季語・歳時記

【春の季語】紅梅

【春の季語=初春(2月)】紅梅

春の季語である「梅」の一品種。濃い桃色の花が咲く。

有名な句のひとつは、

紅梅や枝枝は空奪ひあひ 鷹羽狩行


【紅梅(上五)】
紅梅や見ぬ恋作る玉すだれ 松尾芭蕉
紅梅や古き都の土の色 与謝蕪村
紅梅に干しておくなり洗ひ猫 小林一茶
紅梅や旅人我になつかしき 高浜虚子
紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二
紅梅や病臥に果つる二十代 古賀まり子
紅梅やきらきらと声とほりぬけ 細川加賀
紅梅や一人娘にして凛と 上野 泰
紅梅の闇に眼の腐(くた)れけり 飯島晴子
紅梅の気色たゞよふ石の中 飯島晴子
紅梅や謡の中の死者のこゑ 宇佐美魚目
紅梅のおづおづと咲き未知の老 鍵和田秞子
紅梅や枝枝は空奪ひあひ 鷹羽狩行
紅梅や日ごと増えゆく児の言葉 佐々木泰子
紅梅や日和の影を雲の上 長谷川櫂
紅梅のつめたき枝をさしかはし 髙田正子
紅梅のゆるく始まる和音かな 宮本佳世乃
紅梅を絵筆の先にふくらます 堀切克洋

【紅梅(中七)】
ぱつぱつと紅梅老樹花咲けり 飯田蛇笏
うすきうすきうす紅梅によりそひぬ 池内友次郎
うすずみの世の紅梅をまぶしめり 鷲谷七菜子
雀来て紅梅はまだこどもの木 成田千空
薄日さすとき紅梅の翳りけり 松林朝蒼
水無川ある日紅梅ともりけり 鍵和田釉子
白板をツモると紅梅がひらく 金原まさ子

【紅梅(下五)】
京唄をほそくうたへり紅梅ひらく 長谷川かな女
瑠璃天は固より照らふ紅梅も 日野草城
つよく引きよせて水滴紅梅より 中田剛


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【夏の季語】虹
  2. 【冬の季語】雪折
  3. 【夏の季語】氷菓/アイスクリーム ソフトクリーム アイスキャンデ…
  4. 【新年の季語】獅子舞
  5. 【春の季語】椿
  6. 【夏の季語】クーラー
  7. 【冬の季語】クリスマスツリー
  8. 【冬の季語】室の花

おすすめ記事

  1. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  2. 呼吸するごとく雪降るヘルシンキ 細谷喨々【季語=雪(冬)】
  3. 凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男【季語=凌霄(夏)】
  4. 短日のかかるところにふとをりて 清崎敏郎【季語=短日(冬)】
  5. 【春の季語】白魚
  6. 泣きながら白鳥打てば雪がふる 松下カロ【季語=白鳥・雪(冬)】
  7. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年6 月分】
  8. 湖をこつんとのこし山眠る 松王かをり【季語=山眠る(冬)】 
  9. すきとおるそこは太鼓をたたいてとおる 阿部完市
  10. 数と俳句(一)/小滝肇

Pickup記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  2. 【書評】吉田林檎『スカラ座』(ふらんす堂、2019年)
  3. よき椅子にもたれて話す冬籠 池内たけし【季語=冬籠(冬)】
  4. 【秋の季語】臭木の花/花臭木 常山木の花
  5. 【冬の季語】冬至
  6. 【冬の季語】冬銀河
  7. 先生はいつもはるかや虚子忌来る 深見けん二【季語=虚子忌(春)】
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第42回】黒岩徳将
  9. 【春の季語】石鹸玉
  10. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
PAGE TOP