夏の季語

【夏の季語】万緑

【夏の季語=三夏(5〜7月)】万緑

一面が「緑色」である夏の景色のこと。「万緑叢中紅一点」という王安石の詩に由来するが、中村草田男の「万緑の中や吾子の歯生え初むる」の句によって季語となった。弟子の鍵和田秞子の句に〈万緑の句碑に歳月積りけり〉〈万緑の池も万緑師はいづこ〉がある。


【万緑(上五)】
万緑の中や吾子の歯生え初むる 中村草田男
万緑やわが掌に釘の痕もなし 山口誓子
万緑や力をこめて鐘をつく 下村非文
万緑の中や三井寺荒れにけり 野見山朱鳥
万緑の池も万緑師はいづこ 鍵和田秞子
万緑やこぼさぬやうに産湯桶 鷹羽狩行
万緑の一葉を毟り取りにけり 行方克己
万緑や羽ばたきそうな肩甲骨 辻憲
万緑や透き通るまで手を洗う 赤松勝
万緑や秘仏てふ闇のぞきたる 山田真砂年
万緑やどの道をどう行かうとも 長谷川櫂
万緑になほ加はれず地震の跡 若井新一
万緑や写生の人の背の曲がり 玉貫らら
万緑やご飯のあとのまたご飯 宮本佳世乃
万緑やどの木ともなく揺れはじむ 村上鞆彦
万緑やきらりと窓の閉まりたる 藤井あかり

【万緑(中七)】

【万緑(下五)】
みしみしとみしみしと夜の万緑 高野ムツオ

【その他の季語と】
万緑をしりぞけて滝とどろけり 鷲谷七菜子 (那智)
万緑にラムネ沸騰させて若し 鷹羽狩行



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【冬の季語】綿虫
  2. 【夏の季語】初夏(はつなつ)
  3. 【冬の季語】梅探る
  4. 【夏の季語】シャワー
  5. 【冬の季語】寒夕焼
  6. 【春の季語】バレンタインの日(バレンタインデー)
  7. 【秋の季語】秋めく
  8. 【冬の季語】手袋

おすすめ記事

  1. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  2. ペスト黒死病コレラは虎列刺コロナは何と 宇多喜代子【季語=コレラ(夏)】
  3. 新婚のすべて未知数メロン切る 品川鈴子【季語=メロン(夏)】
  4. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  5. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月25日配信分】
  7. 鷹鳩と化して大いに恋をせよ 仙田洋子【季語=鷹鳩と化す(春)】
  8. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  9. 【冬の季語】八手咲く
  10. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】

Pickup記事

  1. 春は曙そろそろ帰つてくれないか 櫂未知子【季語=春(春)】
  2. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  3. 趣味と写真と、ときどき俳句と【#10】食事の場面
  4. ひっくゝりつっ立てば早案山子かな 高田蝶衣【季語=案山子(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第89回】広渡詩乃
  6. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  7. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  8. 数と俳句(二)/小滝肇
  9. 雪折を振り返ることしかできず 瀬間陽子【季語=雪折(冬)】 
  10. 夕飯よけふは昼寝をせぬままに 木村定生【季語=昼寝(夏)】
PAGE TOP