夏の季語

【夏の季語】蝸牛

【夏の季語=初夏(5月)】蝸牛

【ミニ解説】

『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

「かたつぶり」「ででむし」「でんでんむし」「まいまい」などとも。

有名な俳句は、何といっても、

かたつむり甲斐も信濃も雨のなか 飯田龍太

でしょうか。


【蝸牛(上五)】

かたつむり甲斐も信濃も雨のなか 飯田龍太

【蝸牛(中七)】

【蝸牛(下五)】

ころころと笹こけ落ちし蝸牛 杉風
大海と知りて戻りぬ蝸牛 佐藤文子
天職は教師と応へ蝸牛 櫛部天思
やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古
にんげんの色合ひに似て蝸牛 西山ゆりこ
行先を食べはじめたる蝸牛 堀切克洋


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【春の季語】二月
  2. 【冬の季語】十二月
  3. 【秋の季語】秋の風
  4. 【冬の季語】人参
  5. 【夏の季語】飛魚/とびを つばめ魚 あご
  6. 【冬の季語】小寒
  7. 【春の季語】日永
  8. 【冬の季語】クリスマスカード

おすすめ記事

  1. とらが雨など軽んじてぬれにけり 一茶【季語=虎が雨(夏)】
  2. 美校生として征く額の花咲きぬ 加倉井秋を【季語=額の花(夏)】
  3. 【特別寄稿】沖縄県那覇市久米「KIMIKO BAR ふう」/酢橘とおる
  4. 【冬の季語】冬銀河
  5. 赤福のたひらなへらもあたたかし 杉山久子【季語=あたたか(春)】
  6. 毛皮はぐ日中桜満開に 佐藤鬼房【季語=桜(春)】
  7. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第66回】阪西敦子
  9. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  10. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて

Pickup記事

  1. 【冬の季語】節分
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  3. なだらかな坂数へ日のとある日の 太田うさぎ【季語=数へ日(冬)】
  4. 【書評】日下野由季 第2句集『馥郁』(ふらんす堂、2018年)
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
  6. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  7. 【連載】俳人のホンダナ!#6 藤原暢子
  8. 【#30】公園の猫たちと竹内栖鳳の「班猫」
  9. おでん屋の酒のよしあし言ひたもな 山口誓子【季語=おでん(冬)】
  10. 夕焼けに入っておいであたまから 妹尾凛
PAGE TOP