冬の季語

【冬の季語】忘年会

【冬の季語=仲冬(12月)】忘年会

【ミニ解説】

年末に催される宴会のこと。

新暦の「お正月」に重きをおく現代の日本において、宗教的意味付けや特定行事様式のない風習の一種である。カラオケは、年末料金となる。

社会学者の園田英弘(1947~2007)は、このような組織的に大人数で「年忘れ」を行う忘年会のことを「近代忘年会」と名付け、その起源を明治中期と分析している。

曰く当時は、身分制が解体されて社会が流動化したことで、情報交換によるビジネスチャンスを狙った「社交」が求められた時代。旧大名は、文明開化に後れを取るまいと社交や接待の場を増やした。一方で、庶民たちも自分が属する集団(会社など)内部の人脈を広げ、外部の人脈を開拓しようとしていった。『吾輩は猫である』(1905年)には、注釈もなく「忘年会」という言葉が出てくるから、明治末年には定着していたと思われる。


【忘年会(上五)】
忘年会一番といふ靴の札 皆川盤水
忘年会みんなで逃がす青い鳥 塩見恵介

【忘年会(中七)】
遅参なき忘年会の始まれり 前田普羅
スクランブル交叉忘年会はおもしろし 山口青邨
立つてゐる人が忘年会幹事 千原草之
月まぶし忘年会を脱れ出て 相馬遷子
酔はさんと忘年会のはかりごと 鈴木洋々子
略図よく書けて忘年会だより 能村登四郎
雀見て忘年会へ急ぐかな 岸本尚毅

【忘年会(下五)】
くじ引きの座に上下なし忘年会 山本千代
八畳はこんなに坐れる忘年会 池田澄子


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】梅雨入
  2. 【秋の季語】秋桜
  3. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  4. 【春の季語】春一番
  5. 【夏の季語】泰山木の花
  6. 【夏の季語】噴水
  7. 【夏の季語】夏至
  8. 【新年の季語】初詣

おすすめ記事

  1. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  3. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  4. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  5. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  6. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】
  7. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  8. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  10. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】

Pickup記事

  1. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  2. 【秋の季語】山椒の実
  3. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  4. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 
  5. 【冬の季語】今朝の冬
  6. 【秋の季語】西瓜/西瓜畑 西瓜番 西瓜売
  7. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  8. 【春の季語】涅槃図
  9. 【秋の季語】秋山
  10. 大年やおのづからなる梁響 芝不器男【季語=大年(冬)】
PAGE TOP