ハイクノミカタ

にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】


にはとりのかたちに春の日のひかり

西原天気


(にわとり)の句といえば、春の日和ののどかさと解放感がただよう「永き日のにはとり柵を越えにけり 芝不器男」が有名であるが、掲句に登場するのは、鶏のみ。絵画でいえばカンバスいっぱいに、カメラでいえばフレームいっぱいに、春の日の中に輝く鶏が17字いっぱいに描き出されている。

掲句を一読して、筆者の心のスクリーンに現れた鶏の色は白。調べてみるとその鶏の名はは、白色レグホーンだという。イタリアで生まれ、アメリカで改良された品種で、白い殻の卵を産む鶏として有名。世界的に最も普及していて、日本でも産卵の鶏のうち約80%がこの種類だという。そういえば故郷でも近くの農家で放し飼いにされていたり、小学校で飼育されていた。その鶏が心の中で春の光を体中に余すことなく浴びては解き放ち、まばゆいほどだ。

寒い冬が過ぎて、春の陽光を喜ぶ放し飼いの鶏。掲句にただようのんびりした気分は、夏や秋の日差し感とは違い、まさに〈春の日のひかり〉。

表記の多くがひらがながであり、それらの曲線がにわとりの体の曲線やそのやわらかさを伝える一方で、〈春の日〉にある漢字表記が春の太陽とその光を伝えるアクセントになっているのも粋だ。声に出して読んでみても、A音の明るさや、句跨りのアクセントが生む〈にはとりのかたちに/はるのひのひかり〉のリズムが心地よい。鶏と春の日の光が一句のすみずみまで満ちるそののびやかさは、野外にですくすく育つ鶏の生き生きとした姿にも通じている。

さらに、掲句の鶏は、絵画や写真とは違って動くことだってできる。鶏の動作はなく〈かたち〉とあることで、鶏の姿かたちを伝えるのはもちろんのこと、読者の心のスクリーンに現れる鶏は、行動を制限されず、読者の想像力いかんで、光を放ちながら自由にどこへでもいけるのだ。

さて、この日曜日、4月4日は復活祭(イースター)、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが三日目に復活した奇跡を記念する、キリスト教において最も重要な祭だ。この祭に欠かせないのが、染め卵またはイースターエッグ。鶏が卵の殻を破ってこの世に誕生するように、イエス・キリストも、死という殻を破ってよみがえった、という喩えから、卵は生命の始まりや復活の象徴とされている。

殻を破って生まれた鶏は卵を産み、また卵から生まれた鶏は卵を産み。。。生命は永遠に循環する。

春の日々、鶏は生命のかたちに輝いている。

「けむり」(西田書店、2011年)

月野ぽぽな


【執筆者プロフィール】
月野ぽぽな(つきの・ぽぽな)
1965年長野県生まれ。1992年より米国ニューヨーク市在住。2004年金子兜太主宰「海程」入会、2008年から終刊まで同人。2018年「海原」創刊同人。「豆の木」「青い地球」「ふらっと」同人。星の島句会代表。現代俳句協会会員。2010年第28回現代俳句新人賞、2017年第63回角川俳句賞受賞。
月野ぽぽなフェイスブック:http://www.facebook.com/PoponaTsukino


【月野ぽぽなのバックナンバー】
>>〔25〕卒業の歌コピー機を掠めたる    宮本佳世乃
>>〔24〕クローバーや後髪割る風となり     不破博
>>〔23〕すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱   中村晋
>>〔22〕雛飾りつゝふと命惜しきかな     星野立子
>>〔21〕冴えかへるもののひとつに夜の鼻   加藤楸邨
>>〔20〕梅咲いて庭中に青鮫が来ている    金子兜太
>>〔19〕人垣に春節の龍起ち上がる      小路紫峡 
>>〔18〕胴ぶるひして立春の犬となる     鈴木石夫 
>>〔17〕底冷えを閉じ込めてある飴細工    仲田陽子
>>〔16〕天狼やアインシュタインの世紀果つ  有馬朗人
>>〔15〕マフラーの長きが散らす宇宙塵   佐怒賀正美
>>〔14〕米国のへそのあたりの去年今年    内村恭子
>>〔13〕極月の空青々と追ふものなし     金田咲子
>>〔12〕手袋を出て母の手となりにけり     仲寒蟬
>>〔11〕南天のはやくもつけし実のあまた   中川宋淵
>>〔10〕雪掻きをしつつハヌカを寿ぎぬ    朗善千津
>>〔9〕冬銀河旅鞄より流れ出す       坂本宮尾 
>>〔8〕火種棒まつ赤に焼けて感謝祭     陽美保子
>>〔7〕鴨翔つてみづの輪ふたつ交はりぬ  三島ゆかり
>>〔6〕とび・からす息合わせ鳴く小六月   城取信平
>>〔5〕木の中に入れば木の陰秋惜しむ     大西朋
>>〔4〕真っ白な番つがいの蝶よ秋草に    木村丹乙
>>〔3〕おなじ長さの過去と未来よ星月夜  中村加津彦
>>〔2〕一番に押す停車釦天の川     こしのゆみこ
>>〔1〕つゆくさをちりばめここにねむりなさい 冬野虹



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. もち古りし夫婦の箸や冷奴 久保田万太郎【季語=冷奴(夏)】
  2. 卒業の歌コピー機を掠めたる 宮本佳世乃【季語=卒業(春)】
  3. 裸子の尻の青あざまてまてまて 小島健【季語=裸子(夏)】
  4. 蛇の衣傍にあり憩ひけり 高濱虚子【季語=蛇の衣(夏)】
  5. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  6. こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤…
  7. 寒卵良い学校へゆくために 岩田奎【季語=寒卵(冬)】
  8. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】

おすすめ記事

  1. 丹田に力を入れて浮いて来い 飯島晴子【季語=浮いて来い(夏)】
  2. 【冬の季語】漱石忌
  3. やつと大きい茶籠といつしよに眠らされ 飯島晴子【無季】
  4. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  5. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  6. 神保町に銀漢亭があったころ【第72回】本井英
  7. 【冬の季語】冬の日
  8. 海苔あぶる手もとも袖も美しき 瀧井孝作【季語=海苔(春)】
  9. 屋根の上に明るき空やパリの春 コンラツド・メイリ【季語=春(春)】
  10. 跳ぶ時の内股しろき蟇 能村登四郎【季語=蟇(夏)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】四月馬鹿
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【3月5日配信分】
  3. ひよんの実や昨日と違ふ風を見て   高橋安芸【季語=ひよんの実(秋)】
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年8月分】
  5. 日本の元気なころの水着かな 安里琉太【季語=水着(夏)】
  6. 【新年の季語】嫁が君
  7. 鵙の朝肋あはれにかき抱く 石田波郷【季語=鵙(秋)】
  8. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  9. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  10. 【冬の季語】息白し
PAGE TOP