ハイクノミカタ

切腹をしたことがない腹を撫で 土橋螢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

切腹をしたことがない腹を撫で

土橋螢


ぽつねんと腹を撫でている姿を想像すると、なんだかかわいくも思えるし、少しだけ哀愁を帯びているようにも思える。

戦後しばらく経って、切腹という死に方を選んだ人はどれくらいいたのだろう。すぐに思い浮かぶのは三島由紀夫くらいであるが、他にいるのだろうか。

三島の死がそうであったように、また鷗外の『阿部一族』等を思っても良いが、切腹は単なる自決の一方法というより、その人の死生観や思想と膠着した、その人にとっての名誉ある自決の様式とされる。現代において、切腹という死に方の様式を選択する人がほぼほぼ皆無なのは、少なからず死生観の変容とも関わっているだろう。死に方よりも老い方に関心が集まるようになったのかもしれない。

現代における切腹の縁遠さを念頭に置いた時、大義やら道やらを持たずに生きている自分を思い返して、そういう感慨で「腹を撫で」ているとも読める。あるいは、切腹という様式の重みにそれほど強い理解を置かない人を作中の人物と想定すれば、もう少しドライに、そういえば切腹をしたことがないなぁくらいの感慨でも読める。その場合、「腹を撫で」は何故だかなんとなく試しに撫でているくらいのことなのかもしれない。存外、こちらの方が「何故だかなんとなく」自ずと撫でてしまったようで、感情にエアポケットがあるように思われて、作中の人物の感情が複雑に見えて来る。その点でこちらの読みを選択し、推したい読者はいそうである。

この句の時代の想定を現代ではないと考えれば、また話は変わって来る。武士などの大義や道の只中を進んでいるはずの者が「切腹をしたことがない腹を撫で」ていると考えると(農工商の場合は「切腹をすることはない腹を撫で」とかになりそうだ)、切実になって来る。

そもそも、この句にはちょっと変なところがある。「切腹をしたことがある腹」は、大方死んでしまって撫でられない。名誉ある切腹に心して臨んだ人間をわざわざ助け、医療を施して存命させるということはあることなのだろうか。そうやって助けることはたぶん本人の意志から逸れるだろうし、そうやって生き残ることは死に遅れたことにもなる。「切腹をしたことがある腹を撫で」を想定すると、そういう変な感じが思われる。

否定表現の効果によって、否定したことが強調されてくるということがある。加えて、否定表現を用いた時、その対にあるテーゼの存在も少なからず同時に意識の中に起こされる。それは例えば、「ひきだしに海を映さぬサングラス 神野紗希」の、「海を映さぬサングラス」のもう一方に「海を映すサングラス」の存在が思わされるという具合である。

安里琉太


【執筆者プロフィール】
安里琉太(あさと・りゅうた)
1994年沖縄県生まれ。「銀化」「群青」「」同人。句集に『式日』(左右社・2020年)。 同書により、第44回俳人協会新人賞


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓



安里琉太のバックナンバー】

>>〔29〕蟲鳥のくるしき春を不爲     高橋睦郎
>>〔28〕春山もこめて温泉の国造り    高濱虚子
>>〔27〕毛皮はぐ日中桜満開に      佐藤鬼房
>>〔26〕あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷
>>〔25〕鉛筆一本田川に流れ春休み     森澄雄
>>〔24〕ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒
>>〔23〕厨房に貝があるくよ雛祭    秋元不死男
>>〔22〕橘や蒼きうるふの二月尽     三橋敏雄
>>〔21〕詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女
>>〔20〕やがてわが真中を通る雪解川  正木ゆう子
>>〔19〕春を待つこころに鳥がゐて動く  八田木枯
>>〔18〕あっ、ビデオになってた、って君の声の短い動画だ、海の 千種創一
>>〔17〕しんしんと寒さがたのし歩みゆく 星野立子
>>〔16〕かなしきかな性病院の煙出   鈴木六林男
>>〔15〕こういうひとも長渕剛を聴くのかと勉強になるすごい音漏れ 斉藤斎藤
>>〔14〕初夢にドームがありぬあとは忘れ 加倉井秋を
>>〔13〕氷上の暮色ひしめく風の中    廣瀬直人
>>〔12〕旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子
>>〔11〕休みの日晝まで霜を見てゐたり  永田耕衣

>>〔10〕目薬の看板の目はどちらの目 古今亭志ん生
>>〔9〕こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
>>〔8〕短日のかかるところにふとをりて  清崎敏郎
>>〔7〕GAFA世界わがバ美肉のウマ逃げよ  関悦史
>>〔6〕生きるの大好き冬のはじめが春に似て 池田澄子
>>〔5〕青年鹿を愛せり嵐の斜面にて  金子兜太
>>〔4〕ここまでは来たよとモアイ置いていく 大川博幸
>>〔3〕昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎
>>〔2〕魚卵たべ九月些か悔いありぬ  八田木枯
>>〔1〕松風や俎に置く落霜紅      森澄雄


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. あたゝかな雨が降るなり枯葎 正岡子規【季語=あたたか(春)?】
  2. 鳥の巣に鳥が入つてゆくところ 波多野爽波【季語=鳥の巣(春)】
  3. 春の水とは濡れてゐるみづのこと 長谷川櫂【季語=春の水(春)】
  4. 水鏡してあぢさゐのけふの色 上田五千石【季語=あぢさゐ(夏)】
  5. 春ショール靡きやすくて恋ごこち 檜紀代【季語=春ショール(春)】…
  6. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
  7. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  8. 天高し男をおいてゆく女 山口昭男【季語=天高し(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP