ハイクノミカタ

大空に伸び傾ける冬木かな 高浜虚子【季語=冬木(冬)】


大空に伸び傾ける冬木かな

高浜虚子


常緑樹でも落葉樹でも、冬の樹木を総称して冬木と言うが、どちらかというと、葉を落として幹や枝々があらわになった落葉樹の方が冬木というにふさわしい。

大空に広がるように枝を張る冬木。

冬の青空を背景に立つ大樹が見えてくる。

客観写生を説いた虚子。

この句は一見すると、冬木のありようを素直に言葉で写し取った、客観写生のお手本のように思えるが、「傾ける」の一語には、ただの客観写生に終わらない奥行がある。

この句を見ていると、風景の奥に、人間の姿が見えてくる。もしかしたら虚子自身の姿がそこに投影されているのかもしれない。

客観の裏に隠された虚子の主観。

その奥義を虚子の言葉の斡旋の巧みさに見ることができるように思う。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  2. 太宰忌や誰が喀啖の青みどろ 堀井春一郎【季語=太宰忌(夏)】
  3. 灯を消せば部屋無辺なり夜の雪 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  4. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  5. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 
  6. のこるたなごころ白桃一つ置く 小川双々子【季語=白桃(秋)】
  7. むかし吾を縛りし男の子凌霄花 中村苑子【季語=凌霄花(夏)】
  8. こほろぎや女の髪の闇あたたか 竹岡一郎【季語=蟋蟀(秋)】

おすすめ記事

  1. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  2. 【冬の季語】実南天
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第21回】五日市祐介
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  5. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」モワルー・オ・ショコラ
  8. 【夏の季語】葉桜
  9. 【冬の季語】兎狩
  10. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【15】/上野犀行(「田」)

Pickup記事

  1. 【秋の季語】天の川
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第28回】今井肖子
  3. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  4. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=夏山(夏)】
  5. 初場所や昔しこ名に寒玉子 百合山羽公【季語=初場所(冬)】
  6. 【冬の季語】冬桜
  7. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  8. 未婚一生洗ひし足袋の合掌す 寺田京子【季語=足袋(冬)】
  9. 梅漬けてあかき妻の手夜は愛す 能村登四郎【季語=梅漬ける(夏)】
  10. 葛咲くや嬬恋村の字いくつ 石田波郷【季語=葛の花(秋)】
PAGE TOP