広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅

俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【番外−3】 広島と西東三鬼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

【番外−3】
広島と西東三鬼

広渡敬雄(「沖」「塔の会」)


広島市は、県の南西部にあり、中央を太田川が流れる。戦国時代に毛利輝元が治め、江戸時代に福島、浅野氏が統治し明治に至り、日清戦争以来「軍都」として繁栄したが、昭和20年8月6日、史上初の原子爆弾の投下を受け一瞬に壊滅し、20数万人の犠牲者出した。爆心地には平和公園があり、慰霊碑、原爆ドーム、平和記念資料館がある。

原爆ドーム(広島市観光協会)

  

広島や卵食ふ時口ひらく       西東三鬼

生きながら腐りゆく身を蛆に任す   釜我半夜月

瞬間に彎曲の鉄寒曝し        山口誓子

廃墟すぎて蜻蛉の群れを眺めやる   原 民喜

薔薇に立つ過ちは誰が過ちぞ     加藤楸邨

音楽を降らしめよ夥しき蝶に (慰霊碑) 藤田湘子

折鶴は角が命や雪激し (原爆の子の像)  松野苑子

広島忌熱砂の上を土踏まず      若井新一

卵黄を舌もて崩すヒロシマ忌     鳥居真里子

左手のかつてにひらく原爆忌(一家殆ど罹災)堀田季何

〈広島〉の句は、「全句集」補遺(「三鬼百句」にも)に収録。昭和22年所用で、江田島に渡った帰り、夜立ち寄った広島での作品「有名なる街」九句の一句だが、句集には収録されていない。原爆被害報道に神経を尖らせていた当時の占領当局が俳句雑誌を検閲し、連作の幾つかを削除させたとも伝わる。自註に「一昨年の夏に、火となった路傍の石に腰かけ、茹で卵を取り出しゆっくりと皮をむき、ツルリと滑らかな卵を食うために初めて口を開く」とある。

「「原爆忌」とせず、「広島や」としたのが眼目。中七下五で描く日常の何気ない所作にも、ムンクの「叫び」図に似た恐ろしさが生まれた」(鷹羽狩行)、「広島の惨状を目にした三鬼は言葉を呑み込み、ただ沈黙するしかなかった。だが、ようやく口を開く。それを語るためでない。一個の茹で卵を食べるために。この句の迫真性を共有、もしくは想像できる日本人はもはや少数派かも知れない」(日経新聞・春秋)の鑑賞がある。「自註は置いて、被爆者が貴重な卵を黙々と機械的に食べるために口を開く動作が、世界初の原爆被爆地広島と結びついた時、圧倒的な強さで読者の心を揺さぶる」との意見もある。 

原爆死没者慰霊碑

西東三鬼は、明治33(1900)年岡山県津山市生れ、本名斎藤敬直。父は代々藩の漢学者の家系で、小学校長、郡視学を歴任した。六歳で父を、十八歳で母を亡くし、日本郵船勤務の長兄の庇護のもと、青山学院中学部を経て大正14(1925)年、日本歯科医学専門学校を卒業。同年結婚して、長兄在勤のシンガポールで歯科診療所を開院し、ゴルフや中近東の友人との交遊等、自由な暮しを送っていたが、日貨排斥不況とチフス罹病で帰国。神田共立病院歯科部長時代(33歳)に俳句を始めた。 

新興俳句勃興期でもあり、寝食を忘れて句作に没頭。昭和10(1935)年には同人誌「扉」創刊、平畑静塔の勧めで「京大俳句」にも加入し、戦争等をテーマにした無季俳句に傾注した。同15(1940)年2月には、静塔、仁智栄坊、井上白文地等、5月には、三谷昭、石橋辰之助、渡辺白泉等が、治安維持法違反で検挙された(京大俳句事件)の時も、「天香」を創刊し、第一句集『旗』を上梓したが、8月31日に、自身も検挙され、句作執筆禁止を条件に起訴猶予となる。その二年後の昭和17年、妻子を捨て東京を出奔。単身神戸に移り、戦後同22年、石田波郷、神田秀夫と「現代俳句協会」を創設。山口誓子の「天狼」創刊同人(編集長)として活躍し、同23年には第二句集『夜の桃』、同27(1952)年には、第三句集『今日』と旺盛な創作活動に加え、「断崖」を創刊し主宰となった。同31年、「俳句」編集長就任のため上京。「俳人協会設立」にも参加したが、第四句集『変身』上梓後の同37(1962)年四月一日、胃癌にて逝去。

享年62歳。忌日は三鬼忌として定着している。

『変身』は第2回俳人協会賞を受賞。同46年には、『西東三鬼全句集』が刊行され、平成5年、出身地に西東三鬼賞が創設された。俳号の西東は本名の斎藤、三鬼は「サンキュー」を捩り、ユーモアとペーソスに溢れる俳人。

広島平和記念資料館(広島市観光協会)

「三鬼には、初めから青春性がなく、日本語が保っている伝統の影に惹かれない最も特異な俳人」(山本健吉)、「伝統に抵抗するとともに、伝統に抵抗する自分にも抵抗する。時には自分の育てた後輩にも抵抗する」(山口誓子)、「初期から特定の師につこうとせず、爾来何事も特定の師系に拘束されない俳人として貫徹した」(直弟子の三橋敏雄)、「日本のハードボイルド小説の名作『神戸・続神戸』、三鬼は俳壇という静かな池に闖入したやんちゃ坊主であり、池全体に新しい活力を与えた」(小林恭二)等々の鑑賞がある。

水枕ガバリと寒い海がある

白馬を少女瀆れて下りにけむ

算術の少年しのび泣けり夏

緑陰に三人の老婆わらへりき

葡萄あまししづかに友の死をしかる(篠原鳳作逝去)

露人ワシコフ叫びて石榴打ち落す  

昇降機しづかに雷の夜を昇る(治安維持法違反と曲解の句)

おそるべき君等の乳房夏来る

枯蓮のうごく時きてみなうごく

まくなぎの阿鼻叫喚をふりかぶる

赤き火事哄笑せしが今日黒し

限りなく降る雪何をもたらすや

穴掘りの脳天が見え雪ちらつく

炎天の犬捕り低く唄ひ出す

暗く暑く大群集と花火待つ

中年や遠くみのれる夜の桃

父のごとき夏雲立てり津山なり

秋の暮大魚の骨を海が引く

春を病み松の根つ子も見あきたり(辞世)

俳句スタートは33歳で、一歳下の既に名をなしていた誓子、草田男、草城等の「ホトトギス」の俊英を凌ぐために、新素材・戦争想望等の新興俳句に意欲的に取り組んだ。十七文字の魔術師と言われ、自由奔放に見えるも、戦後は人間の悲しみを徐々に浮かび上がらせる俳句群。それ故に永遠に我々を引き付け、虜にするのではあるまいか。  

(書き下ろし)


【執筆者プロフィール】
広渡敬雄(ひろわたり・たかお)
1951年福岡県生まれ。句集『遠賀川』『ライカ』(ふらんす堂)『間取図』(角川書店)。『脚注名句シリーズⅡ・5能村登四郎集』(共著)。2012年、年第58回角川俳句賞受賞。2017年、千葉県俳句大賞準賞。「沖」蒼芒集同人。俳人協会会員。日本文藝家協会会員。「塔の会」幹事。著書に『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店)。


<バックナンバー一覧>

【番外ー2】足摺岬と松本たかし
【第55回】甲府盆地と福田甲子雄
【第54回】宗谷海峡と山口誓子
【番外ー1】網走と臼田亞浪
【第53回】秋篠寺と稲畑汀子
【第52回】新宿と福永耕二
【第51回】軽井沢と堀口星眠
【第50回】黒部峡谷と福田蓼汀
【第49回】小田原と藤田湘子
【第48回】箕面と後藤夜半
【第47回】房総・鹿野山と渡辺水巴
【第46回】但馬豊岡と京極杞陽
【第45回】池田と日野草城
【第44回】安房と鈴木真砂女
【第43回】淋代海岸と山口青邨
【第42回】山中湖と深見けんニ
【第41回】赤城山と水原秋櫻子


【第40回】青山と中村草田男
【第39回】青森・五所川原と成田千空
【第38回】信濃・辰野と上田五千石
【第37回】龍安寺と高野素十
【第36回】銀座と今井杏太郎
【第35回】英彦山と杉田久女
【第34回】鎌倉と星野立子
【第33回】葛城山と阿波野青畝
【第32回】城ヶ島と松本たかし
【第31回】田園調布と安住敦
【第30回】暗峠と橋閒石

【第29回】横浜と大野林火
【第28回】草津と村越化石
【第27回】熊本・江津湖と中村汀女
【第26回】小豆島と尾崎放哉
【第25回】沖縄・宮古島と篠原鳳作
【第24回】近江と森澄雄
【第23回】木曾と宇佐美魚目
【第22回】東山と後藤比奈夫
【第21回】玄界灘と伊藤通明

【第20回】遠賀川と野見山朱鳥
【第19回】平泉と有馬朗人
【第18回】塩竈と佐藤鬼房
【第17回】丹波市(旧氷上郡東芦田)と細見綾子
【第16回】鹿児島県出水と鍵和田秞子
【第15回】能登と飴山實
【第14回】お茶の水と川崎展宏
【第13回】神戸と西東三鬼
【第12回】高千穂と種田山頭火
【第11回】三田と清崎敏郎


【第10回】水無瀬と田中裕明
【第9回】伊勢と八田木枯
【第8回】印南野と永田耕衣
【第7回】大森海岸と大牧広
【第6回】熊野古道と飯島晴子
【第5回】隅田川と富田木歩
【第4回】仙台と芝不器男
【第3回】葛飾と岡本眸
【第2回】大磯鴫立庵と草間時彦
【第1回】吉野と大峯あきら



【セクト・ポクリット管理人より読者のみなさまへ】

  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
  2. 【第9回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:今井肖子さん・三宅やよいさ…
  3. 【#32】『教養としての俳句』の本作り
  4. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月30日配信分】
  6. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年9月分】
  7. 神保町に銀漢亭があったころ【第57回】卓田謙一
  8. 【新連載】「野崎海芋のたべる歳時記」 兎もも肉の赤ワイン煮

あなたへのおすすめ記事

連載記事一覧

PAGE TOP