連載・よみもの

「野崎海芋のたべる歳時記」蕪のクリームスープ


蕪のクリームスープ

Crème de navet


大寒の日に、定期取寄せ便を頼んでいる農園から、冬の根菜がたっぷり届きました。蕪、人参、大根、どれも大好き。もりもり食べています。

蕪のクリームスープ。バターの風味と生クリーム、蕪の自然な甘みが引き立つシンプルなポタージュです。
わたしは裏ごしせず、ハンドミキサーで潰してそのまま。柔らかく煮えた蕪の繊維まで丸ごといただきます。
赤蕪を使うと、きれいなピンク色のポタージュもできますよ。
仕上げにさっと湯がいた葉をあしらって。

蕪は葉っぱがまたおいしいのですよね。青みに添えるだけでなく、ベーコンと炒めたり、厚揚げと煮たり、おかずの主役としても活躍します。
熱したごま油で豆腐をジャっと炒めたところに、刻んだ蕪の葉、輪切りの鷹の爪を加えてお味噌汁にする「かみなり汁」も家族の大好物。体が温まる、冬の定番メニューです。

冬虹のいま身に叶ふ淡さかな  飯島晴子

季語【冬虹】【大寒】【蕪】【人参】【大根】

*本記事は野崎海芋さんのInstagram( @kaiunozaki )より、ご本人の許可を得て、転載させていただいております。本家インスタもぜひご覧ください。


【執筆者プロフィール】
野崎 海芋(のざき・かいう)
フランス家庭料理教室を主宰。 「澤」俳句会同人、小澤實に師事。平成20年澤新人賞受賞。平成29年第一句集『浮上』上梓。俳人協会会員。



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第31回】田園調布と安住敦
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第27回】安里琉太
  4. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年11月分】
  5. 【#43】愛媛県歴史文化博物館の歴史展示ゾーン
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年5月分】
  7. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月2日配信分】
  8. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年1月分】

おすすめ記事

  1. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  2. 服脱ぎてサンタクロースになるところ 堀切克洋【季語=サンタクロース(冬)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年9月分】
  4. 【冬の季語】小春日
  5. 「けふの難読俳句」【第6回】「後妻/前妻」
  6. 【第11回】ラジオ・ポクリット【新年会2023】
  7. 春風にこぼれて赤し歯磨粉 正岡子規【季語=春風(春)】
  8. 【冬の季語】クリスマスケーキ
  9. 【第2回】ラジオ・ポクリット(ゲスト: 月野ぽぽなさん)
  10. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】

Pickup記事

  1. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  2. 春立つと拭ふ地球儀みづいろに 山口青邨【季語=春立つ(春)】
  3. 【冬の季語】冬うらら
  4. こんな本が出た【2021年4月刊行分】
  5. 夜着いて花の噂やさくら餅 關 圭草【季語=桜餅(春)】
  6. いつせいに柱の燃ゆる都かな 三橋敏雄
  7. マフラーを巻いてやる少し絞めてやる 柴田佐知子【季語=マフラー(冬)】
  8. 馴染むとは好きになること味噌雑煮 西村和子【季語=雑煮(新年)】
  9. 【夏の季語】梅雨茸(梅雨菌)
  10. 渡り鳥はるかなるとき光りけり 川口重美【季語=渡り鳥(秋)】
PAGE TOP