ハイクノミカタ

杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】


杜鵑草遠流は恋の咎として

谷中隆子
『くれなゐに』


恋の罪の代償として遠流の刑を受けた男というと、誰を思い出すであろうか。『伊勢物語』の在原業平、『源氏物語』の光の君…。それとも渡辺淳一の小説『愛の流刑地』を思い出すだろうか(遠流では済まない罪だが…)。

『伊勢物語』の主人公在原業平は、平城天皇の孫で和歌の上手いプレーボーイ。老女であろうが田舎女であろうが来る者は拒まずという女性に優しい男である。そんな男も危険を顧みない恋をしたことがあった。相手は、清和天皇女御でのちに皇太后となった藤原高子。その高子は、入内する前、業平と恋人関係にあった。入内が決まってからも業平が忍んで逢いに行き、さらには攫って逃げようとした。高子の兄達によって阻止されたが、藤原家の怒りを買ったため、自ら東国へ下ることとなった。と『伊勢物語』には描かれている。一方で、業平が仕えていた惟喬親王が藤原家との権力争いに負け帝位につけなかったことも東下りの一因のように匂わせている。

『源氏物語』も似たような経緯で須磨明石の巻が始まる。東宮(後の朱雀帝)の女御として入内する予定だった朧月夜の君は、光の君にとっては政敵の娘。義理の母である藤壺の女御を忘れられず苦悩する光の君と偶然出逢い、恋に落ちる。東宮の婚約者ともいうべき高貴な女性に手を出した以上、何らかの責任をとるべきであったが、光の君は藤壺の女御に似た紫の上と結婚してしまう。結果、政敵の怒りを買い須磨流しとなる。

いわゆる貴種流離譚といわれる話形のなかで私の好きな物語は、『古事記』の衣通姫伝説である。允恭天皇の子である木梨軽皇子は、同母妹の衣通姫と恋をしてしまう。当時は異母兄妹であれば婚姻も認められていたが、同じ母を持つ兄妹が情を交わすことは禁忌であった。本来であれば帝の長子である木梨軽皇子は、帝崩御後に即位するはずであったが…。同母妹である衣通姫との恋が露見され支持率が下がり、弟の穴穂皇子との戦に負け、伊予へ流罪となった。

上記の物語は、いずれも恋の咎により遠流となるが、その背景には政治的失脚がある。以前の私は、イケメン貴公子が政治的失脚により遠流では、物語として格好が悪いので、禁忌の恋をしたが故に追放されたことにしたのであろう…と思っていた。

だが、実は違うのではないか。これらの物語は、恋というものが罪であることを語っているのではないか。恋をする者は秩序を乱す。恋をする者に、世の中の法律とか倫理は通用しない。この世の支配者もしくは共同体〈社会〉にとって恋とは、秩序を壊す無秩序な存在なのである。支配者及び共同体は、世の秩序を保つために、恋を管理しなければならなかった。この世である〈社会〉が認めた恋以外の恋をすれば社会的に抹殺されるという倫理観を作らねばならなかった。社会的に抹殺とは、存在の死であり、もしくは死そのものであった。それを物語化したのが、上記にあげた古代の物語。それは、日本文学の支流として今も受け継がれている。恋の罪を犯せば、流刑という社会的抹殺が待っていることを古代の物語は語っているのだ。

恋とは、古代より今に至るまで〈社会〉によって管理されている。自由主義のこの時代ですら、恋は自由ではないのである。ひと昔前は、社内恋愛禁止の会社も多く存在した。今でもアイドルは恋愛が禁止されている。それは恋という感情が、社会のシステムを壊すからである。我々は〈社会〉によって決められた恋愛しかできないように操作されているのである。

確かに、恋は人を狂わせる。恋という感情によって起きた事件は多く、時には戦だって起きてしまうのだから。国が滅ぶことだってあり得る。だが禁じられた恋ほど甘い匂いのするものはない。

 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子

杜鵑草は、別名「油点花」。花には血痕のような赤い斑点がある。恋をすれば己も相手も傷つき血を流す。他人を傷つけることもあるだろう。だが、社会的抹殺をも恐れぬ恋、あるいは死をも恐れぬ恋というのは、なんとも美しい幻想を抱かせる。恋に制約があるのも、その制約を破る恋ができるのも人間だけに与えられた特権なのだから。

篠崎央子


→→→ 谷中隆子さんが主宰する「藍花」編集長のインタビューはこちらから(「ハイシノミカタ」【第5回】)


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


【篠崎央子のバックナンバー】
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 膝枕ちと汗ばみし残暑かな 桂米朝【季語=残暑(秋)】
  2. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  3. 木の根明く仔牛らに灯のひとつづつ 陽美保子【季語=木の根明く(春…
  4. また次の薪を火が抱き星月夜 吉田哲二【季語=星月夜(秋)】
  5. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月…
  6. 雛節句一夜過ぎ早や二
  7. 海鼠切りもとの形に寄せてある 小原啄葉【季語=海鼠(冬)】
  8. 敷物のやうな犬ゐる海の家 岡田由季【季語=海の家(夏)】

おすすめ記事

  1. さて、どちらへ行かう風がふく 山頭火
  2. あたゝかき十一月もすみにけり 中村草田男【季語=十一月(冬)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  4. 白菜かかへみやこのなかは曇なり 飯島晴子【季語=白菜(冬)】
  5. 花ミモザ帽子を買ふと言ひ出しぬ 星野麥丘人【季語=花ミモザ(春)】
  6. 麦よ死は黄一色と思いこむ 宇多喜代子(無季)
  7. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  8. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)
  9. 泥に降る雪うつくしや泥になる 小川軽舟【季語=雪(冬)】
  10. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】

Pickup記事

  1. 【イベントのご案内】第8回 千両千両井月さんまつり 【終了しました】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第128回】井越芳子
  3. 【春の季語】桜蘂降る
  4. ワイシャツに付けり蝗の分泌液 茨木和生【季語=蝗(秋)】
  5. 後の月瑞穂の国の夜なりけり 村上鬼城【季語=後の月(秋)】
  6. 梅咲いて庭中に青鮫が来ている 金子兜太【季語=梅(春)】
  7. 大寒の一戸もかくれなき故郷 飯田龍太【季語=大寒(冬)】
  8. 【秋の季語】カンナ/花カンナ
  9. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  10. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
PAGE TOP