ハイクノミカタ

紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】


紅梅や凍えたる手のおきどころ

竹久夢二

画家で詩人でもあった竹久夢二の俳句。

 青鷺にかりそめならぬ別れかな

 跫音をまつ明暮や萩の花

 夕立や砂にまみれし庭草履

夢二の句にある余韻は美しいと思う。

俳句においても、夢二のもつ抒情的な魅力が失われていないところがいい。

「跫音をまつ」の句は、かの有名な『宵待草』の歌を思わせるところがなくはないが、萩の花が配されているところが、句の格をあげていると私は思う。

一段と身にこたえる、春になってぶり返す寒さ。そんな中、梅見のそぞろ歩きでもしていたのだろう。

指先に通う冷え。紅梅の紅がほつほつと、灯るように浮かんでいる。

この句、白梅では味気ない。紅梅の紅が点じられたことによって、得も言われぬ艶やかな奥行きが、句に生まれている。

それにしても、「凍えたる手のおきどころ」というのが、何とも夢二らしい。特に「おきどころ」というところ。

想い人の温もりをその手の先に求めていたのかもしれない。ふと、そんなことを想像してみたりもするのである。

日下野由季


【執筆者プロフィール】
日下野由季(ひがの・ゆき)
1977年東京生まれ。「海」編集長。第17回山本健吉評論賞、第42回俳人協会新人賞(第二句集『馥郁』)受賞。著書に句集『祈りの天』『4週間でつくるはじめてのやさしい俳句練習帖』(監修)、『春夏秋冬を楽しむ俳句歳時記』(監修)。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仔馬にも少し荷を付け時鳥 橋本鶏二【季語=時鳥(夏)】
  2. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  3. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  4. 花の幹に押しつけて居る喧嘩かな 田村木國【季語=花(春)】
  5. 大いなる梵字のもつれ穴まどひ 竹中宏【季語=穴惑(秋)】
  6. 大氷柱折りドンペリを冷やしをり 木暮陶句郎【季語=氷柱(冬)】
  7. 「ワイシャツのアイロンがけをしてほしい」夫に言われた妻の衝撃 片…
  8. 思ひ沈む父や端居のいつまでも    石島雉子郎【季語=端居(夏)…

おすすめ記事

  1. 個室のやうな明るさの冬来る 廣瀬直人【季語=冬来る(冬)】
  2. 忘れゆくはやさで淡雪が乾く 佐々木紺【季語=淡雪(春)】 
  3. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  4. 【冬の季語】立冬
  5. どんぶりに顔を埋めて暮早し 飯田冬眞【季語=暮早し(冬)】
  6. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】
  7. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  8. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさん・土肥あき子さん)
  9. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  10. 【秋の季語】秋分の日

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  2. 他人とは自分のひとり残る雪 杉浦圭祐【季語=残る雪(春)】
  3. 虹の後さづけられたる旅へ発つ 中村草田男【季語=虹(夏)】
  4. 父の日の父に甘えに来たらしき 後藤比奈夫【季語=父の日(夏)】
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【9月10日配信分】
  6. 水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫【季語=水遊(夏)】
  7. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  8. 秋日澄み樹のいろ拾ひつづけたる 井越芳子【季語=秋日(秋)】
  9. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  10. 【連載】歳時記のトリセツ(14)/四ッ谷龍さん
PAGE TOP