谷中隆子

  1. 杜鵑草遠流は恋の咎として 谷中隆子【季語=杜鵑草(秋)】

    杜鵑草遠流は恋の咎として谷中隆子(『くれなゐに』)恋の罪の代償として遠流の刑を受けた男というと、誰を思い出すであろうか。『伊勢物語』の在原業平、『源氏物語』の光の君…。それとも渡辺淳一の小説『愛の流…

  2. ハイシノミカタ【#5】「藍花」(川合牛蒡編集長)

    【俳誌ロングインタビュー】ハイシノミカタ【#5】『藍花』主宰=谷中隆子・副主宰=大…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP