冬の季語

【冬の季語】忘年会

【冬の季語=仲冬(12月)】忘年会

【ミニ解説】

年末に催される宴会のこと。

新暦の「お正月」に重きをおく現代の日本において、宗教的意味付けや特定行事様式のない風習の一種である。カラオケは、年末料金となる。

社会学者の園田英弘(1947~2007)は、このような組織的に大人数で「年忘れ」を行う忘年会のことを「近代忘年会」と名付け、その起源を明治中期と分析している。

曰く当時は、身分制が解体されて社会が流動化したことで、情報交換によるビジネスチャンスを狙った「社交」が求められた時代。旧大名は、文明開化に後れを取るまいと社交や接待の場を増やした。一方で、庶民たちも自分が属する集団(会社など)内部の人脈を広げ、外部の人脈を開拓しようとしていった。『吾輩は猫である』(1905年)には、注釈もなく「忘年会」という言葉が出てくるから、明治末年には定着していたと思われる。


【忘年会(上五)】
忘年会一番といふ靴の札 皆川盤水
忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介

【忘年会(中七)】
遅参なき忘年会の始まれり 前田普羅
スクランブル交叉忘年会はおもしろし 山口青邨
立つてゐる人が忘年会幹事 千原草之
月まぶし忘年会を脱れ出て 相馬遷子
酔はさんと忘年会のはかりごと 鈴木洋々子
略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎
雀見て忘年会へ急ぐかな 岸本尚毅

【忘年会(下五)】
くじ引きの座に上下なし忘年会 山本千代
八畳はこんなに坐れる忘年会 池田澄子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】左義長
  2. 【秋の季語】朝顔
  3. 【夏の季語】松落葉
  4. 【冬の季語】八手咲く
  5. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  6. 【冬の季語】返り花(帰り花)
  7. 【夏の季語】入梅
  8. 【春の季語】桜

おすすめ記事

  1. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  2. しかと押し朱肉あかあか冬日和 中村ひろ子(かりん)【季語=冬日和(冬)】
  3. あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
  4. 【短期連載】茶道と俳句 井上泰至【第2回】
  5. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  6. 【夏の季語】扇風機
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  8. 「野崎海芋のたべる歳時記」春にんじんのキャロット・ラペ
  9. 冬と云ふ口笛を吹くやうにフユ 川崎展宏【季語=冬(冬)】
  10. 【冬の季語】雪折

Pickup記事

  1. 【冬の季語】花八手
  2. 夏落葉降るや起ちても座りても 宇多喜代子【季語=夏落葉(夏)】
  3. 鹿や鶏の切紙下げる思案かな 飯島晴子
  4. 冬ざれや石それぞれの面構へ 若井新一【季語=冬ざれ(冬)】
  5. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  6. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  7. 【冬の季語】煤逃
  8. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  9. 【春の季語】春野
  10. 草餅や不参遅参に会つぶれ 富永眉月【季語=草餅(春)】
PAGE TOP