れぶりなくて男われ 能村登四郎【季語=枯蓮(冬)】
  8. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  9. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  10. 【冬の季語】忘年

Pickup記事

  1. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#4
  2. ヨコハマへリバプールから渡り鳥 上野犀行【季語=渡り鳥(秋)】
  3. 数と俳句(四)/小滝肇
  4. 【クラウドファンディング実施中】『神保町に銀漢亭があったころ』を本にしたい!【終了しました】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  6. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  7. ともかくもくはへし煙草懐手 木下夕爾【季語=懐手(冬)】
  8. 河よりもときどき深く月浴びる 森央ミモザ【季語=月(秋)】
  9. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  10. みかんむくとき人の手のよく動く 若杉朋哉【季語=蜜柑(冬)】
PAGE TOP