ハイクノミカタ

武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】


武具飾る海をへだてて離れ住み

加藤耕子


本日5月5日は「端午の節句」。日本において男児の健やかな成長を願う日であり、男児をもつ家族にとってはとても重要であり、男児にとっては楽しい節句。ちょうど女児にとっての3月3日の雛祭のようである。

それとともに5月5日は、日本における国民の祝日「こどもの日」でもある。国の祝日法によると「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日だという。

1948年に「こどもの日」を制定する際、古代中国から伝来し、かつて江戸時代から明治時代の初期まで祝日であった五節句、つまり人日(じんじつ)(1月7日)、上巳(じょうし)(3月3日)、端午(たんご)(5月5日)、七夕(たなばた)(7月7日)、重陽(ちょうよう)(9月9日)のうちの「端午の節句」、5月5日が選ばれたという。

「端午の節句」の「端午」とは、中国の古い暦の「牛」の月である5月の、「端」つまり最初の午の日という意味。

さて、その「端午の節句」はなぜ男児の祭となったのだろう。

古代中国では、季節の変わり目である節句に、病気や邪気から身を守るための行事がおこなわれていたが、特に、病気が流行りやすく死者も多いため「忌み月」と呼ばれたていた旧歴の5月の「端午の節句」には、邪気をはらうために菖蒲(しょうぶ)を飾ったり、菖蒲酒を飲んだりしていた。この風習が奈良・平安時代に日本に伝わり、健康と厄除け祈願として貴族たちの間に広まったという。

そのため、この節句は「菖蒲の節句」とも呼ばれる。江戸時代には語呂合わせで「尚武(しょうぶ)の節句」とも呼ばれ、武士の間で盛んに祝われるようになり、自然に「男児の祭」と意識されるようになったという。

これは、ちょうど、中国において上巳の(3月3日)に行われていた不浄を払う習わしに由来する、平安時代の「流し雛」が、江戸時代に「人形遊び」と結びつき、「雛祭」という「女児の祭」になった経緯と似ていて興味深い。

男児を持つ家庭では、屋外には鯉のぼりを、屋内には武者人形を飾り、柏餅やちまきを食べ、菖蒲湯に入り、男児の出世と健康を祈る。

  武具飾る海をへだてて離れ住み

〈武具飾る〉は、季語「武者人形」の傍題。句中の動作の(ぬし)は、兜や鎧を、男児のために飾っている。日本は島国であり、周りを海に囲まれているため、〈海をへだてて離れ住み〉からは、句中の動作の(ぬし)とその家族が、外国に暮らしていることがわかる。世界中どこに住んでいても変わらない、子供の健康を願う親の気持ちが伝わってくる。

「端午の節句」と「こどもの日」である今日、すべての子どもたち、そしてそのご家族のご健康とご多幸をお祈りして、良い1日を!

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


【月野ぽぽなのバックナンバー】
>>〔30〕追ふ蝶と追はれる蝶と入れ替はる   岡田由季
>>〔29〕水の地球すこしはなれて春の月   正木ゆう子
>>〔28〕さまざまの事おもひ出す桜かな    松尾芭蕉
>>〔27〕春泥を帰りて猫の深眠り        藤嶋務
>>〔26〕にはとりのかたちに春の日のひかり  西原天気
>>〔25〕卒業の歌コピー機を掠めたる    宮本佳世乃
>>〔24〕クローバーや後髪割る風となり     不破博
>>〔23〕すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱   中村晋
>>〔22〕雛飾りつゝふと命惜しきかな     星野立子
>>〔21〕冴えかへるもののひとつに夜の鼻   加藤楸邨
>>〔20〕梅咲いて庭中に青鮫が来ている    金子兜太
>>〔19〕人垣に春節の龍起ち上がる      小路紫峡 
>>〔18〕胴ぶるひして立春の犬となる     鈴木石夫 
>>〔17〕底冷えを閉じ込めてある飴細工    仲田陽子
>>〔16〕天狼やアインシュタインの世紀果つ  有馬朗人
>>〔15〕マフラーの長きが散らす宇宙塵   佐怒賀正美
>>〔14〕米国のへそのあたりの去年今年    内村恭子
>>〔13〕極月の空青々と追ふものなし     金田咲子
>>〔12〕手袋を出て母の手となりにけり     仲寒蟬
>>〔11〕南天のはやくもつけし実のあまた   中川宋淵
>>〔10〕雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ    朗善千津
>>〔9〕冬銀河旅鞄より流れ出す       坂本宮尾 
>>〔8〕火種棒まつ赤に焼けて感謝祭     陽美保子
>>〔7〕鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ  三島ゆかり
>>〔6〕とび・からす息合わせ鳴く小六月   城取信平
>>〔5〕木の中に入れば木の陰秋惜しむ     大西朋
>>〔4〕真っ白な番つがいの蝶よ秋草に    木村丹乙
>>〔3〕おなじ長さの過去と未来よ星月夜  中村加津彦
>>〔2〕一番に押す停車釦天の川     こしのゆみこ
>>〔1〕つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)…
  2. 仰向けに冬川流れ無一文 成田千空【季語=冬川(冬)】
  3. 中干しの稲に力を雲の峰 本宮哲郎【季語=雲の峰(夏)】
  4. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝ…
  5. 大根の花まで飛んでありし下駄 波多野爽波【季語=大根の花(春)】…
  6. 未草ひらく跫音淡々と 飯島晴子【季語=未草(夏)】
  7. 幼子の手の腥き春の空 飯島晴子【季語=春の空(春)】
  8. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】

おすすめ記事

  1. 飯蛸に昼の花火がぽんぽんと 大野朱香【季語=飯蛸(春)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−2】 足摺岬と松本たかし
  3. 芹と名がつく賑やかな娘が走る 中村梨々【季語=芹(春)】 
  4. ラヂオさへ黙せり寒の曇り日を 日野草城【季語=寒(冬)】
  5. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  6. 浅草をはづれはづれず酉の市 松岡ひでたか【季語=酉の市(冬)】
  7. 【春の季語】雛
  8. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  9. 髪ほどけよと秋風にささやかれ 片山由美子【季語=秋風(秋)】
  10. 胴ぶるひして立春の犬となる 鈴木石夫【季語=立春(春)】

Pickup記事

  1. 大阪の屋根に入る日や金魚玉   大橋櫻坡子【季語=金魚玉(夏)】
  2. 天体のみなしづかなる草いきれ 生駒大祐【季語=草いきれ(夏)】
  3. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第60回】 貴船と波多野爽波
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第71回】遠藤由樹子
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第76回】種谷良二
  7. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  8. すばらしい乳房だ蚊が居る 尾崎放哉【季語=蚊(夏)】
  9. 【#21】中国大連の猫
  10. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月18日配信分】
PAGE TOP