ハイクノミカタ

藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄


藍を着古し

棚田の

父祖の

翳となる

上田玄


寺山修司に、日本人を呪縛する封建主義についてのこんな文章があります。

「家」は、その本質としては、土地への反喩である。土地は不滅だが、家族は交換可能だからである。

だが、土地と人とを結びつける呪的因果律として「家」をとらえようとして、前近代の悲劇はくりかえされてきた。

生きかわり死にかわりして打つ田かな

という村上鬼城の一句に見出されるような宿命思考は、土地を媒体にして、血縁関係を永続化しようとする企らみである。(寺山修司「歌と望郷ー石川啄木」)

ところで、さいきん上田玄『暗夜口碑』をひらき、次の句に出会ったんです。

藍を着古し

棚田の

父祖の

翳となる    上田玄

この句に、風土に対する宿命論的承認や敗北主義的心性を嗅ぎとるのは不可能ではありません。けれどもわたしは「藍を着古し」という描写に、むしろ短歌でおなじみの、よれよれのコートないし外套が担う演劇性(*1)を感じました。というのは他でもない、『暗夜口碑』を一読する限り、上田氏の描く家族には寺山修司的な虚構性が濃いんですよ。で、そこから掲句の着古した藍とは土地への服従を表す衣装ではなく、異国ないし異界とつながるための明確な道具立てではないかと考えたわけです。「父祖の翳」という表現も作劇効果が明白。棚田に佇む作中人物のすがたに、こんな短歌が思い出されたりもしました。

激動の昭和を送る遠空に死霊を負ひて去らぬ鳥たち  富小路禎子

(*1) 「異国ないし異界とつながる」コートないし外套、例歌2首。

外套のままのひる寝にあらわれて父よりほかの霊と思えず  寺山修司

あおぞらにトレンチコート羽撃けよ寺山修司さびしきかもめ  福島泰樹

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔44〕カルーセル一曲分の夏日陰        鳥井雪
>>〔43〕ひと魂でゆく気散じや夏の原     葛飾北斎
>>〔42〕海底に足跡のあるいい天気   『誹風柳多留』
>>〔41〕ひまわりと俺たちなんだか美男子なり  谷佳紀
>>〔40〕かけろふやくだけて物を思ふ猫      論派
>>〔39〕木琴のきこゆる風も罌粟畠       岩田潔
>>〔38〕蟭螟の羽ばたきに空うごきけり    岡田一実
>>〔37〕1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章

>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 田に人のゐるやすらぎに春の雲 宇佐美魚目【季語=春の雲(春)】
  2. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  3. 隠岐やいま木の芽をかこむ怒濤かな 加藤楸邨【季語=木の芽(春)】…
  4. 行く雁を見てゐる肩に手を置かれ 市村不先【季語=行く雁(春)】
  5. 後輩の女おでんに泣きじゃくる 加藤又三郎【季語=おでん(冬)】
  6. なんぼでも御代りしよし敗戦日 堀本裕樹【季語=敗戦日(秋)】
  7. 雛まつり杉の迅さのくらやみ川 飯島晴子【季語=雛祭(春)】
  8. メロン食ふたちまち湖を作りつつ 鈴木総史【季語=メロン(夏)】

おすすめ記事

  1. 【夏の季語】紫陽花
  2. 啄木鳥や落葉をいそぐ牧の木々 水原秋櫻子【季語=啄木鳥(秋)】
  3. わが恋人涼しチョークの粉がこぼれ 友岡子郷【季語=涼し(夏)】
  4. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  5. 生前の長湯の母を待つ暮春 三橋敏雄【季語=暮春(春)】
  6. 鍋物に火のまはり来し時雨かな 鈴木真砂女【季語=時雨(冬)】
  7. 鳥の恋いま白髪となる途中 鳥居真里子【季語=鳥の恋(春)】
  8. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  9. 神保町に銀漢亭があったころ【第30回】今泉礼奈
  10. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第91回】北大路翼
  2. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  3. 背広よりニットに移す赤い羽根 野中亮介【季語=赤い羽根(秋)】
  4. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  5. 非常口に緑の男いつも逃げ 田川飛旅子【季語=緑(夏)?】
  6. 【冬の季語】冬帽子
  7. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第63回】 摂津と桂信子
  8. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  9. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】
  10. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(1)
PAGE TOP