連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」ゴーヤの揚げ浸し


ゴーヤの揚げ浸し

Margose frite au bouillon


野菜直売所で時々出会える、地元産の白ゴーヤ。
緑のゴーヤとパプリカと、カラフルな揚げ浸しにしました。

ゴーヤは熱帯アジア原産。インドネシアでもよく見かけました。15〜16世紀ごろ中国を経て琉球王国に伝わったのだそう。私の住む地域でこんなに身近な野菜になったのはこの十数年くらいのことでしょうか。
ゴーヤの苦味は油との相性が良いですね。残暑の時期にぴったりです。

千万年後の恋人へダリヤ剪る  三橋鷹女

季語【ダリア】【残暑】【ゴーヤ】【茘枝】【苦瓜】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 【第7回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:篠崎央子さん・飯田冬眞さん…
  2. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第7回】2018年 天皇賞(…
  3. 【連載】新しい短歌をさがして【3】服部崇
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  5. 【#15】秋に聴きたくなる曲
  6. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年10月分】
  7. 「野崎海芋のたべる歳時記」ゼブラのガトー
  8. 神保町に銀漢亭があったころ【第94回】檜山哲彦

おすすめ記事

  1. 【春の季語】巣箱
  2. 雛飾る手の数珠しばしはづしおき 瀬戸内寂聴【季語=雛飾る(春)】
  3. 紅梅や凍えたる手のおきどころ 竹久夢二【季語=紅梅(春)】
  4. 【秋の季語】朝顔
  5. 【新年の季語】人日
  6. 暑き夜の惡魔が頤をはづしゐる 佐藤鬼房【季語=暑し(夏)】
  7. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  8. あさがほのたゝみ皺はも潦 佐藤文香【季語=朝顔(秋)】
  9. 【夏の季語】筍
  10. ライターを囲ふ手のひら水温む 斉藤志歩【季語=水温む(春)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】熊
  2. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  3. セーターを脱いだかたちがすでに負け 岡野泰輔【季語=セーター(冬)】
  4. 春雷や刻来り去り遠ざかり 星野立子【季語=春雷(春)】
  5. ビール買ふ紙幣をにぎりて人かぞへ 京極杞陽【季語=ビール(夏)】
  6. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  7. 義士の日や途方に暮れて人の中 日原傳【季語=義士の日(冬)】
  8. スバルしずかに梢を渡りつつありと、はろばろと美し古典力学 永田和宏
  9. なきがらや秋風かよふ鼻の穴 飯田蛇笏【季語=秋風(秋)】
  10. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#17
PAGE TOP