夏の季語

【夏の季語】蝸牛

【夏の季語=初夏(5月)】蝸牛

【ミニ解説】

『毛吹草』(正保2年、1645年)に所出。

「かたつぶり」「ででむし」「でんでんむし」「まいまい」などとも。

有名な俳句は、何といっても、

かたつむり甲斐も信濃も雨のなか 飯田龍太

でしょうか。


【蝸牛(上五)】

かたつむり甲斐も信濃も雨のなか 飯田龍太

【蝸牛(中七)】

【蝸牛(下五)】

ころころと笹こけ落ちし蝸牛 杉風
大海と知りて戻りぬ蝸牛 佐藤文子
天職は教師と応へ蝸牛 櫛部天思
やはらかきところは濡れてかたつむり 齋藤朝比古
にんげんの色合ひに似て蝸牛 西山ゆりこ
行先を食べはじめたる蝸牛 堀切克洋


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【新年の季語】初厨
  2. 【春の季語】石鹸玉
  3. 【冬の季語】短日
  4. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)
  5. 【春の季語】桜蘂降る
  6. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  7. 【秋の季語】天高し
  8. 【秋の季語】秋高し

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】運動会
  2. 【新年の季語】元日
  3. はやり風邪下着上着と骨で立つ 村井和一【季語=流行風邪(冬)】
  4. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第77回】小沢麻結
  6. 【冬の季語】梟
  7. 【新年の季語】初日記
  8. 人とゆく野にうぐひすの貌強き 飯島晴子【季語=鶯(春)】
  9. 美しき緑走れり夏料理 星野立子【季語=夏料理(夏)】
  10. 秋櫻子の足あと【第10回】谷岡健彦

Pickup記事

  1. 結構違ふよ団栗の背くらべ 小林貴子【季語=団栗(秋)】
  2. 節分の鬼に金棒てふ菓子も 後藤比奈夫【季語=節分(冬)】
  3. 夏帯にほのかな浮気心かな 吉屋信子【季語=夏帯(夏)】
  4. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第56回】池田のりを
  7. さよならと梅雨の車窓に指で書く 長谷川素逝【季語=梅雨(夏)】
  8. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(4)
  9. 「野崎海芋のたべる歳時記」鶏皮ポン酢
  10. 【春の季語】日永
PAGE TOP