ハイクノミカタ

けさ秋の一帆生みぬ中の海 原石鼎【季語=今朝秋(秋)】


けさ秋の一帆生みぬ中の海

原石鼎


「お盆は海に入ったらだめだよ。霊にひっぱられるからね」という迷信を聞いたことのある人は少なくないだろう。わたしも幼いころ耳にしたことがあり、そのときは「大事な伝統行事の日に遊びに行くような人間は、気ままな性格ゆえにうっかり事故にも遭いやすい」といった意味に捉えていた。

けれども近年、夏のあいだじゅう海でおよぐようになって、まことに遅ればせながらこの迷信の真の意味を理解するに至った。

ひとことでいうと8月15日ごろを境に波の性質がはっきりと変わる。土用波と離岸流が多発するためだ。泳いでいると、あれよあれよという間に岸から遠ざかってしまい、それがもう気味悪いったらありゃしない。ニースもちょうど8月15日を境に波が変わり、その3日後、いきなり溺れた。無事に救助されたものの、夜になっても動悸と恐怖がおさまらず、翌朝めざめると、とうに完治したように見えていたチンクイに刺された跡が復活していて、身体中ミミズ腫れになっていた。わたしはエビアレルギーで、もともと炎症反応が派手に出るのだけど、それにしても溺れるとこんなに免疫力が落ちるものなんだとつくづく驚愕してしまった。

 けさ秋の一帆生みぬ中の海  原石鼎

句集『花影』の「海岸篇」より。海は海でもこちらは外海ではなく島根半島の宍道湖中海だ。秋立つ日の海が生んだ、風はらむ白帆。この美しくもなんてことない写生が座五においてあっと驚く佳句に変わるのは「中の海」という語の非凡な風情による。「一帆生みぬ」の音と景が織りなすはつらつとした真新しさもいい。そしてなにより上五・中七・下五が並んだときの韻律の押し引き・上がり下がりの感覚が見事だ。

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔46〕おやすみ
>>〔45〕藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
>>〔44〕カルーセル一曲分の夏日陰        鳥井雪
>>〔43〕ひと魂でゆく気散じや夏の原     葛飾北斎
>>〔42〕海底に足跡のあるいい天気   『誹風柳多留』
>>〔41〕ひまわりと俺たちなんだか美男子なり  谷佳紀
>>〔40〕かけろふやくだけて物を思ふ猫      論派
>>〔39〕木琴のきこゆる風も罌粟畠       岩田潔
>>〔38〕蟭螟の羽ばたきに空うごきけり    岡田一実
>>〔37〕1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章

>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 恋の刻急げ アリスの兎もぐもぐもぐ 中村憲子【季語=兎(冬)】
  2. 古きよき俳句を読めり寝正月 田中裕明【季語=寝正月(新年)】
  3. 休みの日晝まで霜を見てゐたり 永田耕衣【季語=霜(冬)】
  4. 雲の中瀧かゞやきて音もなし 山口青邨【季語=瀧(夏)】
  5. 杜甫にして余寒の詩句ありなつかしき 森澄雄【季語=余寒(春)】
  6. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花…
  7. 筍の光放つてむかれけり 渡辺水巴【季語=筍(夏)】
  8. 砂浜の無数の笑窪鳥交る 鍵和田秞子【季語=鳥交る(春)】 

おすすめ記事

  1. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  2. 【冬の季語】梅探る
  3. 肩へはねて襟巻の端日に長し 原石鼎【季語=襟巻(冬)】
  4. 本の背は金の文字押し胡麻の花 田中裕明【季語=胡麻の花(夏)】
  5. 【冬の季語】雪達磨
  6. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  7. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  8. 江の島の賑やかな日の仔猫かな 遠藤由樹子【季語=仔猫(春)】
  9. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  10. 【連載】俳人のホンダナ!#7 矢野玲奈

Pickup記事

  1. 底冷えを閉じ込めてある飴細工 仲田陽子【季語=底冷(冬)】
  2. 【春の季語】大試験
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2024年3・4月分】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第90回】矢野春行士
  5. 胸の炎のボレロは雪をもて消さむ 文挾夫佐恵【季語=雪(冬)】
  6. 初鰹黒潮を来し尾の緊まり 今瀬一博【季語=初鰹(夏)】
  7. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第10回】
  8. 【冬の季語】冬薔薇
  9. 【連載】歳時記のトリセツ(4)/中西亮太さん
  10. 【春の季語】木の根明く
PAGE TOP