夏の季語

【夏の季語】金魚

観賞用の魚の定番。

昔は「金魚売」といって、街中を売り歩く行商人もいたほどだが、「金魚屋」といえば、いまは「祭」の屋台の「金魚すくい」か、あるいはアクアリウムショップで売られるのが一般的になった。

「出目金」や「蘭鋳」や「オランダ獅子頭」などの種類があり、一般的には「金魚玉」「金魚鉢」にて飼う。


【金魚(上五)】
金魚飼ふこどもあがりの夫婦かな 森川暁水
金魚大鱗夕焼の空の如きあり 松本たかし
金魚すくふ腕にゆらめく水明り 千原草之
金魚は魚だった歓びだけ残す  時実新子
「金魚、金魚」「竿屋」「目立もまゐります」 筑紫磐井 
金魚揺れべつの金魚の現れし    阪西敦子

【金魚(中七)】
いつ死ぬる金魚と知らず美しき    高浜虚子
頸すでに老いて金魚をのぞきこむ  桂信子
見つめをり金魚の言葉分かるまで  伊藤卓也
いつまでも死なぬ金魚と思ひしが  西村麒麟

【金魚(下五)】
もらひ来る茶碗の中の金魚かな 内藤鳴雪
薄氷の裏を舐めては金魚沈む 西東三鬼
路地裏を夜汽車と思ふ金魚かな 攝津幸彦
ゆく船に乗る金魚鉢その金魚 島田牙城
水面に閉ぢ込められてゐる金魚 茅根知子
包まるるティッシュに透けて金魚の死 斉藤志歩



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】残暑
  2. 【春の季語】梅二月
  3. 【春の季語】春の夢
  4. 【夏の季語】蛇
  5. 【冬の季語】冬林檎
  6. 【夏の季語】風鈴
  7. 【春の季語】チューリップ
  8. 【春の季語】沈丁花

おすすめ記事

  1. 去年今年詩累々とありにけり 竹下陶子【季語=去年今年(冬)】
  2. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  3. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第10回】
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年10月分】
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年11月分】
  6. 茄子もぐ手また夕闇に現れし 吉岡禅寺洞【季語=茄子(秋)】
  7. 【春の季語】鷹鳩と化す
  8. クリスマス近づく部屋や日の溢れ 深見けん二【季語=クリスマス(冬)】
  9. 【秋の季語】草紅葉/草の錦
  10. 【冬の季語】毛糸玉

Pickup記事

  1. 猫じゃらし全部さわって二年生 小川弘子【季語=猫じゃらし(秋)】
  2. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  3. 妻が言へり杏咲き満ち恋したしと 草間時彦【季語=杏の花(春)】
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#16
  5. 結婚は夢の続きやひな祭り 夏目雅子【季語=雛祭(春)】
  6. きりぎりす飼ふは死を飼ふ業ならむ 齋藤玄【季語=螽蟖(秋)】
  7. 雪兎なんぼつくれば声通る 飯島晴子【季語=雪兎(冬)】
  8. うららかや空より青き流れあり 阿部みどり女【季語=うららか(春)】
  9. 【秋の季語】秋思
  10. 柿くへば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
PAGE TOP