連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し


ゴーヤの揚げ浸し

Margose frite au bouillon


野菜直売所で時々出会える、地元産の白ゴーヤ。
緑のゴーヤとパプリカと、カラフルな揚げ浸しにしました。

ゴーヤは熱帯アジア原産。インドネシアでもよく見かけました。15〜16世紀ごろ中国を経て琉球王国に伝わったのだそう。私の住む地域でこんなに身近な野菜になったのはこの十数年くらいのことでしょうか。
ゴーヤの苦味は油との相性が良いですね。残暑の時期にぴったりです。

千万年後の恋人へダリヤ剪る  三橋鷹女

季語【ダリア】【残暑】【ゴーヤ】【茘枝】【苦瓜】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【#14】「流れ」について
  2. 【特別寄稿】「写生」──《メドゥーサ》の「驚き」 岡田一実
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  4. 秋櫻子の足あと【第5回】谷岡健彦
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月23日配信分】
  6. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん…
  7. 【投稿募集中】コンゲツノハイクを読む【5月31日締切】
  8. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】

おすすめ記事

  1. 自転車の片足大地春惜しむ 松下道臣【季語=春惜しむ(春)】
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(2)
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第10回(最終回)
  4. 【冬の季語】白息
  5. 蓑虫の蓑脱いでゐる日曜日 涼野海音【季語=蓑虫(秋)】
  6. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月16日配信分】
  7. すうっと蝶ふうっと吐いて解く黙禱 中村晋【季語=蝶(春)】
  8. 【冬の季語】小寒
  9. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)
  10. 紐の束を括るも紐や蚯蚓鳴く 澤好摩【季語=蚯蚓鳴く(秋)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】枯蓮
  2. 松山藩主松平定行公と東野、高浜虚子や今井つる女が訪れた茶屋について(3)
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉
  4. 名ばかりの垣雲雀野を隔てたり 橋閒石【季語=雲雀野(春)】
  5. 波冴ゆる流木立たん立たんとす 山口草堂【季語=冴ゆ(冬)】
  6. 牡蠣フライ女の腹にて爆発する 大畑等【季語=牡蠣(冬)】
  7. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  8. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】
  9. 【年越し恒例】くま太郎とうさ子の「セポクリゆく年くる年」【2020年→2021年】
  10. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第38回】 信濃・辰野と上田五千石
PAGE TOP