季語・歳時記

【春の季語】紅梅

【春の季語=初春(2月)】紅梅

春の季語である「梅」の一品種。濃い桃色の花が咲く。

有名な句のひとつは、

紅梅や枝枝は空奪ひあひ 鷹羽狩行


【紅梅(上五)】
紅梅や見ぬ恋作る玉すだれ 松尾芭蕉
紅梅や古き都の土の色 与謝蕪村
紅梅に干しておくなり洗ひ猫 小林一茶
紅梅や旅人我になつかしき 高浜虚子
紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二
紅梅や病臥に果つる二十代 古賀まり子
紅梅やきらきらと声とほりぬけ 細川加賀
紅梅や一人娘にして凛と 上野 泰
紅梅の闇に眼の腐(くた)れけり 飯島晴子
紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子
紅梅や謡の中の死者のこゑ 宇佐美魚目
紅梅のおづおづと咲き未知の老 鍵和田秞子
紅梅や枝枝は空奪ひあひ 鷹羽狩行
紅梅や日ごと増えゆく児の言葉 佐々木泰子
紅梅や日和の影を雲の上 長谷川櫂
紅梅のつめたき枝をさしかはし 髙田正子
紅梅のゆるく始まる和音かな 宮本佳世乃
紅梅を絵筆の先にふくらます 堀切克洋

【紅梅(中七)】
ぱつぱつと紅梅老樹花咲けり 飯田蛇笏
うすきうすきうす紅梅によりそひぬ 池内友次郎
うすずみの世の紅梅をまぶしめり 鷲谷七菜子
雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空
薄日さすとき紅梅の翳りけり 松林朝蒼
水無川ある日紅梅ともりけり 鍵和田釉子
白板をツモると紅梅がひらく 金原まさ子

【紅梅(下五)】
京唄をほそくうたへり紅梅ひらく 長谷川かな女
瑠璃天は固より照らふ紅梅も 日野草城
つよく引きよせて水滴紅梅より 中田剛


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【秋の季語】天高し
  2. 【冬の季語】冬木立
  3. 【秋の季語】九月
  4. 【冬の季語】室の花
  5. 【夏の季語】緑蔭
  6. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  7. 【冬の季語】冬木の芽
  8. 【春の季語】涅槃図

おすすめ記事

  1. 息触れて初夢ふたつ響きあふ 正木ゆう子【季語=初夢(新年)】
  2. 【連載】「ゆれたことば」#5「避難所」千倉由穂
  3. 月代は月となり灯は窓となる   竹下しづの女【季語=月(秋)】
  4. 雪が降る千人針をご存じか 堀之内千代【季語=雪(冬)】
  5. 【冬の季語】寒夕焼
  6. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  7. 【秋の季語】秋彼岸
  8. 噴水に睡り足らざる男たち  澤好摩【季語=噴水(夏)】
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第41回】矢野玲奈
  10. 潮の香や野分のあとの浜畠 齋藤俳小星【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  2. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】
  3. まはし見る岐阜提灯の山と川 岸本尚毅【季語=岐阜提灯(夏)】
  4. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  5. 早乙女のもどりは眼鏡掛けてをり 鎌田恭輔【季語=早乙女(夏)】
  6. 夏痩せて瞳に塹壕をゑがき得ざる 三橋鷹女【季語=夏痩(夏)】
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第68回】 那須野ヶ原と黒田杏子
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  9. 一天の玉虫光り羽子日和 清崎敏郎【季語=羽子板(新年)】
  10. 【#21】中国大連の猫
PAGE TOP