ハイクノミカタ

浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】


浅草をはづれはづれず酉の市

松岡ひでたか


今年の酉の市は、11月の2日、14日、26日、今週末は二の酉と三の酉の間の三連休。

そう、酉の市は曜日とは関わりがない。平日であろうが、コロナの感染者が増えようが、酉の日にやってくる。

みなさんはどこでこれを読んでおられるのだろうか、私が住む東京での1日当たり感染者数が500名ほどとなった今週、東京との警戒レベルは最高に引き上げられた。それでも、金曜です。

ただでさえ、人の多い浅草界隈に酉の市が立つ日は1年にその日しか来ない人もやってくる。「三の酉まである年は火事が多い」という言い伝えの根拠は諸説あるようだけれど、あれだけの人がひとところに集い、それも商売をする人たちがあれだけ店を留守にすることがあれば、何かうかつなことがあって火事が起こることも、回数が増えればその度合いが高まることも、なんとなくさもありなんというところ。

その賑わいも今年はおとなしい。といっても、行った人からの伝聞であったり、報告の句から知ったりしたこと、今年は浅草を訪ねていない。本当に必要としている人にその座を譲るといえば、美しいことだけれど、寒がりの私にとって、酉の市は妖しいけれども、そんなに快適なところではないというのもある。

しかも、人が少なければ、その寒さはどうしてもいや増してしまう。

人だかりする例年の酉の市は、寒くても狭くても暗くても、晴れ晴れとした世界だ。どこの世界にも詳しい人というものはいるもので、なにも考えずその人に委ねさえすれば満足にたどり着く安心感が、ハレた気分を後押ししてくれる。

浅草の側から人ごみに沿って導かれると、あたかも浅草の中にいるようだけれど、実は鳳神社は浅草のはずれ。何かの拍子にそれを感じ、また浅草の方に連れ戻される。

「はづれ」「はづれず」。「戻る」ではなく「はずれず」であるところに、浅草の求心性がにじむ。同じ動詞の肯定と否定のリフレインは、果てしなく繰り返す人の動作をも思わせる。

お詣りして、熊手を物色して、買って戻ってくるだけのことなのだけれど、その間の順番待ちや、つまみ食いや、ひやかしや、腹ごなしも含めての酉の市だ。そんな境界の行ったり来たり、今年はますます難しいけれど、せめても地図を広げて、この句の経路や往来を味わいたい。

この句の舞台、1987年の人だかりは、いかに。来年の酉の市は、またいかに。

『盤石』所収 (1993年、松岡ひでたか・著)

阪西敦子


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)…
  2. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  3. 鹿の映れるまひるまのわが自転車旅行 飯島晴子【季語=鹿(秋)】
  4. 今年の蠅叩去年の蠅叩 山口昭男【季語=蠅叩(夏)】
  5. 毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(…
  6. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  7. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  8. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ…

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】麦茶/麦湯
  2. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第9回】
  3. 黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
  4. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  5. けふあすは誰も死なない真葛原 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  6. 男はよろめき/星空はぐるぐる… ゼノ・ビアヌ 
  7. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  8. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第88回】潮田幸司
  10. 少女期は何かたべ萩を素通りに 富安風生【季語=萩(秋)】

Pickup記事

  1. 桐咲ける景色にいつも沼を感ず 加倉井秋を【季語=桐の花(夏)】
  2. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  3. 十二月うしろの正面山の神 成田千空【季語=十二月(冬)】
  4. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  5. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#19
  6. 【冬の季語】冴ゆ・冴え
  7. 【新年の季語】獅子頭
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年8月分】
  9. 牛乳の膜すくふ節季の金返らず 小野田兼子【季語=節季(冬)】
  10. 遠くより風来て夏の海となる 飯田龍太【季語=夏の海(夏)】
PAGE TOP