ハイクノミカタ

毒舌は健在バレンタインデー 古賀まり子【季語=バレンタインデー(春)】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

毒舌は健在バレンタインデー

古賀まり子
『源流


 会えばお互い毒舌を交わし合っているのだが、実は仲良しという間柄の異性は、生涯に一人はいるであろう。軽口を叩く仲とでもいうのだろうか。特に幼い頃の恋は、会えば喧嘩ばかりしているのだが、それが何とも心地良い時間となる。素直になれないので、相手の気を引くために「バカ」と言ってみたり「アホ」と言い返したり。喧嘩というよりは、じゃれ合っているという感じか。

 小学生の頃、よく一緒に木登りをしたりチャンバラ遊びをしたりする男の子がいた。お転婆な私は、女の子と人形遊びをするよりは、彼と外で泥だらけになって遊ぶ方が楽しかった。気の合う二人ではあったが、彼は、成績優秀にしてスポーツ万能のイケメン、対して私は、成績不良の少し鈍くさい女の子。だが、魚釣りや茸狩りは彼よりも得意であった。そんなことから教室では、彼は私を「バカ」とか「ドジ」とか言うが、放課後になると私が彼を「下手くそ」とか「ダメな奴」とか罵る。そうかと思うと、彼は私の宿題を手伝ってくれたり、私も彼に魚の釣れる場所をこっそり教えたりもした。悪口を交わし合いながらも一緒に居て楽しい相手であった。

 小学校の卒業間際、中学校の制服の試着会があった。学ランを着た彼を正直格好良いと思ったが「似合わない」と言ってしまう。彼もまた「お前こそ泥だらけの体操服の方がお似合いだ」と言う。おさげをしてスカート姿の私が彼の目にどう映ったのか、真意は分からないままである。彼とは、中学生になってからは話をすることもなくなってしまった。

 幼き恋に限らず、お互いに素直になれないまま恋を育んでゆく物語は、世の中に沢山あるだろう。

 大和和紀の漫画『はいからさんが通る』もまた、性格も境遇も違う許嫁の二人の軽妙なやり取りが面白い。ヒロインの紅緒は、士族出身の父親に剣道を教えられて育った大正時代のハイカラガール。許嫁の伊集院忍は、伯爵家の御曹司でイケメンのエリート軍人。じゃじゃ馬娘の紅緒は、忍に惹かれつつも素直になれず反抗的な態度を取る。忍もまた、破天荒な言動を繰り返す紅緒の健気な一面を知り惹かれるが、愛しさ故にからかってしまう。

 紅緒との衝撃的なお見合いの翌日、忍は美しき令嬢環(たまき)に誘われて散歩に出かける。花屋にて紅花を見かけ、紅緒を思い出す。環との会話を中断して紅緒に花を贈る手配をする忍。これは脈有りと思いきや、紅緒は自宅に届けられた紅花を叩きつけ踏んづけてしまう。何故なら、紅花は『源氏物語』の醜女「末摘花」を想起させる花であったからだ。紅緒が怒るのも当然である。そんな花を贈った後、密かに紅緒の反応を想像し、ほくそ笑む忍は、本当に嫌な奴だ。だけれども、士族の娘で女学生の紅緒の教養の高さを知らなければできない、からかい方である。

 その後花嫁修業のため、伊集院家に住まうことになった紅緒は様々な騒動を引き起こす。反発する紅緒をからかい続ける忍との楽しい婚約生活の最中、忍にロシア出兵の命令が下る。忍の身を案じ、初めて気付く恋心。その想いを告げられないまま、紅緒は忍を送り出すこととなる。

毒舌は健在バレンタインデー   古賀まり子

 お互いに惹かれ合っているのだけれども、プライドが邪魔をして毒舌を交わしてしまうことがある。相手をけなすことによって優位に立ちたいというよりは、相手の欠点をあげつらいながらも、そんな一面も好きというアピールなのだが、普通は伝わらない。

 当該句は、そんな毒舌の交わし合いも楽しんでいるようにみえる。本当に分かり合った相手なのだろう。不器用ながらバレンタインの日に手作りチョコを渡した時、素直に「ありがとう」と言われたら逆に居心地が悪くなってしまうような相手。「何だよこれ、不味そうじゃん。食べたら三日間下痢だろ」とか言ってくれた方が嬉しい相手。男性の照れ隠しであるが故の毒舌をちゃんと分かっているのだ。女性もまた「誰からもチョコを貰えない可愛そうな貴方に恵んでやってるのよ」みたいな返答をするのであろう。「しょうがないから貰ってやるよ」なんて男性の返しまで想像してしまう。

 「嫌い嫌いも好きのうち」という新鮮なやり取りが続いている羨ましい仲である。そんな私も夫には、いつも毒舌を吐いている。愛情の裏返しというか、気を引きたいだけなのだ。人からは欠点と言われるようなところが、一番愛おしいのだから。でも毒舌は、相手を傷つけてしまうことがあるのでほどほどに。今年のバレンタインデーは、毒舌を吐いた後に、耳元で「でも好き」と囁いてみようか。

篠崎央子


【執筆者プロフィール】
篠崎央子(しのざき・ひさこ)
1975年茨城県生まれ。2002年「未来図」入会。2005年朝日俳句新人賞奨励賞受賞。2006年未来図新人賞受賞。2007年「未来図」同人。2018年未来図賞受賞。2021年星野立子新人賞受賞。俳人協会会員。『火の貌』(ふらんす堂、2020年)により第44回俳人協会新人賞。「磁石」同人。


2020年10月からスタートした「ハイクノミカタ」。【シーズン1】は、月曜=日下野由季→篠崎央子(2021年7月〜)、火曜=鈴木牛後、水曜=月野ぽぽな、木曜=橋本直、金曜=阪西敦子、土曜=太田うさぎ、日曜=小津夜景さんという布陣で毎日、お届けしてきた記録がこちらです↓


【篠崎央子のバックナンバー】

>〔32〕春の雪指の炎ゆるを誰に告げむ  河野多希女
>〔31〕あひみての後を逆さのかいつぶり  柿本多映
>〔30〕寒月下あにいもうとのやうに寝て 大木あまり
>〔29〕どこからが恋どこまでが冬の空   黛まどか
>〔28〕寒木が枝打ち鳴らす犬の恋     西東三鬼
>〔27〕ひめはじめ昔男に腰の物      加藤郁乎
>〔26〕女に捨てられたうす雪の夜の街燈  尾崎放哉
>〔25〕靴音を揃えて聖樹まで二人    なつはづき
>〔24〕火事かしらあそこも地獄なのかしら 櫂未知子
>〔23〕新宿発は逃避行めき冬薔薇    新海あぐり
>〔22〕海鼠噛むことも別れも面倒な    遠山陽子
>〔21〕松七十や釣瓶落しの離婚沙汰   文挾夫佐恵
>〔20〕松葉屋の女房の円髷や酉の市  久保田万太郎
>〔19〕こほろぎや女の髪の闇あたたか   竹岡一郎
>〔18〕雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐
>〔17〕恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子
>〔16〕月光に夜離れはじまる式部の実   保坂敏子
>〔15〕愛断たむこころ一途に野分中   鷲谷七菜子
>〔14〕へうたんも髭の男もわれのもの   岩永佐保
>〔13〕嫁がねば長き青春青蜜柑      大橋敦子
>〔12〕赤き茸礼讃しては蹴る女     八木三日女
>〔11〕紅さして尾花の下の思ひ草     深谷雄大
>>〔10〕天女より人女がよけれ吾亦紅     森澄雄
>>〔9〕誰かまた銀河に溺るる一悲鳴   河原枇杷男
>>〔8〕杜鵑草遠流は恋の咎として     谷中隆子
>>〔7〕求婚の返事来る日をヨット馳す   池田幸利
>>〔6〕愛情のレモンをしぼる砂糖水     瀧春一
>>〔5〕新婚のすべて未知数メロン切る   品川鈴子
>>〔4〕男欲し昼の蛍の掌に匂ふ      小坂順子
>>〔3〕梅漬けてあかき妻の手夜は愛す  能村登四郎
>>〔2〕凌霄は妻恋ふ真昼のシャンデリヤ 中村草田男
>>〔1〕ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく  鍵和田秞子


【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】
  2. おなじ長さの過去と未来よ星月夜 中村加津彦【季語=星月夜 (秋)…
  3. 退帆のディンギー跳ねぬ春の虹 根岸哲也【季語=春の虹(春)】
  4. 雪解川暮らしの裏を流れけり 太田土男【季語=雪解川(春)】
  5. 松風や俎に置く落霜紅 森澄雄【季語=落霜紅(秋)】
  6. 蛤の吐いたやうなる港かな 正岡子規【季語=蛤(春)】
  7. 青年鹿を愛せり嵐の斜面にて 金子兜太【季語=鹿(秋)】
  8. あめつちや林檎の芯に蜜充たし 武田伸一【季語=林檎(秋)】

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP