ハイクノミカタ

かき冰青白赤や混ぜれば黎 堀田季何【季語=かき氷(夏)】


かき冰青白赤(トリコロール)や混ぜれば(くろ)

堀田季何


太極拳を始めてかれこれ25年になります。太極拳は「柔」の代表的武術といわれていますが、きちんと身につけるには「剛」も合わせて学ぶとよいらしく、ここ12年ほどは白鶴拳も学んでいるんです。それでつくづく思うんですよ、自分の適正とは必ずしも一致しない白鶴拳が、しかし太極拳について考えるのに非常に役立っているなって。

と、なんでこんな話を枕にするのかというと、下の句を読んだからです。

 かき冰青白赤(トリコロール)や混ぜれば(くろ)  堀田季何

堀田季何『人類の午後』より。表からみると完全な写生句で、あいまいな心象に依存するところがありません。それでいて裏からみると、自由・平等・友愛の精神を象徴する「トリコロール」がぐしゃぐしゃになって出現した「黎」が見事です。「黎」には黒のほかに人民の意味があり、そこから個の自己保存と世界の安寧といった普遍的なテーマが思い起こされる仕掛けになっています。

堀田季何『人類の午後』は人類史を参照しつつ、フィクションの力を借りることで主に上述の普遍的テーマをとりあつかった、一冊単位で考え抜かれた句集でした。殊に一読して恐れ入ったのは知的なスタミナです。堀田という人は生来的には観念的な書き手であると思いますが、そういった自己の体質とけっして狎れ合わず、超越性に向かう契機を急がず、言葉との距離を冷静に保ちながら、句にとっての最適解を模索していくその粘り強さがすごかった。

「言葉との距離を冷静に保つ」などと書くと心情の次元の話と誤解されるかもしれませんが、むしろ句を相対化しうるのは別の定型に翻案してみるとか、いつもとは違う技巧で書いてみるとかいった、なんらかの言語的技術の運用です。掲句の場合は、これが「澤」調と呼ばれる方言で書かれているという点が、相対化の方法として機能していると私は思いました。つまり、思うに堀田にとって「澤」調とは母国語と同じ程度にあやつることのできる異国語であり、さらにいえば有季定型すらもそうであるーーあるいはひょっとすると失われた故郷かもしれないーーのです。おそらく。

以下、きままに数句(句集では全て正字)。

 菓子鑄型底凸凹や聖樹の繪  堀田季何

 噴水や生前生後死前死後

 あつまりて緋目高や傷ひらく色

 虹を吐き虹を飲みこむユフラテス

 撃たれ吊され剝かれ剖かれ兎われ

 惑星の夏カスピ海ヨーグルト

 閉館日なれば圖書みな夏蝶に

小津夜景


【執筆者プロフィール】
小津夜景(おづ・やけい)
1973年生まれ。俳人。著書に句集『フラワーズ・カンフー』(ふらんす堂、2016年)、翻訳と随筆『カモメの日の読書 漢詩と暮らす』(東京四季出版、2018年)、近刊に『漢詩の手帖 いつかたこぶねになる日』(素粒社、2020年)。ブログ「小津夜景日記


【小津夜景のバックナンバー】
>>〔47〕けさ秋の一帆生みぬ中の海       原石鼎
>>〔46〕おやすみ
>>〔45〕藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
>>〔44〕カルーセル一曲分の夏日陰        鳥井雪
>>〔43〕ひと魂でゆく気散じや夏の原     葛飾北斎
>>〔42〕海底に足跡のあるいい天気   『誹風柳多留』
>>〔41〕ひまわりと俺たちなんだか美男子なり  谷佳紀
>>〔40〕かけろふやくだけて物を思ふ猫      論派
>>〔39〕木琴のきこゆる風も罌粟畠       岩田潔
>>〔38〕蟭螟の羽ばたきに空うごきけり    岡田一実
>>〔37〕1 名前:名無しさん@手と足をもいだ丸太にして返し  湊圭伍
>>〔36〕おやすみ
>>〔35〕夏潮のコバルト裂きて快速艇     牛田修嗣
>>〔34〕老人がフランス映画に消えてゆく    石部明
>>〔33〕足指に押さへ編む籠夏炉の辺     余村光世
>>〔32〕夕焼けに入っておいであたまから    妹尾凛
>>〔31〕おやすみ
>>〔30〕鳥を見るただそれだけの超曜日    川合大祐
>>〔29〕紀元前二〇二年の虞美人草      水津達大
>>〔28〕その朝も虹とハモンド・オルガンで   正岡豊
>>〔27〕退帆のディンギー跳ねぬ春の虹    根岸哲也
>>〔26〕タワーマンションのロック四重や鳥雲に 鶴見澄子
>>〔25〕蝌蚪の紐掬ひて掛けむ汝が首に     林雅樹
>>〔24〕止まり木に鳥の一日ヒヤシンス   津川絵理子
>>〔23〕行く春や鳥啼き魚の目は泪        芭蕉
>>〔22〕春雷や刻来り去り遠ざかり      星野立子
>>〔21〕絵葉書の消印は流氷の町       大串 章

>>〔20〕菜の花や月は東に日は西に      与謝蕪村
>>〔19〕あかさたなはまやらわをん梅ひらく  西原天気
>>〔18〕さざなみのかがやけるとき鳥の恋   北川美美
>>〔17〕おやすみ
>>〔16〕開墾のはじめは豚とひとつ鍋     依田勉三
>>〔15〕コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
>>〔14〕おやすみ
>>〔13〕幾千代も散るは美し明日は三越    攝津幸彦
>>〔12〕t t t ふいにさざめく子らや秋     鴇田智哉
>>〔11〕またわたし、またわたしだ、と雀たち 柳本々々
>>〔10〕しろい小さいお面いっぱい一茶のくに 阿部完市
>>〔9〕凩の会場へ行く燕尾服        中田美子
>>〔8〕アカコアオコクロコ共通海鼠語圏   佐山哲郎
>>〔7〕後鳥羽院鳥羽院萩で擲りあふ     佐藤りえ
>>〔6〕COVID-19十一月の黒いくれよん   瀬戸正洋
>>〔5〕風へおんがくがことばがそして葬    夏木久
>>〔4〕たが魂ぞほたるともならで秋の風   横井也有
>>〔3〕渚にて金澤のこと菊のこと      田中裕明
>>〔2〕ポメラニアンすごい不倫の話きく   長嶋 有
>>〔1〕迷宮へ靴取りにゆくえれめのぴー   中嶋憲武



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春…
  2. みちのくに生まれて老いて萩を愛づ  佐藤鬼房【季語=萩(秋)】
  3. 冬麗の谷人形を打ち合はせ 飯島晴子【季語=冬麗(冬)】
  4. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  5. 耳立てて林檎の兎沈めおり 対馬康子【季語=林檎(秋)】
  6. 石よりも固くなりたき新松子 後藤比奈夫【季語=新松子(秋)】
  7. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和…
  8. 鶏鳴の多さよ夏の旅一歩 中村草田男【季語=夏の旅(夏)】

おすすめ記事

  1. 水飲んで眼の渇く鶏頭花 柘植史子【季語=鶏頭(秋)】
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【はじめに】こしだまほ
  3. 炎天を山梨にいま来てをりて 千原草之【季語=炎天(夏)】
  4. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  5. 秋櫻子の足あと【第2回】谷岡健彦
  6. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  7. 【俳書探訪】井上泰至『俳句のマナー、俳句のスタイル』(本阿弥書店)
  8. 逢曳や冬鶯に啼かれもし 安住敦【季語=冬鶯(冬)】
  9. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】
  10. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】

Pickup記事

  1. 何故逃げる儂の箸より冷奴 豊田すずめ【季語=冷奴(夏)】
  2. 【夏の季語】涼しい
  3. 絶叫マシーンに未婚既婚の別なく師走 村越敦【季語=師走(冬)】
  4. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第45回】 池田と日野草城
  6. 【連載】漢字という親を棄てられない私たち/井上泰至【第3回】
  7. ハイシノミカタ【#4】「100年俳句計画」(キム・チャンヒ編集長)
  8. 木犀や同棲二年目の畳 髙柳克弘【季語=木犀(秋)】
  9. 止まり木に鳥の一日ヒヤシンス  津川絵理子【季語=ヒヤシンス(春)】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
PAGE TOP