ハイクノミカタ

日の遊び風の遊べる花の中 後藤比奈夫【季語=花(春)】


日の遊び風の遊べるの中

後藤比奈夫(ごとうひなお)(けん

東京の桜は、今週、あっという間に咲き進み、そろそろ盛りを超えようとしている。ほとんどの桜の名所では、(座り込んでの)花見が禁じられ、おかげで桜は覆われることのない地の上、例えば街路樹であれば石の色の上に、庭園であれば土の色の、あるいは芝の色の上に、そして水の色の上に咲いた。ときどきはベンチなどを具合よく見つけて、プルタブの音をさせている猛者もいるけれど、総じて人の姿は少なく、見えたとしてもすぐに通り過ぎ、またライトアップなども常より限られ、染井吉野っていうのはこういう色なんだなと改めて思ったりする。

みなさん、再びの花の金曜ですよ。

去年の桜は、得体の知れない数字の中で家にこもる、ほんの少し前に咲き始めた。一説に最初の非常事態宣言は、花見での蔓延を防ぐ狙いもあったとかである。いずれにしても、その去年の桜が後藤比奈夫さんの生涯最後の桜となった。

日の遊び風の遊べる花の中

句は2010年、今から十一年前に出版された第十三句集『夕映日記』より。古今、桜をあと何回見られるだろうと考えることは詩歌ならずとも、よく行われてきた。それほどに、桜の季節というものが、花に気を取られ、花に占められる期間だからであって、加えて、咲き初めから二分、三分と咲き進み、満開へと向かい、さらには散り始めた途端に崩落へ向かう花の姿の印象的なためだろう。その1サイクルをもって「桜」とされ、その間のどの瞬間も目に留めたいと人は願う。

前回の「ハイクノミカタ」で、「初花がけん二、満開が比奈夫」と個人的な偏見を申し上げたが、「初花」の代表句があるけん二さんに比べて、比奈夫さんを「満開」と考えるのは、よりご本人のイメージによる。それを言えば、けん二さんにもさきがけの鋭さというような「初花」のイメージがあるのだけれど、それに対する比奈夫さんの「満開感」のようなものが、私にそういう偏見を植え付けたのだろう。

「満開感」は、この句からもよく感じられる。句の視界に入るものは、花、日、風。そのいずれも、部分でしかない。日と風は、もちろん全部をとらえようがないし、この句の主役である「花」も、「花の中」と表されることによって、その句の外へも溢れていることを示唆している。

画面いっぱいの花の景色に、遊ぶ日、遊ぶ風。

「遊ぶ」という言葉は擬人法で、本来、人に使われる以外は、その主体が本当に遊んでいるのか、あるいは働いているのか、知りようがないという点で虚だ。例えば「蟻が遊ぶ」と言った場合も、それは(蟻にその認識の差があるかはさらに謎だけれど)蟻にとっては仕事である場合も多い。そんなふうに、ちょっと句の臨場感を落とし、作者の独りよがりにしてしまいがちな言葉だ。

けれども、この句の「遊ぶ」は、句中で登場する唯一の動詞で他との比較がないことや、「遊び」「遊べる」というリフレインに、「花の中」と空間が区切られていることなど、さまざまのことが重なって、この句の中に限っては、日と風の動きが、臨場感と調和を伴って描かれることとなるから、俳句は不思議だ。

もちろん作者にはそこまでの意図や推敲はないかもしれない。一方、それを、いとも自然に行ってしまうところこそが、比奈夫さんの満開感のなせる技なのかもしれないとも思う。

的確な観察に、すこしの遊びやはみだしを加えて、それでもなお、読む側に作者の過剰な意図を感じさせない表現は、「上品さ」などと言ってしまうと、じゃああたしゃどうすりゃいいのよという気分にもなる。でも、積み重ねる作句の先に、そんなものが待っているのかもしれないと考えるのは、また楽しくもある。

週末、桜はどこまで進むかわからないけれど、あと残り何回か考えることよりも、また一回と数えることの方が、確実なことだ。そういえば、比奈夫さんは、実験物理学の人でもあった。

名所ではない近所の桜を通り過ぎるような、確実なお花見を、是非。

 『夕映日記』(2013年)所収

阪西敦子


【阪西敦子のバックナンバー】
>>〔25〕見るうちに開き加はり初桜     深見けん二
>>〔24〕三月の又うつくしきカレンダー    下田実花
>>〔23〕雛納めせし日人形持ち歩く      千原草之
>>〔22〕九頭龍へ窓開け雛の塵払ふ      森田愛子
>>〔21〕梅の径用ありげなる人も行く    今井つる女
>>〔20〕来よ来よと梅の月ヶ瀬より電話   田畑美穂女
>>〔19〕梅ほつほつ人ごゑ遠きところより  深川正一郎
>>〔18〕藷たべてゐる子に何が好きかと問ふ  京極杞陽
>>〔17〕酒庫口のはき替え草履寒造      西山泊雲
>>〔16〕ラグビーのジヤケツの色の敵味方   福井圭児
>>〔15〕酒醸す色とは白や米その他     中井余花朗
>>〔14〕去年今年貫く棒の如きもの      高浜虚子
>>〔13〕この出遭ひこそクリスマスプレゼント 稲畑汀子
>>〔12〕蔓の先出てゐてまろし雪むぐら    野村泊月
>>〔11〕おでん屋の酒のよしあし言ひたもな  山口誓子
>>〔10〕ストーブに判をもらひに来て待てる 粟津松彩子
>>〔9〕コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る    岩垣子鹿
>>〔8〕浅草をはづれはづれず酉の市   松岡ひでたか
>>〔7〕いつまでも狐の檻に襟を立て     小泉洋一
>>〔6〕澁柿を食べさせられし口許に     山内山彦
>>〔5〕手を敷いて我も腰掛く十三夜     中村若沙
>>〔4〕火達磨となれる秋刀魚を裏返す    柴原保佳
>>〔3〕行秋や音たてて雨見えて雨      成瀬正俊
>>〔2〕クッキーと林檎が好きでデザイナー  千原草之
>>〔1〕やゝ寒し閏遅れの今日の月      松藤夏山


【執筆者プロフィール】
阪西敦子(さかにし・あつこ)
1977年、逗子生まれ。84年、祖母の勧めで七歳より作句、『ホトトギス』児童・生徒の部投句、2008年より同人。1995年より俳誌『円虹』所属。日本伝統俳句協会会員。2010年第21回同新人賞受賞。アンソロジー『天の川銀河発電所』『俳コレ』入集、共著に『ホトトギスの俳人101』など。松山市俳句甲子園審査員、江東区小中学校俳句大会、『100年俳句計画』内「100年投句計画」など選者。句集『金魚』を製作中。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ 河野多希女【季語=春の雪(春)】
  2. 月光に夜離れはじまる式部の実 保坂敏子【季語=式部の実(秋)】
  3. 伊太利の毛布と聞けば寝つかれず 星野高士【季語=毛布(冬)】
  4. 八月の灼ける巌を見上ぐれば絶倫といふ明るき寂寥 前登志夫【季語=…
  5. 白萩を押してゆく身のぬくさかな 飯島晴子【季語=白萩(秋)】
  6. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  7. はなびらの垂れて静かや花菖蒲 高浜虚子【季語=花菖蒲(夏)】
  8. 秋・紅茶・鳥はきよとんと幸福に 上田信治【季語=秋(秋)】

おすすめ記事

  1. 梅ほつほつ人ごゑ遠きところより 深川正一郎【季語=梅 (春)】
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー
  3. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  4. 車椅子はもとより淋し十三夜 成瀬正俊【季語=十三夜(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第47回】吉田千嘉子
  6. 【春の季語】桜
  7. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  8. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】
  9. 【第3回】墓参り吟行/ローゼン千津
  10. 【春の季語】黄水仙

Pickup記事

  1. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  2. 虫籠は死んだら次の虫が来る  北大路翼【季語=虫籠(秋)】
  3. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】
  4. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  5. いつの間に昼の月出て冬の空 内藤鳴雪【季語=冬の空(冬)】
  6. 【冬の季語】十二月
  7. 老人がフランス映画に消えてゆく 石部明
  8. 暮るるほど湖みえてくる白露かな 根岸善雄【季語=白露(秋)】
  9. 昨日より今日明るしと雪を掻く 木村敏男【季語=雪を掻く(冬)】
  10. 四月馬鹿ならず子に恋告げらるる 山田弘子【季語=四月馬鹿(春)】
PAGE TOP