季語・歳時記

【秋の季語】秋山

【秋の季語=三秋(8月〜10月)】秋山

【解説】秋の山。あきやま。


【秋山(上五)】
秋山や駒もゆるがぬ鞍の止 其角
秋山や雲間にあふぐ師の庵 西島麦南
秋山や影して飛べる山鴉 村上鬼城
秋山半分に切られた 尾崎放哉
秋山広い道に出る 尾崎放哉
秋山の二ついよいよ明かに 高野素十
秋山の熔岩に腰かけて我 高野素十
秋山に箸光らして人を追ふ 飯島晴子
秋山の雲見てつくる砂糖水 飯島晴子
秋山で会ふ愚陀仏といふ仏 後藤比奈夫

【秋山(中七)】
赤児泣く汽車や秋山深く行く 中村汀女
ささめきて秋山しぐれさそひけり 上田五千石
愛語通り過ぐ秋山の握り飯 西東三鬼
日当れば秋山の塔よく見ゆる 上村占魚
蛇笏忌の秋山霞み果てもなし 飯田龍太
故郷去る 秋山に墓一つ増やし 伊丹三樹彦

【秋山(下五)】


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】渡り鳥
  2. 【新年の季語】松の内
  3. 【秋の季語】新酒/今年酒
  4. 【秋の季語】秋灯下
  5. 【冬の季語】雪掻
  6. 【冬の季語】冬眠
  7. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  8. 【夏の季語】蓮

おすすめ記事

  1. こんな本が出た【2021年3月刊行分】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月1日配信分】
  3. 【冬の季語】冬の水
  4. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
  5. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】
  6. 【秋の季語】十六夜
  7. 【冬の季語】年惜む
  8. 朝貌や惚れた女も二三日 夏目漱石【季語=朝貌(秋)】
  9. 寒いねと彼は煙草に火を点ける 正木ゆう子【季語=寒い(冬)】
  10. 捨て櫂や暑気たゞならぬ皐月空 飯田蛇笏【季語=皐月(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】年忘れ
  2. 愛されずして沖遠く泳ぐなり 藤田湘子【季語=泳ぐ(夏)】
  3. くゝ〳〵とつぐ古伊部の新酒かな 皿井旭川【季語=新酒(秋)】
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
  6. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】
  7. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  8. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第7回】大森海岸と大牧広
  9. 【春の季語】巣箱
  10. 【春の季語】蛇穴を出づ
PAGE TOP