ハイクノミカタ

人妻ぞいそぎんちやくに指入れて 小澤實【季語=磯巾着(春)】


人妻ぞいそぎんちやくに指入れて

小澤實
(『瞬間』)

磯の花といわれる磯巾着。春になると色鮮やかな触角を菊の花のように開く。人の本能なのか、どうしても指を入れたくなる。子供の頃、磯巾着に指を入れると指の肉が溶けて骨だけになってしまうので、絶対に入れてはいけないと言われた。綺麗だけども触れてはいけない花、しかも骨を持たない変な生き物、怖いけれども憧れる存在であった。

怖い物知らずの姉は、磯巾着に指を入れて遊んでいた。姉が指を入れると磯巾着は、触手を閉じて縮こまる。「なんか気持ちいいよ」と姉は言ったが、私は泣きながら叫んだ「指が骨になっちゃうよ」と。姉は磯辺に咲く磯巾着の全てに指を入れて赤い花を萎ませていた。

人は、触れれば反応するものが好きだ。例えばオジギソウは、触れると葉が閉じる。園芸種として人気の高い植物だ。私も見かけると触れて反応を楽しんでしまう。またハエトリソウは食虫植物だが、触れると刺のある二枚貝のような葉を閉じる。時には生け捕りにした蠅を落とし、葉の中に閉じ込められてゆく蠅を眺めた。

何かに包み込まれたいという願望は、誰しもあるだろう。宮本輝の小説『泥の河』では、宿船で暮らす美少女の銀子が米びつに両手をつっこんで「ぬくいで」と言うシーンが印象的である。母親が宿船にて売春をしており、貧しく寂しい時間を過ごす銀子にとって、米びつの中の米に両手を包み込まれることは贅沢な安らぎだったのであろう。いつかは母親と同じように客を取る運命にあるのだが、米びつで暖をとろうとする少女の幼さが切ない。自分の手を米に埋め、米によって手が包まれることに暖かさを見いだす行為は、母胎回帰を求める本能のように思われた。

人妻ぞいそぎんちやくに指入れて
小澤實

エロスの句として人気の高い当該句。磯巾着に指を入れたのは、人妻なのか自分なのか。〈人妻ぞ〉の〈ぞ〉が厄介である。磯巾着は、女性器のメタファーなのかどうなのか。この危うさが名句の所以である。

鍵和田秞子の句〈人妻の蝌蚪いぢめたき真昼時〉では、蝌蚪をいじめているのは、〈人妻〉である自分だ。人妻になっても蝌蚪の黒い群れに手を入れたり、逃げ惑う蝌蚪の尻尾をつまんでみたりしたのだろう。蝌蚪の形状やぬめりとした感触を思うと、少女のような無邪気さの中に秘めたエロスを感じさせる句である。

〈いそぎんちやく〉の句は、指を入れたのは自分であろう。そして、〈人妻〉は憧れている女性だ。〈人妻〉という言葉が甘美な響きを持つのは、触れてはいけない花だからである。磯巾着の揺らめく触手の真中にある穴。指を入れたら、吸い込まれてしまう。柔らかな触手が自分の指を覆い、骨を持たない肉が指を締め付けてくる。母胎に帰ったような陶酔に浸ることができる。だが、気が付けば、指は溶かされ骨までも浸食されてしまうかもしれない。

人妻も磯巾着も触れてはいけない花なのだ。指の一本も失う覚悟で恐る恐る入れた人差し指。最後には、指だけでなく身体ごと引きずり込まれ、暖かな触手に揉まれて抜け殻となるのだ。それでも包み込まれてみたい。怖い物知らずの人だけが磯巾着に締め付けられた時の陶酔を知ることが出来る。

篠崎央子


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】

>>〔42〕春ショール靡きやすくて恋ごこち   檜紀代
>>〔41〕サイネリア待つといふこときらきらす 鎌倉佐弓
>〔40〕さくら貝黙うつくしく恋しあふ   仙田洋子
>〔39〕椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子
>〔38〕沈丁や夜でなければ逢へぬひと  五所平之助
>〔37〕薄氷の筥の中なる逢瀬かな     大木孝子
>〔36〕東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜
>〔35〕永き日や相触れし手は触れしまま  日野草城
>〔34〕鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし    三橋鷹女
>〔33〕毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子
>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵

>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 竹秋や男と女畳拭く 飯島晴子【季語=竹秋(春)】
  2. 永遠に下る九月の明るい坂 今井聖【季語=九月(秋)】
  3. 霜柱五分その下の固き土 田尾紅葉子【季語=霜柱(冬)】
  4. 秋の風互に人を怖れけり 永田青嵐【季語=秋の風(秋)】
  5. 留守の家の金魚に部屋の灯を残し 稲畑汀子【季語=金魚(夏)】
  6. 父の日やある決意してタイ結ぶ 清水凡亭【季語=父の日(夏)】
  7. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  8. 羅や人悲します恋をして鈴木真砂女【季語=羅(夏)】

おすすめ記事

  1. 流しさうめん池田澄子を逃れくる 水内慶太【季語=冷素麺(夏)】
  2. 【春の季語】雛あられ
  3. 雪の速さで降りてゆくエレベーター 正木ゆう子【季語=雪(冬)】
  4. 【秋の季語】八月
  5. 桜蘂ふる一生が見えてきて 岡本眸【季語=桜蘂ふる(春)】
  6. 【冬の季語】寒の内
  7. 鳥屋の窓四方に展けし花すゝき     丹治蕪人【季語=花すゝき(秋)】
  8. コーヒーに誘ふ人あり銀杏散る 岩垣子鹿【季語=銀杏散る(冬)】
  9. ストーブに貌が崩れていくやうな 岩淵喜代子【季語=ストーブ(冬)】
  10. 夾竹桃くらくなるまで語りけり 赤星水竹居【季語=夾竹桃(夏)】

Pickup記事

  1. 【第10回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:西生ゆかりさん)
  2. 【新年の季語】どんど焼
  3. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  4. 運動会静かな廊下歩きをり 岡田由季【季語=運動会(秋)】
  5. ごーやーちゃんぷるーときどき人が泣く 池田澄子【季語=ゴーヤー(夏)】
  6. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第86回】有澤志峯
  8. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  9. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  10. 【冬の季語】冬の蝶
PAGE TOP