ハイクノミカタ

くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり 田中裕明【季語=茅の輪(夏)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

くらき瀧茅の輪の奥に落ちにけり

田中裕明


夏越の祓は、陰暦六月三十日に行うものだが、陽暦で行なっている神社も散見される

形代や茅の輪を潜る際に唱える「宮川の清き流れにみそぎせば祈れることの叶わぬはなし」(詠み人知らず)、あるいは大祓の起源とされる神話などから禊と水の深い関わりは承知していたが、動画の説明を見て、なるほど茅の輪は池に入って瀧に打たれる禊の様子を表現していたのかと驚かされた。

「くらき瀧」が実景なのだとしたら、どこの神社なのだろう。あるいは、茅の輪が瀧を模していると考えれば、「くらき瀧」は潜りながら思い浮かべた想念の「瀧」と読めないこともない。

しかし、私としてはこのどちらなのかを検討するというのは、読む上でそれほど重要な観点と思えない。いずれにしても「くらき瀧」という措辞は過分に主観的な把握であるのだし、「くらき瀧」と句にある通りの「瀧」で読めば良いように思う。はっきりと見えているのではない「くらき瀧」を「落ちにけり」と認識して写生しているのだから、そのくらいの手触りで読めばいいのである。

祓とは本来確かに仄暗い行為であるから、「くらき瀧」の認識の仄暗さにはとても納得がいく。「茅の輪」の円と「瀧」の縦の構図の中で、「けり」を伴って中心的に写生されているのは「瀧」であるのだが、その「くらき瀧」は無論「茅の輪」と関わって認識されているのであり、「くらき瀧」と「茅の輪」とはどちらかが句の中心というのではなく、不可分な一つの景であるように思う。

夏越の祓の同日に残り半年の無病息災を祈念して食される和菓子に「水無月」というのがある。小豆は古くは邪気をはらい、三角の形は氷を表しているらしい。

私が「水無月」を初めて食べたのは、茶道部の部長をやっていた高校三年生の頃だった。梅雨時期のじめじめとした和室の茶会で、先生は「三角形は魔除けや厄除けの意味で使われる」と仰られた。その後、大学の琉歌の授業で「地天どよみかち孵る一日や事々くとぅぐとぅく生物に取らすたまし」の「孵る」(すでる)という動詞とその思想についての諸々を聞いたような覚えがあるのだが、その時、歌舞伎や能の「鱗模様」の衣装、幽霊の三角巾(「天冠」というらしい)が蛇の鱗に由来していることを聞いたような気がする。その記憶は怪しいが、しかしどうやら研究もあるようで、今となっては「孵る」の講義をもう少し真面目に聴いて覚えておくべきだったと後悔している。

魔除けや厄除けとしての三角形、歌舞伎や能における女性の亡霊や怨霊が羽織る三角の模様。

とかなんとか、そんなことを考えながら、昨日は東京ゲゲゲイのラストツアー「 KIRAKIRA 1PAGE 」を観ていた。あんなにかっこいいのはアラバキのステージで神がかっていた志磨遼平以来だった。

安里琉太


【東京ゲゲゲイのパフォーマンスはこちら↓】


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔39〕水遊とはだんだんに濡れること 後藤比奈夫
>>〔38〕ぐじやぐじやのおじやなんどを朝餉とし何で残生が美しからう 齋藤史
>>〔37〕無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子
>>〔36〕麦よ死は黄一色と思いこむ    宇多喜代子
>>〔35〕馬の背中は喪失的にうつくしい作文だった。 石松佳
>>〔34〕黒き魚ひそみをりとふこの井戸のつめたき水を夏は汲むかも 高野公彦
>>〔33〕露地裏を夜汽車と思ふ金魚かな  攝津幸彦
>>〔32〕プラタナス夜もみどりなる夏は来ぬ 石田波郷
>>〔31〕いけにえにフリルがあって恥ずかしい 暮田真名
>>〔30〕切腹をしたことがない腹を撫で   土橋螢
>>〔29〕蟲鳥のくるしき春を不爲     高橋睦郎
>>〔28〕春山もこめて温泉の国造り    高濱虚子
>>〔27〕毛皮はぐ日中桜満開に      佐藤鬼房
>>〔26〕あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
>>〔25〕鉛筆一本田川に流れ春休み     森澄雄
>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女

>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 茎石に煤をもれ来る霰かな 山本村家【季語=茎石(冬)】
  2. 颱風の去つて玄界灘の月 中村吉右衛門【季語=颱風・月(秋)】
  3. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  4. 田螺容れるほどに洗面器が古りし 加倉井秋を【季語=田螺(春)】
  5. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  6. サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓【季語=サイネリア(…
  7. 象潟や蕎麦にたつぷり菊の花 守屋明俊【季語=菊(秋)】
  8. 天狼やアインシュタインの世紀果つ 有馬朗人【季語=天狼(冬)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP