冬の季語

【冬の季語】冬木の芽

【冬の季語=三冬(1月)】冬木の芽

辛夷」「木蓮」「」「」などの「裸木」となった落葉樹は、春にほころびて花を咲かせるので、まだ春を迎える前から、これらの木の芽はよく目につく。一月ともなれば、おのずと「春を待つ」心持ちも重なる。「冬芽」とも。


【冬木の芽(上五)】
冬木の芽水にひかりの戻りけり 角川照子
冬木の芽ことば育ててゐるごとし 片山由美子
冬木の芽ばさらさらばと目をさます 甲斐いちびん

【冬木の芽(中七)】

【冬木の芽(下五)】
ことごとく空に触れゐる冬木の芽 波多野爽波
看取る人看取らるる人冬木の芽 三島広志
ドアマンの大きな傘や冬木の芽 宮本素子
自づから輝くものに冬木の芽 白石渕路
窓に寄り太陽遠し冬木の芽 南十二国
身のうちに心音ふたつ冬木の芽 日下野由季
学びては知らぬこと増え冬木の芽 堀切克洋


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨に入る
  2. 【冬の季語】掘炬燵
  3. 【冬の季語】嚏(嚔)
  4. 【新年の季語】餅花
  5. 【冬の季語】冬の滝
  6. 【新年の季語】人日
  7. 【冬の季語】豆撒く
  8. 【冬の季語】日記買う

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】梅雨の月
  2. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  3. 【夏の季語】新緑/緑さす 緑夜
  4. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  5. 純愛や十字十字の冬木立 対馬康子【季語=冬木立(冬)】
  6. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  7. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  8. 春星や言葉の棘はぬけがたし 野見山朱鳥【季語=春星(春)】
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」サラダ・パリジェンヌ
  10. 【冬の季語】冬木の芽

Pickup記事

  1. 初島へ大つごもりの水脈を引く 星野椿【季語=大つごもり(冬)】
  2. 菱形に赤子をくるみ夏座敷 対中いずみ【季語=夏座敷(夏)】
  3. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  4. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】
  5. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】
  6. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  7. 夏山に勅封の大扉あり 宇佐美魚目【季語=夏山(夏)】
  8. 海鼠噛むことも別れも面倒な 遠山陽子【季語=海鼠(冬)】
  9. 完璧なメドベージェワが洟を擤む 秋尾敏【季語=水洟(冬)】
  10. 神保町に銀漢亭があったころ【第65回】柳元佑太
PAGE TOP